メイン コンテンツをスキップする

データ接続および拡張機能の管理

このページ上

データ接続および拡張機能の管理

データ接続

データ接続により、データ ソースからデータを選択およびロードすることができます。すべてのデータ接続は、QMC から集中的に管理されています。データ接続は、Qlik Sense データ ロード エディタで作成されますデータ接続を作成したユーザーは自動的に、その接続の所有者となり、既定ではそのデータ接続にアクセスできる唯一のユーザーです。データ接続は、QMC で定義されたセキュリティ ルールを使用して他のユーザーと共有できます。

Qlik Sense Desktop で開発されたアプリをインポートすると、既存のデータ接続が QMC にインポートされます。サーバーからアプリをエクスポートすると、既存のデータ接続はそのアプリとともにはエクスポートされません。

注: インポートされるアプリのデータ接続名が、既存のデータ接続の名前と同じ場合、データ接続はインポートされません。つまり、インポートされたアプリは、インポートされたアプリのデータ接続ではなく、同一名のすでに存在するデータ接続を使用します。

既定のセキュリティ ルール

データ フォルダの接続は、QMC の既定のルールによって制限されています。このセキュリティ ルールは、データ フォルダ接続の作成を RootAdmin、ContentAdmin、SecurityAdmin ユーザーに制限します。特定のユーザーにデータ フォルダ接続を作成する権限を与える場合は、その特定のユーザーに新しいルールを作成します。既定のセキュリティ ルールを変更しないでください。 セキュリティの脆弱性が発生し、ユーザーがフォルダ構造を参照できるようになる可能性があります。

データ接続のアクセス権の作成

分析接続

分析接続を使用すると、外部分析をビジネス ディスカバリと統合することができます。分析接続は、外部計算エンジンの呼び出し (このとき外部計算エンジンはサーバーサイド拡張 (SSE) として動作) によって、ロード スクリプトおよびチャートで使用可能な数式を拡張します。たとえば、R への分析接続を作成し、データのロード時に統計数式を使用できます。

拡張機能

拡張機能には、ウィジェット ライブラリ、カスタム テーマ、またはビジュアライゼーション エクステンションなどさまざまなものがあり、これらを使用して、たとえば、多様な地域を選択できるインタラクティブ マップで、データを可視化します。