メイン コンテンツをスキップする

データ接続の編集

データ接続は、Qlik Sense のデータ ロード エディタで作成するか、[データの追加] オプションを使用して作成します。データ接続を作成したユーザーは自動的に、その接続の所有者となり、既定ではそのデータ接続にアクセスできる唯一のユーザーです。

更新権限を有するデータ接続を編集できます。 次の手順を実行します。

  1. QMC を開く:https://<QPS サーバー名>/qmc

  2. QMCスタート ページから、あるいは [Start (スタート)] Arrow downドロップダウン メニューから [Data connections (データ接続)] を選択して、概要を表示します。

  3. 編集したいデータ接続を選択します。

    注: 複数のデータ接続を選択すると、 セキュリティ ルールの表示、編集、追加ができなくなります。
  4. アクション バーで [編集] をクリックします。
  5. プロパティを編集します。

    一番右側にあるパネルで、プロパティ グループの表示/非表示を切り替えることができます。

    ID

    ID プロパティ
    プロパティ 説明
    [名前] データ接続名。
    [所有者] データ接続所有者のユーザー名。
    [接続文字列] データ接続の接続文字列。通常はデータ ソースやドライバー、パスの名前が含まれています。
    [タイプ] データ接続のタイプ。ODBC、OLEDB およびフォルダーなど標準的なデータ接続。
    [ユーザー ID] 接続文字列で使用されているユーザー ID。
    [パスワード]

    接続文字列で使用されているユーザー ID と関連付けられているパスワード。

    注: パスワードは暗号化されて保存されます。

    タグ

    タグ プロパティ
    プロパティ 説明
    [タグ]
    ヒント: 利用可能なタグがない場合、このプロパティ グループは空となります。

    紐付けられているタグがテキスト ボックスの下に表示されます。

    カスタム プロパティ

    注: カスタム プロパティを利用できない場合、このプロパティ グループには何も表示されません (あるいは表示されても空です)。ここで表示する前に、このリソース タイプでカスタム プロパティを利用できるようにする必要があります。
    [適用] をクリックして変更を保存します。 必須の項目が空欄の場合、[Apply] は無効になります。
  6. 操作バーで [適用] をクリックします。

データ接続が更新されました」というメッセージがページの最下部に表示されます。