メイン コンテンツをスキップする

データベースのセキュリティ

共有持続性を使用する展開では、サーバー、データベース、ファイル共有間のネットワーク トラフィックはインストール後のデフォルトでは暗号化されていません。また、セントラル データベースの障害に対応するためデータベースの複製を設定することを検討すべき場合もあります。

データベース パスワードの整合性の維持

Qlik Sense 共有持続性を使用する展開で、パスワードの整合性を維持するための指針をいくつか紹介します。

  • 重要なのは、PostgreSQL のユーザーに関して、[パスワードの保存オプション] を無効にすることです。このオプションが有効化されると、パスワードがファイルに保存され、着信接続がパスワードなしでデータベースに接続できるようになります。
  • パスワードを変更するには、PostgreSQL データベースで次のクエリを実行します。

    ALTER USER <user> WITH PASSWORD '<newpassword>';

    パスワードの変更に成功すると、ALTER ROLE が表示されます。

    上記と同じ理由で、PostgreSQL のユーザー インターフェースではパスワードを変更しないでください。

  • md5 ハッシュを使用します。
  • パスワードに PASSWORD "、つまり空白文字列を設定しないでください。PostgreSQL で正しく処理されません。

データベース トラフィックの暗号化

Qlik Sense では SSL を使用したデータベース トラフィックの暗号化がサポートされていますが、共有持続性を使用した展開で SSL や MD5 によるパスワード保護を設定するには、手動による構成がいくつか必要です。

注: Qlik Sense インストーラーでは、PostgreSQL への接続を確立する際に SSL 暗号化を使用できません。SSL 暗号化を有効にすると、インストールはすでにインストールされている PostgreSQL データベースを認識せず、その結果インストールを完了できません。回避方法: インストールまたはアップグレード時に SSL を一時的に無効にします。

次の手順を実行します。

  1. postgresql.conf で以下の値を編集します。

    listen_addresses = '*' port = 4432 ssl = on ssl_cert_file = 'server.pem' ssl_key_file = 'server_key.pem' #ssl_ca_file = '' #ssl_crl_file = ''
  2. pg_hba.conf に次の行を追加します。

    hostssl all all all md5
  3. pg_hba.conf で、hostssl または host で始まる行をすべて削除します。
  4. server.pemserver_key.pem%PROGRAMDATA%\Qlik\Sense\Repository\Exported Certificates\.Local Certificates から %PROGRAMDATA%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL\12.x にコピーします。
  5. 接続文字列エディターを使用して、クラスターに属するセントラル ノードとすべてのリム ノードの repository.exe.config に以下の設定を行います。接続文字列エディターを開くには、C:\Program Files\Qlik\Sense\Repository\Util\QlikSenseUtil に移動し、管理者として QlikSenseUtil.exe ファイルを開きます。
  6. [接続文字列エディター] タブで [読み取り] をクリックし、Repository.exe ファイルの接続文字列を開きます。
  7. ‘Ssl Mode=Require;’ を次の接続文字列に追加します。

    <add name="QSR" connectionString="User ID=qliksenserepository;Ssl Mode=Require;Host='fullhostname.com';Port='4432';Database=QSR;Pooling=true;Min Pool Size=0;Max Pool Size=90;Connection Lifetime=3600;Unicode=true;Password='randompass';" providerName="Devart.Data.PostgreSql" />
    <add name="QSMQ" connectionString="User ID=qliksenserepository;Ssl Mode=Require;Host='fullhostname.com';Port='4432';Database=QSMQ;Pooling=true;Min Pool Size=0;Max Pool Size=90;Connection Lifetime=3600;Unicode=true;Password='randompass';" providerName="Devart.Data.PostgreSql" />
  8. [暗号化された config ファイルに値を保存する] をクリックして変更を保存します。
  9. すべての Qlik Sense サービスを起動し、すべて機能することを確認します。
  10. PostgreSQL の pgAdmin ツールを使用して認証を検証します。

    ユーザー postgres とユーザー qliksenserepository は、接続に有効なパスワードの入力が必要です。

データベース接続での TLS 1.2 のみの使用の強制

TLS 1.2 のみをサポートし、TLS 1.1 以前を使用した接続をブロックするようにデータベース接続を構成することができます。

次の手順を実行します。

  • 接続文字列にパラメータ-を追加します。"SSL TLS Protocol=1.2"

データベースの整合性を維持するため、以下の追加の構成変更をお勧めします。

  • リポジトリが動作しているサーバーからの接続のみを受け付けるようデータベースを構成する。
  • Postgresql.conf ファイルに次の行を追加することにより、弱い暗号スイートを拒否するよう、SSL を構成する。

    ssl_ciphers = 'DEFAULT:!LOW:!EXP:!eNULL:!aNULL:!MD5:!RC2:!RC4:!DES:@STRENGTH'

Qlik Sense Service Dispatcher が制御するサービスのデータベース接続の暗号化

次のコードスニペットは、Qlik Sense Service Dispatcher が制御する次のサービス向けのデータベースを暗号化するために使用できます。

ライセンス サービス

C:\Program Files\Qlik\Sense\Licenses\appsettings.json 内:

{
  "licenses": {
    "host": "localhost",
    "port": 4432,
    "dbName": "Licenses",
    "user": "qliksenserepository",
    "password": "AQAAANCMnd8BFdERjHoAwE/Cl+sBAAAABuvYPntQ2k+cR8K7frd+MQQAAAACAAAAAAAQZgAAAAEAACAAAAD8/TGvNzoDOPCleEynZCIfw+q/cpFaHRLcsRuR2cXjSgAAAAAOgAAAAAIAACAAAABSZavuu/lRWW2s92wdDbOeUW2sHSZP8sXI0PfPyAT7ZSAAAAD4GqZdVQacn/SzaN03617zNLfzg1owMethVPGOp2bv2UAAAADsFbcNkIOY4CEBJ/jh2djgfVEWu0L2Q8nipfWxyMg3NO5xLEGxUTpZ0riJ+J9LRX9WyW84tkAToP4pexntagZ+",
    "sslMode": "require"
  },
  "messageQueue": {
    "host": "localhost",
    "port": 4432,
    "dbName": "QSMQ",
    "user": "qliksenserepository",
    "password": "AQAAANCMnd8BFdERjHoAwE/Cl+sBAAAABuvYPntQ2k+cR8K7frd+MQQAAAACAAAAAAAQZgAAAAEAACAAAAA78d6YdDM+L1OGg0C/d1irzf3Ml4/cskYQxB4A/DvyfwAAAAAOgAAAAAIAACAAAACTpVvY32teeFMJbZNsSSC/4xqaOF5j5BT7TlCA/RWkgiAAAADaOOtbEjL6DpP1sPh8optOF+diHuM2gpxFzmmfDtubF0AAAAD9ujXzsYyW53yVVUQUMtJNfoZnz6y40wdU0LcSoMACuCSt4W5vryetKdRAQF7jn1P1b5RNt4+xONi17d4bPJsl",
    "sslMode": "require"
  }
}

アプリ配布サービス

C:\Program Files\Qlik\Sense\AppDistributionService\appsettings.json 内:

"Postgres": {
    "Host": "localhost",
    "Port": 4432,
    "Database": "SenseServices",
    "Username": "qliksenserepository",
    "Password": "AQAAANCMnd8BFdERjHoAwE/Cl+sBAAAABuvYPntQ2k+cR8K7frd+MQQAAAACAAAAAAAQZgAAAAEAACAAAACEws1dK+PEB5TNRkrMpmMguUuMYKQx/StRpcT08T4mSgAAAAAOgAAAAAIAACAAAAD9CE26tQn2no6qttNjzyqeBZQkgIYl49lw98Fvy6TyriAAAAA2LiBpizUuEgfSlXKZHgrD4bdy12ErkG3zD3afabBmBkAAAAAZGqqheCccUlCnhEMiMjCbIEcyPfLQKmtJ5cXHNHSN2S9kTdAJjnZi5N9DiQi+0PhxgHFFPapwsqvSvJbDrgXs",
    "ConnectionRetryPolicy": {
      "MaxRetries": 10,
      "RetryTimeMs": 100
    },
    "Security": {
      "Enable": true,
      "ServerCertificate": {
        "Path": "C:\\ProgramData\\Qlik\\Sense\\Repository\\Exported Certificates\\.Local Certificates\\server.pem",
        "PrivateKeyPath": "C:\\ProgramData\\Qlik\\Sense\\Repository\\Exported Certificates\\.Local Certificates\\server_key.pem"
      },
      "RootCertificate": {
        "Path": "C:\\ProgramData\\Qlik\\Sense\\Repository\\Exported Certificates\\.Local Certificates\\root.pem"
      }
    }
  },

ハイブリッド展開サービス

C:\Program Files\Qlik\Sense\HybridDeploymentService\appsettings.json 内:

"Postgres": {
    "Host": "localhost",
    "Port": 4432,
    "Database": "SenseServices",
    "Username": "qliksenserepository",
    "Password": "AQAAANCMnd8BFdERjHoAwE/Cl+sBAAAABuvYPntQ2k+cR8K7frd+MQQAAAACAAAAAAAQZgAAAAEAACAAAADKcv4roLbsaB0VW9XBLAyHp+d/+C7m31sSQg0vhBIKdAAAAAAOgAAAAAIAACAAAADce1TO9aFSv0NgUHYt5fjvKd/W+vTEnsfXT4uXAcKpUiAAAAAHZVoGx2tMg/zUVqykZVtAVngR2BtNcrklz0zG2z90QUAAAACQUSC0gv71htU90HA51n1VVXSTUBlGfVTo0nc/zqoIujyAcMi8svRQHJLZlaE9OhQM+SnKUTlYvs7JkQ4FquSg",
    "Security": {
      "Enable": true,
      "ServerCertificate": {
        "Path": "C:\\ProgramData\\Qlik\\Sense\\Repository\\Exported Certificates\\.Local Certificates\\server.pem",
        "PrivateKeyPath": "C:\\ProgramData\\Qlik\\Sense\\Repository\\Exported Certificates\\.Local Certificates\\server_key.pem"
      },
      "RootCertificate": {
        "Path": "C:\\ProgramData\\Qlik\\Sense\\Repository\\Exported Certificates\\.Local Certificates\\root.pem"
      }
    }
  },

参照元サービス

C:\Program Files\Qlik\Sense\PrecedentsService\appsettings.json 内:

"Postgres": {
    "Host": "localhost",
    "Port": 4432,
    "Database": "SenseServices",
    "Schema": "precedents_service",
    "Username": "qliksenserepository",
    "Password": "AQAAANCMnd8BFdERjHoAwE/Cl+sBAAAABuvYPntQ2k+cR8K7frd+MQQAAAACAAAAAAAQZgAAAAEAACAAAAACA3w4vDFBOOzXIqTdnacAgNMivnBG7hKwyRtFcNfSzAAAAAAOgAAAAAIAACAAAADLvmc6D5Jbkt+mN3DJwBCTZTIu72BTbCPTD1qh6b5ToiAAAACw+tqwiH2adN8FslbdQg3hm4ShT6fv8kbBSMqapTJ6d0AAAACiSEovBVjcN8Y65jj7EoupznENLc+JPvh6iDVt3G9PuaAVMBEBF5VF9YC5h+JFOZgbRbesppullY8/E9tcjBff",
    "Secure": {
      "Enable": true
    }
  },

通知サービス

C:\Program Files\Qlik\Sense\NotifierService\appsettings.json 内:

{
  "qsmq": {
    "host": "localhost",
    "port": 4432,
    "database": "QSMQ",
    "user": "qliksenserepository",
    "password": "AQAAANCMnd8BFdERjHoAwE/Cl+sBAAAAr/UQ7Qw2UkKeUZc0tKzpuAQAAAACAAAAAAAQZgAAAAEAACAAAACH6Y8cTrKGnDeaCwnDdIG5GVZyVs8FWozTBMJdysKTzQAAAAAOgAAAAAIAACAAAADTJstqSpIU9o6n3xzLXRqJFHgx3chZqxnssHJvV7bkdRAAAABP7QcqZrgEe9F4K5AoAGBZQAAAAP+8Sewi+NlB6TOBS+pSlxMKyTKJD1vqa8TzcOdep54sBJfiEjLu2qlq0YKN4DnI/KCMMLMVHdaMm1qzk9wlolM=",
    "ssl": "true"
  },
  "senseServices": {
    "host": "localhost",
    "port": 4432,
    "database": "SenseServices",
    "user": "qliksenserepository",
    "password": "AQAAANCMnd8BFdERjHoAwE/Cl+sBAAAAr/UQ7Qw2UkKeUZc0tKzpuAQAAAACAAAAAAAQZgAAAAEAACAAAABHh7YWG9F996GbE1Jbry6B7Jiytn8432DsQ0VmgIxKGQAAAAAOgAAAAAIAACAAAACYxIKEvBO7aXFgGINUuWLD76jskNNK6DbiBaBvnRUkGBAAAABqzh9FMFbJDxWd532nEukBQAAAAHjGKDYs+/BNlFhMqBd77GOtXN/i5LAc96mWZahRZ4hE/Ve7aa2Uqx2/SwdwMUIr6g8xhu9CJ56QwRkukj7pRXc=",
    "ssl": "true"
  },

Mobility Registrar サービス

C:\Program Files\Qlik\Sense\MobilityRegistrarService\appsettings.json 内:

{
  "Postgres": {
    "Host": "localhost",
    "Port": 4432,
    "Database": "SenseServices",
    "Schema": "qlik_mobility_registrar_service",
    "Username": "qliksenserepository",
    "Password": "AQAAANCMnd8BFdERjHoAwE/Cl+sBAAAAr/UQ7Qw2UkKeUZc0tKzpuAQAAAACAAAAAAAQZgAAAAEAACAAAAA6L9dGr9oeIaqpdxz9W4BP2QmUHtxaFzGfzx051sUrnQAAAAAOgAAAAAIAACAAAAAoXU1esPxGwBi+Xs4eH3qB3WXUDPm4QbWbiAWBnlfW9hAAAADamUq8qBtA6qhQUzmcPl2MQAAAAHYky7wdQgBw20cXPN6wK0Oxnp+Iizw+MeMhqDQPH0iUnnkcLQo40jCFlijHwXeDcxVEGirCje1xCvBv/Itf94k=",
    "SSL": "true"
  }
}

追加の構成

node.js サービスのために、C:\Program Files\Qlik\Sense\ServiceDispatcher\services.conf 内の追加パラメーター、--ssl により、サービスとの https 通信を構成することもできます。次の例では、リソース配分 サービスのために TLS 1.2 を構成しています。

[resource-distribution]
Identity=Qlik.resource-distribution
DisplayName=Resource Distribution
ExePath=Node\node.exe
Script=..\ResourceDistributionService\server.js

[resource-distribution.parameters]
--secure
--wes-port=${WESPort}
--mode=server
--log-path=${LogPath}
--log-level=info
--ssl=369098752

次の node.js コードは、OpenSSL オプションに従って OpenSSL を構成するために使用する数、369098752 を生成します。

const crypto = require("crypto");
console.log(crypto.constants.SSL_OP_NO_SSLv2 | 
crypto.constants.SSL_OP_NO_SSLv3 | crypto.constants.SSL_OP_NO_TLSv1 | 
crypto.constants.SSL_OP_NO_TLSv1_1); 
注: 生成される数は、Qlik Sense に同梱の node.js バージョンによって異なる場合があります。C:\Program Files\Qlik\Sense\ServiceDispatcher\Node\node.exe

データベースの複製とフェールオーバー

このセクションでは、共有持続性環境でのデータベースの複製とフェールオーバーの設定方法について説明します。さらに、ファイル ストレージ コンテンツの複製も必要になります。セントラル データベースやセントラル ノードが停止した場合にスタンバイ ノードにフェールオーバーするために、1 つまたは複数のスタンバイ データベースを構成してプライマリ ノードのデータベースから複製をストリーミングできます。

Qlik Sense のインストールに関連するテキスト ファイルを編集する場合の手順は次のとおりです。

  1. ファイルをサーバーの別の場所にコピーします。
  2. ファイルを編集して、変更を保存します。
  3. 更新したファイルを元の場所にコピーします。

スタンバイ ノードへのフェールオーバー用の複製の設定

このセクションでは、1 つまたは複数のスタンバイ ノードに対する複製の非同期ストリーミングの設定方法について説明します。始める前に、環境が構成されで動作していることを確認したら、スタンバイ マシンに PostgreSQL をインストールします。

注: この説明のパスは、専用マシンのデータベースとして使用されるデフォルトの PostgreSQL インストールに合わせたものです。Qlik Sense でインストールした PostgreSQL データベースを使用している場合、データベースは %ProgramData%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL\<version>\ にインストールされるため、パスをそれに合わせる必要があります。

プライマリ データベース サーバーの構成

プライマリ データベース サーバー側の手順は以下のとおりです。

  1. %ProgramFiles%\PostgreSQL\12.x\data\postgresql.conf ファイルを開きます。

    次の設定項目を探して設定します。

    wal_level = replica max_wal_senders = 3 wal_keep_segments = 8 hot_standby = on
  2. 複製に使用できるユーザー アカウントを作成します。コマンド プロンプトで作成するには、以下のコマンドを実行します。ホスト名は必要に応じて変更し、適切なパスワードを指定します。パスワードの入力を求められることがありますが、これはインストール中に指定したパスワードです。

    "C:\Program Files\PostgreSQL\12.x\bin\psql.exe" -h <machinename> -p 4432 -W -c "CREATE USER replicator REPLICATION LOGIN ENCRYPTED PASSWORD 'secretpassword';"
  3. %ProgramFiles%\PostgreSQL\12.x\data\pg_hba.conf ファイルを開きます。

    ファイルの末尾に次の行を追加します。

    host replication replicator 0.0.0.0/0 md5

    必要に応じてサブネット アクセスをさらに制限することもできます。

  4. PostgreSQL サービスを再起動します。

スタンバイ データベース サーバーの構成

スタンバイ PostgreSQL データベース サーバー側の手順は以下のとおりです。

  1. Postgres サービスを停止します。
  2. %ProgramFiles%\PostgreSQL\12.x\data のすべてのコンテンツを削除します。
  3. 次のコマンドを、使用するプライマリ サーバー名に合わせて修正し、コマンド ラインから実行します。

    "C:\Program Files\PostgreSQL\12.x\bin\pg_basebackup.exe" -h <primaryServer> -D "C:\Program Files\PostgreSQL\12.x\data" -U replicator -v -P -p 4432

    ファイルの手動コピーに関する警告はすべて無視して構いません。

  4. テキスト エディタで recovery.conf という名前のファイルを作成し、%ProgramFiles%\PostgreSQL\12.x\data に置きます。
  5. recovery.conf を開き、 以下のテキストを追加して、ホスト名とポートを修正します。

    standby_mode = 'on' primary_conninfo = 'host=< primaryServer > port=4432 user=replicator password=secretpassword' trigger_file = 'failover' recovery_target_timeline = 'latest'
  6. PostgreSQL サービスを起動します。

これでデータベースに接続してプライマリ ノードからストリーミングされているデータを読み取り専用モードで表示できるようになります。

手動でのデータベース フェールオーバー

プライマリ ノードのデータベースが停止した場合、スタンバイ ノードが引き継ぐ必要があります。

次の手順を実行します。

  1. 新しいプライマリ ノードになるスタンバイ ノードで、failover という名前のファイルを %ProgramFiles%\PostgreSQL\12.x\data フォルダーに作成します。

    注: failover ファイルにはファイル拡張子をつけません。

    このファイルが、PostgreSQL を起動して復元を停止し、読み書きモードに移行します。また、PostgreSQLrecovery.conf のファイル名を recovery.done に変更してこの移行を反映させます。

  2. 各ノードで、リポジトリ データベース接続文字列を新しいデータベース ノードのホスト名または IP アドレスを指定するように変更します。接続文字列は、構成ファイルで暗号化されているため、接続文字列エディター を使って文字列を復号化し、編集してからもう一度文字列を暗号化する必要があります。

    1. 接続文字列エディターを開くには、C:\Program Files\Qlik\Sense\Repository\Util\QlikSenseUtil に移動し、管理者として QlikSenseUtil.exe ファイルを開きます。
    2. [接続文字列エディター] タブで [読み取り] をクリックし、Repository.exe ファイルの接続文字列を開きます。

      復号化されたデータベース接続文字列が表示されます。

    3. [ホスト] の値を新しいデータベース ノードのホスト名または IP アドレスで置き換えます。

    4. [暗号化された config ファイルに値を保存する] をクリックして変更を保存します。