メイン コンテンツをスキップする

セッションの停止

このページ上

セッションの停止

手順

Qlik Sense は以下の手順を実行します。

  • ユーザーがログアウトするか、プロキシ セッションがタイムアウトすると、プロキシ セッションは停止します。

    セッションが実行されているブラウザをユーザーが閉じると、ブラウザが閉じられた瞬間から計算された [タイムアウトまでのセッション アイドル時間 (分)] 設定を超えたときにプロキシ セッションが停止します。

    [タイムアウトまでのセッション アイドル時間 (分)] は、仮想プロキシで定義されます。[仮想プロキシ] を参照してください。

成功

成功した場合は、ログ エントリが手順全体で次のファイルに書き込まれます。

  • <MachineName>_AuditActivity_Proxy.txt

エラー

セッションを停止できません

セッションを停止できませんエラー
説明

次の情報を含むログ メッセージを検索します。

Command=Stop session;Result=<different from zero>;ResultText=Error: <error message>

メッセージ 上記のようなログ エントリが見つかった場合は、メッセージ フィールドの情報の内容を確認します。
アクション

セッションの停止のログ エントリがない場合は、プロキシの開始コマンドのログ エントリを調べて Qlik Sense Proxy Service (QPS) の構成を確認します。

最後の手段として、QPS を再起動します。