メイン コンテンツをスキップする
The Qlik February 2020 release has been delayed by a couple of weeks due to a security vulnerability that recently surfaced with Node.js, which is impacting a large portion of the software industry. The release is expected to be delivered before the end of the month, with a target date of February 25th, as Qlik is actively running tests to ensure that the February GA release is stable and not affected by this security malware.
To read more about this vulnerability: https://nodejs.org/en/blog/vulnerability/february-2020-security-releases/
QlikWorld 2020 グローバル カンファレンス基調講演者 Malcolm Gladwell 氏 すぐに登録して保存

マルチクラウド環境への Qlik Sense Enterprise の展開

Qlik Sense Enterprise on Windows をインストールしたら、マルチクラウド環境を設定できます。このためには、Qlik Sense Enterprise on Windows

  • Qlik Sense Enterprise on Kubernetes は、ユーザーが管理するインフラストラクチャ上のパブリック クラウドまたはプライベート クラウドへの展開に対応します。
  • Qlik Cloud Services、ここで Qlik がインフラストラクチャを管理します。

これらの各展開の 1 つを、単一の Qlik Sense Enterprise on Windows 展開に接続するように設定できます。マルチクラウド環境の構成後、Qlik Sense Enterprise on Windows で作成した Qlik Sense アプリをクラウドで利用できるように配布できます。

Qlik Cloud Services に接続するように展開を設定するには、「Qlik Cloud Services への Qlik Sense の展開」を参照してください。

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes に接続するように展開を設定するには、「Qlik Sense Enterprise on Kubernetes の展開」を参照してください。