メイン コンテンツをスキップする

証明書のバックアップ

システム クラッシュから復旧できるようにするため、Qlik Sense サイトのセントラル ノードに証明書のバックアップを作成する必要があります。

  1. Windows のスタート メニューから、[mmc] と入力して Microsoft Management Console (mmc) を見つけます。Qlik Sense サービスを実行するユーザーとして [mmc] を起動します。
  2. [ファイル] > [スナップインの追加と削除] と選択します。
  3. [証明書] をダブルクリックします。

    The Add or Remove Snap-ins window. "Certificates" is selected.

  4. [コンピューター アカウント] を選択し、[次へ] をクリックします。

    The Certificates snap-in window. "Computer account" is selected.

  5. [ローカル コンピュータ] を選択し、[完了] をクリックします。

    The Select Computer window. "Local computer" is selected.

  6. [証明書] をダブルクリックします。

    The Add or Remove Snap-ins window. "Certificates" is selected.

  7. [ユーザー アカウント] を選択し、[完了] をクリックします。

    The Certificates snap-in window. "My user account" is selected.

  8. [OK] をクリックします。

    The Add or Remove Snap-ins window. "OK" is selected.

  9. 次の証明書ごとにこのステップを実行します:

    証明書 場所 発行先 発行者
    証明機関 証明書 (ローカル コンピューター) > 個人 > 信頼されたルート証明機関 <server-name>-CA <server-name>-CA
    サーバー証明書 [証明書 (ローカル コンピューター)] > [個人用] > [ローカル コンピューター] <server-name> <server-name>-CA
    クライアント証明書 [証明書 (現在のユーザー)] > [個人用] > [証明書] QlikClient <server-name>-CA
    QlikServiceCluster 証明書 [証明書 (ローカル コンピューター)] > [個人用] > [証明書] QlikServiceCluster <server-name>-CA
    1. エクスポートする証明書の証明書の場所を展開します。

      ヒント: 例えば、証明機関をエクスポートするには、[証明書 (ローカル コンピューター)] > [個人用] > [信頼されたルート証明機関] を展開します。
    2. エクスポートする証明書を右クリックし、[すべてのタスク] > [エクスポート] を選択します。

      The Console1 window. The Certificates (Local Computer > Trusted Root Certification Authorities > Certificates folder is expanded. A certificate has been right-clicked, and All Tasks > Export is selected.

    3. [次へ] をクリックします。

      The Certificate Export Wizard window. "Next" is selected.

    4. [はい、秘密キーをエクスポートします] を選択して、[次へ] をクリックします。

      The Export Private Key screen. "Yes, export the private key" is selected.

    5. [個人情報交換] を選択します。
    6. [すべての拡張プロパティをエクスポートする] チェック ボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。

      The Export File Format screen. "Personal Information Exchange" is selected, and the "Export all extended properties" box is ticked.

    7. パスワードを入力して確認し、[次へ] をクリックします。Windows Server のバージョンによっては、パスワードを入力する前に [パスワード] チェック ボックスをオンにする必要がある場合があります。

      証明書をインポートするためにはパスワードが必要です。

      The Password screen. A password has been entered in two places.

    8. .pfx ファイルのファイル名を入力し、[次へ] をクリックします。

      ヒント: ほかの証明ファイルとの混乱をさけるために、ファイル名にはサーバーの名前を含めることをお勧めします。

      The File to Export screen.

    9. [Finish] (完了) をクリックします。

      Qlik Sense サイトの全ノードの CA を含む .pfx ファイルは、選択した場所に保存されます。

    10. 注: 証明書ごとにこのステップを必ず完了してください。
  10. MMC コンソールを閉じます。

    注: 閉じる前にこれらの変更を保存する必要はありません。