メイン コンテンツをスキップする

ユーザー同期タスクの編集

このページ上

ユーザー同期タスクの編集

ユーザー ディレクトリ コネクタの関連付けページからユーザー同期タスク を編集できます。

ヒント: タスク概要ページからユーザー同期タスクを編集することもできます。

次の手順を実行します。

  1. QMC を開く:https://<QPS サーバー名>/qmc

  2. QMCスタート ページから、あるいは [Start (スタート)] Arrow downドロップダウン メニューから [User directory connectors (ユーザー ディレクトリ コネクタ)] を選択して、概要を表示します。

  3. タスクを編集したいユーザー ディレクトリ コネクタを選択し、アクション バーで [編集] をクリックします。

  4. [関連するアイテム] で [タスク] を選択し、編集するタスクを選択して操作バーで [編集] をクリックします。

    [User synchronization task edit] ページが表示されます。

  5. プロパティを編集します。

    ID

    全項目が必須で、空欄のままにはできません。

    ID プロパティ
    プロパティ 説明 既定値
    [名前] タスクの名前。 ユーザー ディレクトリ コネクタを新規作成すると、ユーザー ディレクトリ コネクタ名から自動生成されます。
    有効化 選択されている場合、タスクは有効です。 有効化

    [有効化] チェックボックスを選択または選択解除して、タスクを有効または無効にします。

    タグ

    タグ プロパティ
    プロパティ 説明
    [タグ]
    ヒント: 利用可能なタグがない場合、このプロパティ グループは空となります。

    紐付けられているタグがテキスト ボックスの下に表示されます。

  6. アクション バーで [適用] をクリックし、変更内容を保存します。

    ページの最下部に [更新完了] と表示されます。

ヒント: タスクのトリガーは [Associated items] に表示されます。またここでは新しいトリガーを作成できます。