Qlik Sense Enterprise on Kubernetes での Qlik License Service 通信のプロキシの構成

Qlik License Service と License Back-end 間の通信は、プロキシを使用して処理できます。

Qlik License Service は Qlik Sense Enterprise February 2019 以降のリリースに含まれており、Qlik Sense が署名付きキー ライセンスを使用してアクティブ化されるときに使用されます。Qlik License Service は、製品アクティブ化と資格管理のために、Qlik にホストされている License Back-end Service に接続します。License Back-end Service へのアクセスとライセンス情報の取得には、ポート 443 が使用されます。

Qlik Sense June 2019 以降では、Qlik License Service と Qlik License Back-end 間の通信を、プロキシによって処理されるように構成できます。

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes では、Qlik License Service のプロキシの構成は、helm 構成を使用して行います。HTTP および HTTPS の両方のスキームに対応しています。

[Licenses] (ライセンス) セクションの [values.yaml] ファイルに次の内容を追加します。

## Proxy configuration
## Set the following values when deploying behind a proxy
  proxy:
    ## The URI to the tunneling proxy scheme://host:port (e.g. http://proxy.company.com:8888)
    uri: