メイン コンテンツをスキップする

Sessions Monitor

Sessions Monitor は、ユーザーのアプリ セッションに関するログ データをロードし、表示します。

注: シートとビジュアライゼーションの詳細については、[ストーリー] の下のアプリ概要ページにある、「Sessions Monitor について」というストーリーを参照してください。

ログ ファイルの場所および命名規則については、「ログ」を参照してください。

QMC の監視アプリへの Sessions Monitor アプリのインポート

Sessions Monitor は、既定では QMC からは利用できません。利用できるようにするには、このアプリをインポートする必要があります。

セクション 新しい監視アプリのインポート の説明に従ってください。

Sessions Monitor シート

Sessions Monitor シートには、現在のノードにおける Qlik Sense のパフォーマンスを表示します。マルチノードに対して正しく構成してある場合 (「マルチ ノード環境の構成」参照) は、すべてのノードについての情報が含まれます。

Sessions Monitor シート
Dashboard

セッション アクティビティの概要を示します。棒グラフ Sessions Over Time およびコンボ チャート User and App Count Trend で利用可能な代替軸およびメジャーを使用することで異なる表示を取得します。

Session Heatmap

セッション アクティビティが最も多い、および最も少ない時刻を示します。このデータを使用して、使用率のピーク時刻やサーバー メンテナンスに適した時刻を把握します。

Session Details より詳細なセッション アクティビティ情報を示し、使用されていないアプリやアプリの使用頻度が高いユーザーの特定に役立てることができます。
Apps アプリおよびアプリ オブジェクトに関するメタデータを示します。
Log Details 特定のログ イベントおよび時刻に関する詳細を示します。
注: Sessions Monitor のデータはアプリがリロードされる際に更新されます。データはリアルタイムで更新されていません。
注: Sessions Monitor は、エンジンのセッションログから [ProxySessionId] を使用して、事実上のプロキシのセッション数を示す Operations Monitor のようなセッションカウントを導き出します。Sessions Monitor は、それぞれの設計上の選択値により Operations Monitor に除外される短いセッション (40秒未満) も登録します。したがって、Sessions Monitor セッションカウントは、Operations MonitorLicense Monitor のセッションカウントの中間になることがあります。