メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense Enterprise on Windows での Qlik Insight Advisor Chat の構成

このページ上

Qlik Sense Enterprise on Windows での Qlik Insight Advisor Chat の構成

Qlik Insight Advisor Chat はチャットベースのインターフェースで、自然言語を使用して質問をし、データの洞察を探索することができます。これは Qlik Sense Enterprise on Windows で利用可能であり、Qlik Insight Advisor Chat を Slack や Microsoft Teams などのサードパーティ ツールに統合できるため、ユーザーは Qlik Sense アプリからコミュニケーションプ ラットフォームで直接洞察を得ることができます。

注: Qlik Insight Advisor Chat へのサブスクリプションを含む、有効な Qlik 製品ライセンスが必要です。製品ライセンスの詳細については、サイト管理者に問い合わせてください。
注: Qlik Insight Advisor ChatQlik Senseアプリを含めるには、[ハブでの Insights の有効化] を参照してください。アプリを含めることを有効にしたら、Qlik Sense ハブから Qlik Insight Advisor Chat を使用する方法については、[Insight Advisor Chat を使用したアプリの探索] を参照してください。

Qlik Insight Advisor Chat のアクセス制御の作成

Qlik Sense 管理者ユーザーは、QMC でセキュリティ ルールを作成することにより、Qlik Insight Advisor Chat へのアクセスを制限できます。

注: セキュリティ ルールは、Qlik Sense ハブでのユーザーおよびグループ アクセスにのみ適用されます。Slack や Microsoft Team などのサードパーティのコミュニケーション ツールを介したアクセスは、QMC のセキュリティ ルールの影響を受けません。
  1. QMC を開く:https://<QPS サーバー名>/qmc

  2. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] Arrow down ドロップダウン メニューから [セキュリティ ルール] を選択します。
  3. データ マネージャーでテーブルの Create new新規作成 をクリックします。

    左側に編集パネル (すべてのプロパティを保持)、右側に監査ページが配置された分割ページが表示されます。

  4. [Identification (ID)] で、ルールに名前を付け、説明を入力します。

  5. [基本] で、次のリソース フィルターを入力します。 IAChat_* を入力し、アクションとして [読み取り] を選択します。

    • すべての名前付きユーザーにアクセスを提供するには、条件 ( (user.name!="") ) を入力します。

    • user1 という名前の特定のユーザーへのアクセスを制限するには、条件 ( (user.userId!="user1") ) を入力します。

  6. [詳細設定] で、[ルールの検証] をクリックして、ルールが正しく設定されていることを確認します。

注: このルールは、ブラウザを更新するときに適用する必要があります。ルート管理者は常に Qlik Insight Advisor Chat にアクセスできます。

QMC でのアクセス制御とセキュリティ ルールの設計の詳細については、[セキュリティ ルールの作成] を参照してください。