メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense Enterprise SaaS との Qlik ADS および HDS 通信用のプロキシの設定

Qlik Sense Enterprise on WindowsQlik Sense Enterprise SaaS 間の通信はプロキシを使用した処理が可能です。

Qlik Sense Enterprise on Windowsマルチノードの展開では、Qlik Sense Enterprise on Windows から Qlik Sense Enterprise SaaS にアプリを配布するためのサービス App Distribution ServiceADS)とHybrid Deployment ServiceHDS)が各ノードにインストールされます。これらのサービスのステータスを管理するには、Windows マシンで実行中のサービスのリストにある、Qlik Sense Service Dispatcher を開始または停止します。

Qlik Sense May 2021 以降では、Qlik Sense Enterprise on WindowsQlik Sense Enterprise SaaS 間の通信を、プロキシによって処理されるように構成できます。

Qlik Sense Enterprise on Windows では、ADSHDS のプロキシの構成は、コマンド ライン パラメータを使用して行います。HTTP スキーマのみ対応しています。

次の手順を実行します。

  1. ADS および HDS の実行を処理する Qlik Sense Service Dispatcher を停止します。

  2. デフォルトで次の場所にある appsettings.json ファイルに移動します:

  3. %Program Files%\Qlik\Sense\AppDistributionService\appsettings.json

    %Program Files%\Qlik\Sense\HybridDeploymentService\appsettings.json

  4. 次のセクションを探します:

    ADS の場合:QRS、Elastic、Engine、TempContent、HDS

    HDS の場合:QRS、TokenRequest、Elastic

  5. 必要に応じて、次のコードを追加または編集します:

  6. "Proxy": {
          "Server": "http://myproxy.example.com",
          "Port": 8888,      
          "BypassOnLocal": "<true or false for using proxy for local requests>"    
        },

    ここで、「http://myproxy.example.com」は会社のプロキシのアドレスであり、「8888」はプロキシが使用するポートです。

    注: ドメイン名ではなく IP アドレスをプロキシ URI として指定できます(例: http://10.76.124.124)。

  7. appsettings.json ファイルを保存して閉じます。

  8. Qlik Sense Service Dispatcher を再起動します。

  9. マルチノード インストールがある場合は、インストール内のすべてのノードに以上のステップを繰り返し実行します。