メイン コンテンツをスキップする

シングル ノードへの Qlik Sense Enterprise on Windows のインストール

Qlik Sense Enterprise on Windows の最も単純で最も基本的なインストールは、すべての Qlik サービスを単一のサーバーまたはノードにインストールして、単一ノードのサイトを作成することです。この種の展開は、ユーザーが単一のタイム ゾーンにいて、サイトにアクセスするユーザーがいないときにアプリのリロードを夜間に実行できる小規模な組織に最適です。

プレインストール

  1. Qlik Sense Enterprise のシステム要件を確認してください。
  2. サポートされているブラウザを確認してください。
  3. ポート ページを確認して、展開で使用されているポートを確認してください。
  4. Qlik Senseライセンスを確認して、ライセンス オプションを確認してください。

サーバーの準備

  1. Qlik Sense Enterprise on Windows をインストールするサーバーにログインします。

    注: サーバーがウイルス対策ソフトウェアを実行している場合は、ウイルス対策ソフトウェアのスキャンがパフォーマンスにどのように影響するか、およびその解決方法を学びます。
  2. サーバー上に必要なユーザー アカウントを作成します。

  3. 製品ダウンロードページから Qlik Sense Enterprise on Windows インストーラーをダウンロードします。

  4. ファイル共有を作成します。ファイル共有は Qlik アプリケーション データを格納し、中央ノードとマルチノード サイトのすべてのリム ノードにアクセスできる必要があります。

  5. サーバーに Microsoft .NET Framework バージョン 4.8 をインストールします。インストールされていない場合、Qlik Sense インストーラーはそれを求めるプロンプトを表示します。

注: シングルノード展開とマルチノード展開の両方で、既存の Qlik Sense repository データベースに接続できます。サーバー上に既存のリポジトリ データベースがあるが、それを使用する予定がない場合は、インストールを開始する前にそれを削除してください。

Qlik Sense Enterprise on Windows のインストール

単一ノード サイトでは、すべての Qlik サービスが単一の Windows サーバーにインストールされます。

  1. インストーラー ファイルを右クリックし、[管理者として実行] を選択します。[Install] をクリックすると、インストールが始まります。
  2. [使用許諾契約] ウィンドウで、Qlik ユーザー使用許諾契約を読んで承諾します。

  3. [クラスターの作成または参加] ウィンドウで [クラスターを作成] をクリックします。

    Qlik Sense installer create new cluster screen
    注: 単一ノード サイトとマルチ ノード サイトの両方で、クラスター内に中央ノードを作成することから始めます。単一ノード サイトには中央ノードのみが含まれますが、マルチノード サイトには中央ノードに接続された追加のリムノードがあります。
  4. [ホスト名] ウィンドウで、サーバーのアドレスを入力するか、リストから事前定義された値を選択します。

    承諾済みアドレス値
    IP アドレス 10.1.123.234
    サーバーまたはマシン名 rd-bdm-win2019
    完全修飾マシン名 rd-bdm-win2019.rdlund.qliktech.com
    Qlik Sense installer add host name screen
    注: 「 「 このマシンのアドレスを入力してください」項目に表示される推奨サーバー ノード名が、このノードへのアクセスに使用するものと一致することを確認してください。一致しない場合は、適切なアドレスまたは完全修飾マシン名を入力してください。[コントロール パネル] \ [すべてのコントロール パネル アイテム] \ [システム] に移動して、コンピューターを確認できます。
    ヒント: 追加のサポートおよび Qlik Sense Enterprise on Windows のインストールに関連する一般的な問題については、インストールに関する一般的な問題と問題の解決策 を参照してください。
  5. [共有持続性データベース接続設定] ウィンドウで、現在のサーバーに新しいリポジトリ データベースを作成するか、既存のリポジトリ データベースに接続します。持続性、ファイル共有、リポジトリ データベース、および共有持続性のデータベース セキュリティの詳細をご覧ください。

    注: データベースのユーザー名として postgres を使用しないでください。
    • 現在のサーバーに新しいリポジトリ データベースを作成するには、[ローカル データベースをインストール] を選択し、既定のポートのままにして、データベースのユーザー名とパスワードを入力します。

      Qlik Sense installer shared persistence database connection settings screen to install a new local database, use port 4432, provide a database username and password
    • 既存のリポジトリ データベースに接続するには、[ローカル データベースをインストール] をオフにし、接続するデータベースのホスト名を入力し、既定のポートのままにして、データベースのユーザー名とパスワードを入力します。

      Qlik sense installer shared persistence screen, to install a remote database.

    ヒント: 追加のサポートおよび Qlik Sense Enterprise on Windows のインストールに関連する一般的な問題については、インストールに関する一般的な問題と問題の解決策 を参照してください。
  6. [データベース構成] ウィンドウで、単一ノード サイトの場合、他のノードからの接続を許可する必要はありません。[次へ] をクリックして続行します。

  7. [サービス資格情報] ウィンドウで、Qlik Sense サービスを実行するために使用するアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。インストールを開始する前に、サービスを実行するためのいくつかのユーザー アカウントを作成しておく必要があります。

    注: サービス資格情報のユーザー名は、domain\username の形式である必要があります。
    注: 20 文字を超える長さのユーザー名を入力する場合は、ユーザー プリンシパル名 (UPN) 形式であり、完全なドメイン名を含める必要があります。例えば、「longusername@full.domain.name」のように入力します。
    ヒント: 追加のサポートおよび Qlik Sense Enterprise on Windows のインストールに関連する一般的な問題については、インストールに関する一般的な問題と問題の解決策 を参照してください。
  8. [共有持続性ストレージ] ウィンドウで、前に作成したファイル共有へのパスまたは URL を入力します (例: \\<domain>\QlikShare) ファイル共有はローカル フォルダーにすることも、別のサーバーでホストすることもできます。持続性、ファイル共有、およびリポジトリ データベースの詳細をご覧ください。

    Shared persistent storage screen on qlik sense installer. Root folder path is shown.
    ヒント: 追加のサポートおよび Qlik Sense Enterprise on Windows のインストールに関連する一般的な問題については、インストールに関する一般的な問題と問題の解決策 を参照してください。
  9. [集中ログ] ウィンドウで、[集中ログの構成] を選択して、集中ログを設定します。集中ログを設定しない場合は、チェック ボックスをオフにして [次へ] をクリックします。

    注: Qlik Sense は、集中ログが設定されていない場合でも、システムにログを書き込みます。後で集中ログを設定するには、Qlik Logging Service を参照してください
    注: 集中ログ データベースのパスワードを作成するときは、混合文字セットを使用しないでください。
    • [新しいログ データベース] を選択して、現在のインストールで新しいデータベースをインストールします。ログ ライターとログ リーダーのパスワードを入力します。

      New centralized logging database screen from qlik sense installer. New writer and reader passwords are shown.
    • 既存のデータベースにログを書き込むには、[スタンドアロン型ログ データベース] を選択します。ログ データベース サーバーのホスト名を入力し、必要に応じて既定ポートを変更し、ログ ライターとログ リーダーのパスワードを入力します。

      Qlik Sense installer create new standalone centralized logging database

      注: 別のノードでロギング データベースを使用する場合は、インストールを続行する前に、これが新しい空のロギング データベースであることを確認してください。QLogs データベースがリモート データベースにすでに存在する場合、このスキーマは互換性がない可能性があります。PostgreSQL データベースの詳細については、PostgreSQL のインストールと構成 を参照してください。
    ヒント: 追加のサポートおよび Qlik Sense Enterprise on Windows のインストールに関連する一般的な問題については、インストールに関する一般的な問題と問題の解決策 を参照してください。
  10. [インストール場所] ウィンドウで、Qlik Sense Enterprise on Windows をインストールする場所を入力するか、C:\ ドライブの既定の場所を選択します。

  11. [リポジトリ データベースのスーパーユーザーのバスワード] ウィンドウで、PostgreSQL リポジトリ データベースのスーパーユーザーのバスワードを入力します。

    注: リモート PostgreSQL データベースの使用中、またはリム ノードのインストール中 ([クラスターに参加] オプション) は、この画面は表示されません。
  12. [インストールの準備完了] ウィンドウで、インストーラー オプションを選択します。

    Ready to install screen from qlik sense installer with all options selected.
    • 専用のサービス アカウントを使用して Qlik Sense サービスを実行する場合は、[インストールの準備完了] セクションで、[セットアップ完了後、Qlik Sense サービスを起動する] チェック ボックスの選択を解除してください。
    • In the Supported object bundles section, optionally install the object bundle 次に、Qlik Sense Enterprise on Windows のインストールにあたり、利用可能なオブジェクト バンドルの一覧からインストールしたいオブジェクト バンドルを選択します。

      注: いずれかのオブジェクト バンドルをインストールする場合は、オブジェクト バンドル使用許諾契約書を読んで同意します。
    • Qlik に匿名でシステム データを共有したい場合は、[改善へのご協力のお願い] セクション内で選択してください。

    • オプションを選択したら、[次へ] をクリックし、[インストール] をクリックします。

    注: インストール後にオブジェクト バンドルを追加または削除するには、 オブジェクト バンドルのインストールを修正する を参照してください
  13. ヒント: 追加のサポートおよび Qlik Sense Enterprise on Windows のインストールに関連する一般的な問題については、インストールに関する一般的な問題と問題の解決策 を参照してください。
  14. Qlik Sense Enterprise on Windows が正しくインストールされたという旨のメッセージが表示されます。

Qlik Sense のライセンス付与

Qlik Sense の使用を開始するには、サイトのライセンスを有効にする必要があります。

  1. ブラウザに QMC アドレスを入力して Qlik Management Console (QMC) を開きます。
    QMC の既定のアドレスは、https://<QPS サーバー名>/qmcです.

    QMC を初めて開くと、[サイト ライセンス プロパティ] 画面が表示されます。

  2. ライセンス認証ファイル (LEF) からライセンス情報を入力します。

    [サイト ライセンス] プロパティ グループには、Qlik Sense システムのライセンスに関連するプロパティが含まれています。 全項目が必須で、空欄のままにはできません。

    注: Qlik Sense Enterprise SaaS または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes をセットアップする場合は、Qlik 代理店または Qlik サポートに連絡してセットアップのための有効なライセンスを入力してください。
    [サイト ライセンス] プロパティ
    プロパティ名説明
    [所有者名]Qlik Sense 製品所有者のユーザー名。
    [所有者の組織]Qlik Sense 製品所有者が所属する組織の名称。
    [シリアル番号]Qlik Sense ソフトウェアに割り当てられているシリアル番号。
    [コントロール番号]Qlik Sense ソフトウェアに割り当てられているコントロール番号。
  3. [LEF アクセス] を展開し、[LEF を取得してライセンスをプレビュー] をクリックします。電子メールで LEF を受信した場合、情報をテキスト フィールドにコピー & ペーストすることができます。
  4. 注: シリアル番号またはコントロール番号が正しくなければ、[サーバーから LEF を取得できませんでした] というメッセージが表示されます。
  5. [適用] をクリックします。

    [ライセンス認証しました] というメッセージが表示されます。

Qlik Sense のサイト ライセンスが有効になりました。

ユーザー ディレクトリに接続し (オプション)、ユーザー アクセスまたは Professional アクセスを割り当て、権限を設定する準備ができました。

ユーザーへのアクセスの割り当て

ライセンスはいずれかのアクセス タイプに基づいています。Professional アクセスの割り当てはオプションであり、Token ではユーザー アクセスの割り当てがオプションです。

アクセス タイプのライセンス

Qlik Sense ライセンスには、組織内のユーザーに Qlik Sense へのアクセスを許可するために使う多数の Professional アクセスの割り当てが含まれています。

  1. QMC の [開始] メニューで [ライセンス管理] をクリックします。

    [ライセンス使用の概要] 画面が表示されます。

  2. [プロフェッショナル アクセスの割り当て] タブをクリックします。
  3. [+ 割り当て] ボタンをクリックします。

    [ユーザー] 画面が表示されます。

  4. アクセス権を与えるユーザーをリストから選択し、[割り当て] をクリックします。
    注: 選択したユーザー数に対して、使用可能な割り当て数が不十分な場合は、[割り当て] が無効になります。

アクセス権を割り当てられたユーザーが [プロフェッショナル アクセスの割り当て] 概要テーブルに表示されます。

トークンベースのライセンス

取得した Qlik Sense のライセンスには、Qlik Sense へのアクセスを組織内のユーザーに割り当てるための多数のトークンが含まれています。

  1. QMC の [開始] メニューで [ライセンス管理] をクリックします。

    [ライセンス使用の概要] 画面が表示されます。

  2. [ユーザー アクセス割り当て] タブをクリックします。
  3. [+ 割り当て] ボタンをクリックします。

    [ユーザー] 画面が表示されます。

  4. アクセス権を与えるユーザーをリストから選択し、[割り当て] をクリックします。
    注: 選択したユーザー数に対して、割り当てることができるトークン数が十分でない場合は、[割り当て] が無効になります。

アクセス権を割り当てたユーザーが [ユーザー アクセス割り当て] 概要テーブルに表示されます。

追加の構成

Qlik Sense がインストールされ、正しく動作していることが確認できたら、以下の有益な構成情報を参照することができます。

  • 負荷分散 - マルチノード サイトでのレジリエンスとパフォーマンスを向上させるため、QMC で負荷分散ルールを作成する。
  • ホスト許可リスト - 許可リストに独自のホスト名を追加するために、仮想プロキシの高度な設定を構成する。
  • ユーザー インポート (UDC) - ユーザー ディレクトリからユーザーを取得するためにユーザー ディレクトリ コネクターを構成する。

Qlik Sense を使用する準備が整いました。しかし、使用を開始する前に、システム クラッシュから復旧できるようにファイルをバックアップしてください (「Qlik Sense Enterprise on Windows のバックアップと復元」を参照)。

オブジェクト バンドルのインストールを修正する

オブジェクトバンドルは、Qlik Sense の展開に対していつでも追加または削除できます。マルチノードインストールの場合、オブジェクトバンドルはセントラルノードにインストールされています。

ヒント: Qlik Management Console (QMC) の [Extenstion] (拡張機能) セクションをチェックすることで、どのエクステンションが展開内にインストールされているかを確認できます。
  1. [Windows コントロール パネル] の [プログラムと機能] を開きます。
  2. プログラムの一覧の中から、修正するオブジェクト バンドルをダブルクリックします。

    A view of the Windows control panel with an object bundle selected
  3. オブジェクト バンドル設定ウィザードが開きます。[次へ] をクリックします。
  4. [変更] を選択します。
  5. [カスタム セットアップ] 画面でバンドルのアイコンをクリックし、バンドル インストールをどう修正するかを選択します。
    • バンドルがインストールされている場合、[インストールしない] を選択してそのバンドルをアンインストールします。
    • バンドルがインストールされていない場合、[ローカル ハード ドライブにすべてインストール] を選択し、バンドルをインストールします。

    [次へ] をクリックします。

  6. [Change] (変更) をクリックします。

    変更が完了したら、手動で Qlik Sense Repository Service を再起動する必要があります。

  7. [完了] をクリックし、オブジェクト バンドル設定ウィザードを終了します。
  8. Qlik Sense Repository Service を手動で再起動して、変更を適用します。

QMC の [Extensions] (拡張機能) セクションをチェックすることで、変更が正しく適用されていることを確認できます。

インストールに関する一般的な問題と問題の解決策

Windows ユーザー アカウントとサービス資格情報

ホスト名

共有持続性

集中ロギング

Qlik Sense 拡張バンドル

ウイルス対策ソフトウェア