メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense Enterprise on Windows での Qlik License Service 通信のプロキシの構成

Qlik License Service と License Back-end 間の通信は、プロキシを使用して処理できます。

Qlik License Service は Qlik Sense Enterprise February 2019 以降のリリースに含まれており、Qlik Sense が署名付きキー ライセンスを使用してアクティブ化されるときに使用されます。Qlik License Service は、製品アクティブ化と資格管理のために、Qlik にホストされている License Back-end Service に接続します。License Back-end Service へのアクセスとライセンス情報の取得には、ポート 443 が使用されます。

Qlik Sense Enterprise on Windows マルチノード展開では、Qlik License Service がノードごとにインストールされます。Qlik License Service のステータスを管理するには、Windows マシンで実行中のサービスのリストにある、Qlik Sense Service Dispatcher を開始または停止します。

Qlik Sense June 2019 以降では、Qlik License Service と Qlik License Back-end 間の通信を、プロキシによって処理されるように構成できます。

Qlik Sense Enterprise on Windows では、Qlik License Service のプロキシの構成は、コマンド ライン パラメータを使用して行います。HTTP および HTTPS の両方のスキームに対応しています。

Qlik Sense June 2020 以降では、HTTP トンネルを介して通信するときのライセンスサービスへの NTLM および基本認証機能を使用できます。これにより、トンネリング プロキシで認証を要求して、より安全な環境を構成できます。

次の手順を実行します。

  1. Qlik Sense Service Dispatcher を停止します。これで Qlik License Service の実行を処理します。
  2. services.conf ファイルに移動します。既定では次の場所にあります:
  3. %Program Files%\Qlik\Sense\ServiceDispatcher\services.conf

  4. [licenses.parameters] セクションを探します。既定では次の行が含まれています。
  5. [licenses.parameters]
    -qsefw-mode
    -app-settings="..\Licenses\appsettings.json"

  6. -proxy-uri=http://myproxy.example.com:8888 行を下記のように追加します。
  7. [licenses.parameters]
    -qsefw-mode
    -proxy-uri=http://myproxy.example.com:8888
    -app-settings="..\Licenses\appsettings.json"

    ここで、「http://myproxy.example.com」は会社のプロキシのアドレスであり、「8888」はプロキシが使用するポートです。

    注: ドメイン名ではなく IP アドレスをプロキシ URI として指定できます (例: -proxy-uri=http://10.76.124.124:1337)。
  8. %ProgramFiles%\Qlik\Sense\Licenses を参照し、Encrypt-Password.ps1 [password for proxy access] を実行します。

    Example:  

    Encrypt-Password.ps1 123456

    生成された暗号化されたパスワードをコピーして、次のステップで使用します。

  9. トンネリング プロキシで認証を要求するには、services.conf ファイルに次の行を追加します:

    -proxy-uri=[the uri of the proxy]
    -proxy-auth-mode=ntlm|basic|(leave empty for no authentication)
    -proxy-user=[username without domain]
    -proxy-encrypted-password=[password]
    -proxy-domain=[the domain] (NTLM のみ)

  10. services.conf ファイルを保存して閉じます。
  11. Qlik Sense Service Dispatcher を再起動します。
  12. マルチノード インストールがある場合は、インストール内のすべてのノードに以上のステップを繰り返し実行します。
注: バージョンのアップグレード後、services.conf ファイルに設定を戻す必要がある場合があります。アップグレード後のエラー メッセージ「アクセス パスなし」 を参照してください。