メイン コンテンツをスキップする

タスク別にユーザー ディレクトリ コネクタとスケジュールを設定

このページ上

タスク別にユーザー ディレクトリ コネクタとスケジュールを設定

ユーザー ディレクトリ コネクタ (UDC) の新規インスタンスを作成すると、スケジュールされたユーザー同期タスクがデフォルトで作成され、最初の同期が 5 分以内に実行されます。ユーザー ディレクトリ コネクタは 機能するように構成して操作を可能にしなくてはなりません。

必要に応じて、ユーザー同期タスクのデフォルトのトリガーを変更し、さらにトリガーを追加できます。ユーザー データはユーザー ディレクトリ コネクタの概要から手動で同期できます。

次のワークフローは、新しいユーザー ディレクトリ コネクタの設定について説明したものです。

Log in to QMC, and then select User directory connections. Create new UDC, and then configure UDC. If UDC is not operational, then Check repository system log, and then configure UDC. Check if UDC is operation again. If it is, then there will be an initial synchronization within 5 minutes. After synchronization, select Tasks, and the Adapter the user sync task by editing trigger. Select Users and verify that users are imported. The User directory connector is now scheduled by task.