メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense Enterprise 展開の例

このセクションでは、Qlik Sense Enterprise のインストール方法の例をいくつか紹介します。

Qlik Sense Enterprise on Windows の展開

Qlik Sense のサイトは、1 つのリポジトリ データベースに接続され、 1 つのライセンスを共有する 1 つ以上のノード (サーバー) の集まりです。また、各サイトはアプリ形式の共通データ セットおよび構成データから構成されます。

シングルノード サイト

シングル ノード サイトは構成可能な最小のサイトであり、シングル ノード (シングル サーバー) で構成されます。これはサイトの中央サイトにもなります。ここには Qlik Sense のサービス、リポジトリ データベース、1 台のサーバー コンピューター上のすべてのファイル共有が含まれます。

Qlik Sense Enterprise の Windows への展開: 基本的な展開方法

マルチノード サイト

マルチノード サイトは大規模組織向けのスケーラビリティの高いオプションを備えています。マルチノード環境では、Qlik Sense サイトは同じセットのデータと同じライセンス キーを共有する複数のノード全体に分散します。大規模なサイトでは、1 つ以上のリム ノードを構成してスケーラビリティ、処理能力、レジリエンスを向上させることができます。すべてのリム ノードはセントラル ノードに接続されています。

マルチノード サイトには、次のような利点があります。

  • スケーラビリティに優れ、処理能力を容易に高めることが可能
  • 高いレジリエンスと信頼性
  • アプリまたはロールを特定のノードに移動することが可能
  • 柔軟に顧客のネットワーク展開に対応

Qlik Sense Enterprise の Windows への展開: マルチノードの展開方法

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes の展開

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes は、コンテナを使用する Kubernetes クラスターで実行されている Qlik Sense Enterprise の実装です。このアプローチにより、ユーザー管理インフラストラクチャー上のパブリックまたはプライベート クラウドで実行されている Kubernetes クラスターに展開することができます。Qlik Sense Enterprise on Windows とほとんど同じ機能を備えています。

Qlik Sense Enterprise の Kubernetes への展開

Qlik Sense Enterprise on Cloud Services の展開

この展開では、多数のアプリ (読み取り専用) をスケールアップしてユーザーに提供できます。QCS クラスターは、Qlik がプロビジョニングおよび管理する、完全管理対象サービスとして展開されます。

Qlik Cloud Services の展開