メイン コンテンツをスキップする

ユーザーへのアクセス権の割り当て

ユーザーは、[ユーザー] と [ライセンス] ページの Management Console で管理されています。

ユーザーの概要

ユーザー ページには、テナントにログインしたことのあるすべてのユーザーが表示されます。ユーザーに特定の役割 (テナント管理者および開発者) がある場合、その役割は役割の項目に表示されます。

[名前]、[ユーザー ID]、[IdP 件名]、、[メール]の各項目を検索します。IdP 件名項目は、名前が同一で、メール項目が表示されていない場合に、あるユーザーを別のユーザーと区別するために使用できます。テーブルに記載されている各ユーザーの右端に、テナント管理者と開発者の役割の割り当てや削除とユーザーのアクティブ化または無効化、およびユーザーの削除を実行できるボタンがあります。ユーザーを招待するライセンスをお持ちの場合は、招待の再送や削除のオプションも表示されます。

ユーザー ステータス

利用可能なユーザー ステータスは以下のとおりです。

ユーザー ステータス
状態 説明 次のステータスへの変更が可能:
Active ユーザーは登録済みで、割り当てられたライセンスに準じて利用することができます。 無効化
Pending (保留中) ユーザーは招待済みですが未登録です。 Active
無効化

ユーザー ライセンスが削除されているため、ユーザー アカウントにアクセスすることができません。また、製品を使用することもできません。

そのユーザーが所有するすべてのアラートも無効になります。

Active

ライセンス概要

ライセンス セクションには、3 つのタブがあります。[Overview] (概要)、[Assigned users] (割り当て済みユーザー)、および [License key] (ライセンス キー) です。

概要タブ

[概要] には、ユーザー割り当てについての基本情報が表示されます。

概要タブ
割り当てアイテム 説明

Professional

参照先:ユーザー アクセス

消費分: Professional アクセス権を持っているユーザーの数。

合計: 割り当て可能な Professional アクセス権の合計数。

アナライザー

参照先:ユーザー アクセス

消費分: Analyzer アクセス権を持っているユーザーの数。

合計: 割り当て可能な Analyzer アクセス権の合計数。

Analyzer Capacity (分)

参照先:Analyzer Capacity ライセンス

消費分: 経過時間。

合計: 毎月の消費可能な合計時間 (分)。合計時間が経過した場合は超過分が必要になります。

超過分。超過分は、入力した時間までに制限するか、無制限にすることができます。

有効期限 ライセンスの有効期限日付。
クォータ:共有スペース 消費分: 共有スペースの数。

クォータの上限: クォータの上限は、入力した時間を上限として設定するか、無制限にすることができます。

クォータ:管理されているスペース 消費分: 管理スペースの数。

クォータの上限: クォータの上限は、入力した時間を上限として設定するか、無制限にすることができます。

クォータ:インメモリ アプリのサイズ アプリの最大メモリ サイズ。

割り当て済みユーザー タブ

[割り当て済みユーザー] には、ユーザーとユーザー割り当てに関する情報が表示されます。割り当てを削除し、Analyzer アクセス権と Professional アクセス権を割り当てるためのボタンもあります。

割り当て済みユーザー タブ
割り当てアイテム 説明
名前 ユーザーの名前。
ユーザー ID ユーザーの一意の ID。
IdP 件名 ID プロバイダー (IdP) でのユーザー識別子。この値は、ユーザーがログインするときに IdP ユーザー データベースから入力されます。
ライセンス ユーザーに割り当てられるユーザー割り当ての種類: Professional、Analyzer、または Analyzer Capacity (Analyzer 時間)。
状態

付与された割り当ての数がライセンスで定義されている数を超えると、一部のユーザーが除外されます。そのユーザーは、ハブや Management Console にアクセスできなくなります。ユーザーの [状態] 列には「除外済み」と表示されます。除外されるのは、直近にアクセス権が割り当てられたユーザーです。それらのユーザーは、割り当て数がライセンスで定義されている数と一致するまで除外済みの状態になります。割り当て可能なアクセス権の数が増えた場合、または管理者が他のユーザーのアクセス権を削除した場合には、除外されたユーザーにアクセス権が再割り当てされます。

ライセンス キー タブ

ライセンスを変更する必要がある場合は、[License key] (ライセンス キー) タブから変更できます。ライセンスを変更するには: ライセンス キーをテキスト ボックスに貼り付け、[Submit] (送信) をクリックします。

ユーザーを招待する

展開にユーザーを追加する方法は 2 つあります。IdP がある場合は、[ID プロバイダー] セクションで IdP 構成を作成できます。IdP がない場合は、招待メールを送信してユーザーを追加できます。[ユーザー] セクションの [招待] ボタンを使用します。プロファイルからユーザーを招待することもできます。招待フォームに、ユーザーのメール アドレスをカンマまたはスペースで区切って追加します。メールには、限られた期間のみ有効なリンク (ボタン) が含まれます。招待の有効期限がテーブルに表示されます。ユーザーがボタンをクリックすると、アカウント登録ページが開きます。

招待が送信されると、ユーザー テーブルのステータス項目に招待済みと表示されます。ユーザーが登録を完了すると、ステータスがアクティブに変更されます。必要な場合は、招待を再送信できます。招待を削除することもできます。この場合は、リンクの有効期限内であっても、ユーザーは登録できません。

注: ご使用のライセンスには、ユーザーを追加するオプションとして IdP の使用または招待メールの送信のいずれか 1 つのみが含まれています。ただし、Invite ユーザーから ID プロバイダー構成に切り替えた場合、ID プロバイダーがアクティブになるまで招待オプションは残ります。

次の手順を実行します。

  1. Management Console で、[ユーザー] セクションに移動し、[招待] をクリックします。
  2. 招待したいユーザーの電子メール アドレスを入力し、[招待の送信] をクリックします。
  3. [招待が送信されました] ページで、[招待の管理] を選択して Management Console に移動したり、[さらにユーザーを招待] したり、[完了] をクリックして終了したりできます。
    注: Management Console から招待を削除できます。

テナント管理者は、ハブからユーザーのプロファイルの右上隅にある [ユーザーを招待する] を選択してユーザーを招待することもできます。

アクセス タイプをユーザーに追加

テナント管理者は、Management Console でユーザー割り当てを割り当てたり削除したりできます。

次の手順を実行します。

  1. Management Console で、[ユーザー割り当て] セクションに移動し、[割り当て済みユーザー] タブを選択します。
  2. [割り当ての追加] をクリックします。
  3. [ユーザーを検索] 項目でユーザーを選択します。
  4. [アクセス タイプ] を選択します。
  5. [追加] をクリックします。
  6. 必要に応じてユーザーを追加し、終了したら [閉じる] をクリックします。

割り当てを削除

ユーザー割り当ては、ユーザーのために削除できます。

次の手順を実行します。

  1. Management Console で、[ユーザー割り当て] セクションに移動し、[割り当て済みユーザー] タブを選択します。
  2. リストからユーザーを選択します。

    注: 同時に複数のユーザーを選択できます。
  3. [割り当てを削除] をクリックします。
  4. [削除] をクリックして確定します。

Analyzer アクセス権を持っているユーザーに Professional アクセス権を割り当てる

Analyzer アクセス権を持っているユーザーに Professional アクセス権を割り当てることができます。

  1. リストからユーザーを選択します。

    注: 同時に複数のユーザーを選択できます。
  2. [Professional アクセスの割り当て] をクリックします。
  3. [確認] をクリックして割り当てを確定します。

動的ライセンス割り当ての有効化

ユーザーのアクセス権割り当ての簡素化に使用できる動的ライセンス割り当ては、[設定] ページの Management Console で有効にできます。

動的ライセンス割り当てのプロパティ
プロパティ 説明
Professional アクセス権の動的割り当てを有効にする

有効にすると、ログインするユーザーには Professional アクセス権が (割り当て可能であれば) 自動的に割り当てられます。

Analyzer アクセス権の動的割り当てを有効にする

有効にすると、Professional アクセス権を割り当てることができない場合、ログインするユーザーには Analyzer アクセス権が (割り当て可能であれば) 自動的に割り当てられます。

次の 4 つのオプションから選択します。

  • Professional と Analyzer の両方のアクセス権で有効な動的割り当て:

    可能な場合は Professional アクセス権が割り当てられ、不可の場合は Analyzer アクセス権が割り当てられます。どちらのアクセス権も割り当て不可の場合は、可能であれば Analyzer Capacity が割り当られます。

  • Professional アクセス権にのみ有効な動的割り当て:

    可能な場合は Professional アクセス権が割り当てられ、不可の場合は、Analyzer Capacity を割り当て可能であれば Analyzer Capacity が割り当てられます。

  • Analyzer アクセス権にのみ有効な動的割り当て:

    可能な場合は Analyzer アクセス権が割り当てられ、不可の場合は、Analyzer Capacity を割り当て可能であれば Analyzer Capacity が割り当てられます。

  • Professional と Analyzer の両方のアクセス権で無効な動的割り当て:

    可能であれば、Analyzer Capacity アクセス権が割り当てられます。

Analyzer アクセス権から Professional アクセス権にアップグレードすることができますが、Professional から Analyzer にダウングレードすることはできません。

新しいライセンス キーに変更すると、すべての割り当てが削除されます。これは、割り当てがテナントではなくライセンスに関連付けられているからです。ただし、古いライセンス キーの使用を再開すれば、割り当てが復元されます。