メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense Enterprise on Windows のセキュリティ

Qlik Sense Enterprise on Windows のセキュリティは、以下で構成されています。

  • プラットフォームの保護

    Qlik Sense プラットフォーム自体の保護、通信および操作方法。

  • 認証

    ユーザーの ID とその認証方法。Qlik Sense は、標準認証プロトコル (Integrated Windows Authentication など)、HTTP ヘッダー、 チケットを使用して、データへのアクセスを要求するすべてのユーザーの認証を実施します。

  • 承認

    ユーザーがアクセスできる対象。 認証とは、リソースへのユーザー アクセスを許可または拒否する手順のことです。

  • 監査

    Qlik Sense プラットフォームは、リポジトリ データベースの変更を追跡し、包括的な監査とセキュリティのログを提供し、アプリケーションを監視します。

  • 機密性

    Qlik Sense は、次の方法で機密性を保護します。

    • Transport Layer Security (TLS) でネットワーク接続を暗号化
    • オペレーティング システムのファイル システムとサーバー アクセス制御を利用することで、Qlik Sense ノード上のコンテンツを保護
    • オペレーティング システム コントロールを使ってメモリを保護
    • リソース レベルでアプリケーション アクセスを保護
    • 機密情報 (パスワードやデータ接続の文字列など) を暗号化
    • protecting app data using data reduction and data encryption
  • 整合性

    ファイル システムのようなオペレーティング システム コントロールを利用することで、保存データを保護し、機密情報を暗号化し、ソース システムへのデータのライトバックを防止して、整合性を維持します。

  • 可用性

    マルチノード環境に展開された Qlik Sense は、回復性と信頼性を実現するように設計されています。