メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense サイトの復元

サイトを復元するときには、次の事項を考慮してください。

  • Qlik Sense ソフトウェア
  • リポジトリ データベース (QSR):データベースにはサイトの全構成データが含まれています。
  • SenseServices データベース (リンクされたクラウド環境がある場合)

  • QSMQ データベース (リンクされたクラウド環境がある場合)

  • ライセンス (オプション、ライセンスキーの適用後に LBS から復元されたライセンス割り当て - SGK)

  • Qlik Sense サービスの証明書: 証明書はサービスとユーザー間のトラフィックを暗号化するために使用されます。暗号化されたデータ (データ接続のパスワードなど) を失わないように証明書は必ずバックアップしてください。
  • ログ データ
  • アプリケーション データ:Qlik Sense アプリのデータ モデル。
  • アプリをサポートする任意のコンテンツ (たとえば、QVD ファイル)

ホスト名が同じマシンへの Qlik Sense サイトの復元

下の手順を実行する際には、サイトのバックアップを作成したときの Root Admin ロールを持つアカウントを使用してログオンする必要があります。ローカル管理者アカウントでログインしており、マシン名が異なる場合は、使用している権限では作業を完了させることができません。

  1. Qlik Sense サービスの安全確保のために使用されている証明書を復元します。
  2. 証明書の復元

  3. 復元する予定のコンピューターに Qlik Sense をインストールします。
  4. 警告メモインストールの設定時に、[インストール完了後、Qlik Sense サービスを起動する] をオフにしてください。
  5. Qlik Sense Repository Database (QRD) を開始します。
  6. リポジトリ データベースを復元する場合:
    1. Microsoft Windows で、管理者権限を使ってコマンド プロンプトを開きます。

    2. 移動先: cd "%ProgramFiles%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL\<データベース バージョン>\bin"

    3. 次のコマンドを実行して、クリーン サーバー上でリポジトリ データベースを復元します。

      pg_restore.exe -h localhost -p 4432 -U postgres -d QSR "c:\QSR_backup.tar"
      pg_restore.exe -h localhost -p 4432 -U postgres -d SenseServices "c:\SenseServices_backup.tar"
      pg_restore.exe -h localhost -p 4432 -U postgres -d QSMQ "c:\QSMQ_backup.tar"
      pg_restore.exe -h localhost -p 4432 -U postgres -d Licenses "c:\Licenses_backup.tar"

    情報メモデータベース ダンプ ファイルのバックアップ場所によっては、パス「c:\QSR_backup.tar」を調整する必要があります。

    リポジトリ データベースがすでにインストールされたサーバーに対してこれらのコマンドを実行すると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。影響を受けるデータベース名をメモして、それに応じて修正コマンドを調整します。例として、「QSR」データベースの場合は次のようにします:

    • pg_restore: [archiver (db)] connection to database "QSR" failed: FATAL: database "QSR" does not exist (pg_restore: [アーカイブ処理 (db)] データベース「QSR」に接続できませんでした:致命的エラー: データベース「QSR」は存在しません)

      このエラーが発生した場合は、同じ場所で以下のコマンドを実行してください。

      createdb -h localhost -p 4432 -U postgres -T template0 QSR

      その後、再び復元コマンドを実行します。

    • pg_restore: [archiver (db)] Error while PROCESSING TOC

      pg_restore: [archiver (db)] Error from TOC entry 185; 1259 134513 TABLE Apps qliksenserepository

      pg_restore: [archiver (db)] は、以下のクエリを実行できませんでした。エラー: 関係「アプリ」はすでに存在しています

      上記のようなエラーが多数発生した場合は、復元プロセスを停止し、同じ場所で以下の 2 つのコマンドを順に実行してください。

      dropdb -h localhost -p 4432 -U postgres QSR

      createdb -h localhost -p 4432 -U postgres -T template0 QSR

      その後、再び復元コマンドを実行します。

  7. ログとアプリケーション データのストレージ用に使用されている ファイル共有にログとアプリケーション データを復元します。

  8. 必要に応じて、サポートしているコンテンツをすべて元の場所に復元します。
  9. Qlik Sense サービスを起動します。サービスを手動で起動する場合、次の順番で起動します。

    1. Qlik Sense Service Dispatcher (QSD)
    2. Qlik Sense Repository Service (QRS)

      Qlik Sense サービスを実行しているユーザーがマシンのローカル管理者でない場合は、管理者特権でのコマンド プロンプトから、-bootstrap パラメーターを使用して Repository.exe を起動する必要があります。

      サービス

    3. Qlik Sense Proxy Service (QPS)、Qlik Sense Engine Service (QES)、Qlik Sense Engine Service (QSS)、および Qlik Sense Printing Service (QPR) (順番の指定なし)

    起動の順番は重要です。起動の間、QRSQSD により管理される Qlik ライセンス サービスと通信可能でなければなりません。その他のサービスは、QRS に依存します。従って、QRS が開始されるときには QSD が実行中である必要があります。

  10. QMC またはハブにアクセスして、移行が成功していることを確認します。また、Qlik Management Console からモニタリング アプリをリロードして、証明書が正しくインストールされていることを確認します。

    情報メモ中央ノードが異なるホスト名のマシンにあるマルチノード サイトを復元する場合、すべてのリム ノードをリセットする (リム ノードを削除してから再度追加する) 必要があります。

ホスト名が異なるマシンへの Qlik Sense サイトの復元

バックアップしたサイトと異なるホスト名のマシンに Qlik Sense サイトを復元できます。

Qlik Sense を復元したいターゲット サーバー マシン上で次の手順を実行します。

  1. Qlik Sense サービスの安全確保のために使用されている証明書を復元します。
  2. 証明書の復元

  3. 復元する予定のコンピューターに Qlik Sense をインストールします。
  4. 警告メモインストールの設定時に、[インストール完了後、Qlik Sense サービスを起動する] をオフにしてください。
  5. Qlik Sense Repository Database (QRD) を開始します。
  6. リポジトリ データベースを復元する場合:
    1. Microsoft Windows で、管理者権限を使ってコマンド プロンプトを開きます。

    2. 移動先: cd "%ProgramFiles%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL\<データベース バージョン>\bin"

    3. 次のコマンドを実行して、クリーン サーバー上でリポジトリ データベースを復元します。

      pg_restore.exe -h localhost -p 4432 -U postgres -d QSR "c:\QSR_backup.tar"
      pg_restore.exe -h localhost -p 4432 -U postgres -d SenseServices "c:\SenseServices_backup.tar"
      pg_restore.exe -h localhost -p 4432 -U postgres -d QSMQ "c:\QSMQ_backup.tar"
      pg_restore.exe -h localhost -p 4432 -U postgres -d Licenses "c:\Licenses_backup.tar"

    情報メモデータベース ダンプ ファイルのバックアップ場所によっては、パス「c:\QSR_backup.tar」を調整する必要があります。

    リポジトリ データベースがすでにインストールされたサーバーに対してこれらのコマンドを実行すると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。影響を受けるデータベース名をメモして、それに応じて修正コマンドを調整します。例として、「QSR」データベースの場合は次のようにします:

    • pg_restore: [archiver (db)] connection to database "QSR" failed: FATAL: database "QSR" does not exist (pg_restore: [アーカイブ処理 (db)] データベース「QSR」に接続できませんでした:致命的エラー: データベース「QSR」は存在しません)

      このエラーが発生した場合は、同じ場所で以下のコマンドを実行してください。

      createdb -h localhost -p 4432 -U postgres -T template0 QSR

      その後、再び復元コマンドを実行します。

    • pg_restore: [archiver (db)] Error while PROCESSING TOC

      pg_restore: [archiver (db)] Error from TOC entry 185; 1259 134513 TABLE Apps qliksenserepository

      pg_restore: [archiver (db)] は、以下のクエリを実行できませんでした。エラー: 関係「アプリ」はすでに存在しています

      上記のようなエラーが多数発生した場合は、復元プロセスを停止し、同じ場所で以下の 2 つのコマンドを順に実行してください。

      dropdb -h localhost -p 4432 -U postgres QSR

      createdb -h localhost -p 4432 -U postgres -T template0 QSR

      その後、再び復元コマンドを実行します。

  7. ログとアプリケーション データのストレージ用に使用されている ファイル共有にログとアプリケーション データを復元します。

  8. 必要に応じて、サポートしているコンテンツをすべて元の場所に復元します。
  9. 新しいホスト名の Qlik Sense を起動するには、次の手順を実行します。

    1. Microsoft Windows で、管理者権限を使ってコマンド プロンプトを開きます。

    2. ディレクトリをリポジトリ インストール パスに変更します。

      既定のパス:「C:\Program Files\Qlik\Sense\Repository」

    3. 次のコマンドを実行します。

      Repository.exe -bootstrap -standalone -restorehostname

      情報メモ'-standalone' パラメーターは、リポジトリが通常の実行可能プロセス (サービスとして実行しているのではなく、Windows サービス マネージャに登録されている) として実行されていることを意味します。
    4. 以下のメッセージが表示されたら、Qlik Sense Service Dispatcher を起動します。Qlik Sense Service Dispatcher が起動していないと、ホスト名の更新が完了しません。

      [情報] メインの起動フェーズに入っています...

      コマンドが正常に完了したら、ログでエラーをチェックします。また、次のメッセージが表示されます。

      起動モードが終了しました。ENTER を押してい終了します.. Press ENTER to exit..

  10. Qlik Sense サービスを起動します。サービスを手動で起動する場合、次の順番で起動します。

    1. Qlik Sense Repository Service (QRS)

      Qlik Sense サービスを実行しているユーザーがマシンのローカル管理者でない場合は、管理者特権でのコマンド プロンプトから、-bootstrap パラメーターを使用して Repository.exe を起動する必要があります。

      サービス

    2. Qlik Sense Proxy Service (QPS)、Qlik Sense Engine Service (QES)、Qlik Sense Engine Service (QSS)、および Qlik Sense Printing Service (QPR) (順番の指定なし)

    起動の順番は重要です。起動の間、QRSQSD により管理される Qlik ライセンス サービスと通信可能でなければなりません。その他のサービスは、QRS に依存します。従って、QRS が開始されるときには QSD が実行中である必要があります。

  11. QMC またはハブにアクセスして、移行が成功していることを確認します。また、Qlik Management Console からモニタリング アプリをリロードして、証明書が正しくインストールされていることを確認します。

    情報メモ中央ノードが異なるホスト名のマシンにあるマルチノード サイトを復元する場合、すべてのリム ノードをリセットする (リム ノードを削除してから再度追加する) 必要があります。

インストール後にホスト名を変更する方法の詳細については、 Qlik Sense を参照してください。インストール後にホスト名 (および証明書) を変更する