メイン コンテンツをスキップする

On-demand アプリの生成の管理

このページ上

On-demand アプリの生成の管理

On-Demand アプリは、選択アプリをテンプレート アプリに接続するナビテーション リンクから、 ハブに生成されます。On-demand アプリを生成するには、Management ConsoleOn-Demand App Service が有効化されている必要があります。

On-demand アプリの生成は、On-Demand App Service によって制御されます。テナント管理者は、[設定] タブで Management ConsoleOn-Demand App Service を有効にできます。このサービスは既定で無効に設定されているため、選択を行ってテンプレート アプリをリンクし、On-demand アプリを生成するには、設定を有効にする必要があります。

サービスを有効から無効に切り替えると、On-Demand アプリを生成するためにペンディング中の要求を終了することができます。ただし、いったんサービスが無効にされると、アプリを生成する新しい要求は受け入れられず、開発者が新規の On-demand アプリのナビゲーション リンクを作成または編集することもできなくなります。これらの機能は、サービスが再有効化されると復元されます。

On-demand アプリの生成の有効化と無効化

On-demand アプリの生成を有効化または無効化するには、Management Console で [設定] ページに移動します。[On-demand アプリの生成 (ODAG)] タブで、次の設定を管理します。

On-demand アプリの生成のプロパティ
プロパティ 説明
On-demand アプリの生成

サービスを有効から無効に切り替えると、On-Demand アプリを生成するためにペンディング中の要求を終了することができます。ただし、いったんサービスを無効にすると、アプリを生成する新しい要求は受け入れられません。

このサービスは、デフォルトでは無効になっています。

ダイナミック ビュー

ダイナミック ビューをオンにすることによって、オンデマンドのデータ ソースからロードされるチャートをアプリ シートに含めることができます。

ダイナミック ビューに基づくチャートが含まれるシートがあるアプリで、[ダイナミック ビュー] の設定がテナントに対して無効になっている場合、アプリは次の制限付きで引き続き動作します。

  • ダイナミック ビュー機能が無効になっていることを示すため、ダイナミック チャートはすべて淡色表示 (データも非表示) されます。
  • ダイナミック ビュー内の情報は、シート エディターには表示されません。

ダイナミック ビューに関係のないチャートや機能はすべて正常に動作します。