メイン コンテンツをスキップする

Qlik 製品のライセンス

ここでは、Qlik Sense 関連のさまざまな製品で選択可能なライセンス オプションの概要を示します。ライセンス付与により、組織内の Qlik Sense ソフトウェアの使用を管理することができます。

Qlik Sense ライセンス付与オプションの詳細については、Qlik の法的規約、製品規約、および Licensing Service リファレンスガイドを参照してください。

製品のアクティベーション

Qlik の製品すべては License Enabler File (LEF) によって権限が付与され、実行されます。LEF とは、実稼働の際にダウンロードされる中間生成物です。Qlik 製品にライセンスを付与して起動するには、シリアル番号とコントロール ナンバーを使用するか、署名付きライセンス キーを使用します。署名付きライセンス キーは Qlik Sense Enterprise SaaSQlik Sense Enterprise on Kubernetes の展開に使用する必要があり、キャパシティ ベースのライセンスを使用する際にも使います。

ユーザーの割り当て、分析時間消費および製品のアクティベーションには、クラウドベースのライセンス バックエンドにアクセスするために、署名済みのライセンス キーとともにインターネット アクセス (直接またはプロキシ経由) が必要となります。

統一ライセンス

Qlik Sense および QlikViewApril 2019 リリース以降、Qlik Sense カスタマーは複数の展開で統一ライセンスを使用できます。統一ライセンスでは、次の展開の組み合わせで同じ署名付きキーを共有します。

  • 複数の Qlik Sense Enterprise 展開
  • 複数の QlikView Server 展開
  • QlikView Server 展開と Qlik Sense Enterprise 展開

同じ署名付きキーを複数の展開に適用すると、同じユーザーおよびアクセス タイプを共有することができます。ユーザーは、同じ Professional または Analyzer のアクセス権割り当てを使用して接続されているすべての展開にアクセスできます。

Qlik Sense Enterprise

Qlik Sense EnterpriseQlik Sense のサーバー バージョンで、シングルノードまたはマルチノードに展開することができます。Qlik Sense Enterprise を展開する際にライセンスを付与して起動するには、シリアル番号とコントロール ナンバーを使用するか、署名付きライセンス キーを使用します。お使いの Qlik Sense Enterprise ライセンスは、アクセス タイプまたはトークンのいずれかに基づいています。

アクセス タイプ

アクセス タイプのライセンスは、Professional User と Analyzer User ライセンス (ユーザーベース) および Analyzer Capacity ライセンス (キャパシティベース) です。展開とアクティブ化を行う際に署名付きライセンス キーを使用した場合、サブスクリプション ベースのライセンスとしてこうしたライセンスを組み合わせることも可能です。永続ライセンスを使用している場合は、ユーザーベースのライセンスのみを組み合わせることができます。

注: 署名付きキーのライセンスに変更した後は、古い LEF ベースのライセンス モデルを再び使用することはできません。

トークン

トークンを使用してアクセス パスをユーザーに割り当てて、ユーザーが Qlik Sense にアクセスできるようにします。LEF により、さまざまなアクセス パスに割り当てることができるトークンの数が決まります。アクセス パスなしのユーザーはアプリにアクセスできません。

Qlik Sense Token ライセンスでは、トークンを使用してアクセス パスをユーザーに割り当てます。User アクセスおよび Login アクセスを割り当てることができます。

注: この Token ライセンスは、既存の Qlik Sense Token ライセンスを持つ顧客にのみ付与できます。

コアベースのサイト

Qlik Sense Enterprise コアベースのサイトは、ソフトウェアが動作する CPU コアの数に基づいてライセンスが付与されます。コアとは、プロセッサまたは CPU 内の単一の処理ユニットを意味し、物理か仮想にかかわらず、vCPU または仮想コードを含んでおり、一度に 1 つのソフトウェア スレッドを実行することができます。

Qlik NPrinting

QlikView のドキュメントまたは Qlik Sense のアプリに接続するように、Qlik NPrinting をインストールして構成できます。ライセンス付与の要件と手順は、Qlik NPrintingQlikViewQlik Sense のどちらに接続するのかに応じて異なります。

バージョン 16.0.0.0 以降の Qlik NPrinting には、LEF によってライセンスが付与されます。以前のバージョンの Qlik NPrinting を使用している場合は、Qlik NPrinting バージョン 16.0.0.0 以降へのアップグレードをお勧めします。

QlikViewQlikView Desktop、および Qlik Sense での Qlik NPrinting へのライセンス付与の詳細については、

Qlik Nprinting のライセンス付与」を参照してください。

注: Qlik Sense トークンは、Qlik NPrinting サービス アカウントの場合には不要です。ただし、Qlik NPrinting サービス アカウント内で頻繁にトラブルシューティングを行う場合は、トークンを Qlik NPrinting サービス アカウントに割り当て、Qlik Sense ハブへのアクセス権が与えられるようにすると便利です。