メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense ライセンス

このページ上

Qlik Sense ライセンス

Qlik Sense EnterpriseQlik Sense のサーバー バージョンで、シングルノードまたはマルチノードに展開することができます。Qlik Sense Enterprise ライセンスは、アクセス タイプまたはトークンのいずれかに基づいています。

Qlik Sense ライセンス付与オプションの詳細については、Qlik の法的規約、製品規約、および Licensing Service リファレンスガイドを参照してください。

注: Qlik Sense Enterprise SaaS または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes をセットアップする場合は、Qlik 代理店または Qlik サポートに連絡してセットアップのための有効なライセンスを入力してください。

統一ライセンス

Qlik Sense および QlikViewApril 2019 リリース以降、Qlik Sense カスタマーは複数の展開で統一ライセンスを使用できます。統一ライセンスでは、次の展開の組み合わせで同じ署名付きキーを共有します。

  • 複数の Qlik Sense Enterprise 展開
  • 複数の QlikView Server 展開
  • QlikView Server 展開と Qlik Sense Enterprise 展開

同じ署名付きキーを複数の展開に適用すると、同じユーザーおよびアクセス タイプを共有することができます。ユーザーは、同じ Professional または Analyzer のアクセス権割り当てを使用して接続されているすべての展開にアクセスできます。

Qlik Sense Enterprise

Qlik Sense Enterprise 展開は、2 つの異なるモデルである、シリアル番号とコントロール ナンバー、および署名付きライセンス キーを使用してライセンスを付与することができます。License Enabler File (LEF) で、ライセンスの契約条件およびユーザーに割り当て可能なアクセス タイプを定義します。お使いの Qlik Sense Enterprise ライセンスは、アクセス タイプまたはトークンのいずれかに基づいています。コアベース ライセンスも使用できます。署名付きライセンス キーは Qlik Sense Enterprise SaaSQlik Sense Enterprise on Kubernetes の展開に使用する必要があり、キャパシティ ベースのライセンスを使用する際にも使います。

ユーザーの割り当て、分析時間消費および製品のアクティベーションには、クラウドベースのライセンス バックエンドにアクセスするために、署名済みのライセンス キーとともにインターネット アクセス (直接またはプロキシ経由) が必要となります。

ユーザーベースおよびキャパシティベースのライセンス

ユーザーベースのライセンスは、一意に指定されたユーザーに割り当て可能なアクセスの既定数の割り当てを許可します。Qlik Sense Enterprise では、ユーザーベースのライセンスは、Professional User および Analyzer User ライセンス、 または Token ライセンスで割り当てられる User アクセス パスのいずれかです。

キャパシティベースのライセンスは、識別されたユーザーまたは匿名ユーザーが使用可能な Qlik Sense Enterprise へのアクセスの既定時間数の割り当てを許可します。Qlik Sense では、キャパシティベースのライセンスは、Analyzer Capacity アクセス、または Token ライセンスで割り当てられた Login アクセス パスのいずれかです。

アクセス タイプ

アクセス タイプのライセンスは、Professional User と Analyzer User ライセンス (ユーザーベース) および Analyzer Capacity ライセンス (キャパシティベース) です。展開とアクティブ化を行う際に署名付きライセンス キーを使用した場合、サブスクリプション ベースのライセンスとしてこうしたライセンスを組み合わせることも可能です。永続ライセンスを使用している場合は、ユーザーベースのライセンスのみを組み合わせることができます。

注: 署名付きキーによるライセンスに変更した後は、古いシリアル番号とコントロール ナンバーのライセンス モデルを再び使用することはできません。

Professional User および Analyzer User ラインセンス

Professional User および Analyzer User ライセンスは、Professional および Analyzer アクセス タイプで構成されます。

  • 識別されたユーザーに Professional アクセス権 (ユーザーベース) を割り当て、 Qlik Sense サイト内のストリームとアプリにアクセスできるようにします。Professional アクセスは、Qlik Sense インストールのすべての機能にアクセスする必要があるユーザーが対象です。Professional アクセス権のあるユーザーは、シートまたはアプリを作成、編集、公開でき、Qlik Sense サイトの管理などの使用可能な機能をすべて使うことができます。
  • 識別されたユーザーに割り当てられた Analyzer アクセス権によって、 ハブ内のストリームとアプリにアクセスできるようにします。アナライザー アクセスは、他のユーザーによって作成されたシートとアプリを使用するユーザーが対象です。アナライザー アクセス権を持つユーザーは、シートやアプリを作成、編集、または公開することはできませんが、アプリ内のデータに基づいて、ストーリー、ブックマーク、スナップショットを作成できます。また、ユーザーはオブジェクトを印刷したり、オブジェクトから Excel にデータをエクスポートしたりすることもできます。

Analyzer Capacity ライセンス

Analyzer Capacity ライセンスは、Analyzer Capacity アクセス タイプで構成されます。

  • アナライザー キャパシティは消費ベースのライセンス タイプで、使用可能な機能に関してアナライザー アクセスに似ています。ユーザーは、ハブ内のストリームとアプリにアクセスし、他のユーザーによって作成されたシートとアプリを消費できます。Analyzer Capacity アクセスでは、アプリ内のデータに基づいてストーリー、ブックマーク、スナップショットを作成し、公開することができます。シートまたはアプリの作成、編集、または公開はできません。

    アナライザー キャパシティ ライセンスにより、アナライザー時間 (毎月の定義済み分時間 (カレンダー日付) ) に対してサブスクライブします。これらの分時間は、ユーザー間で共有され、匿名ユーザーを含むユーザー グループの一員になっている任意のユーザーが消費可能です。消費は 6 分単位で測定されます。新しい 6 分間ごとに、1 単位が消費されます。

アクセスの動的割り当て

アクセスの動的割り当ては Qlik Sense Enterprise on Kubernetes および Qlik Sense Enterprise SaaS の展開で使用でき、Management Console で管理されます。

参照先: Management Console

次の 4 つのオプションから選択します。

  • Professional と Analyzer の両方のアクセス権で有効な動的割り当て:

    可能な場合は Professional アクセス権が割り当てられ、不可の場合は Analyzer アクセス権が割り当てられます。どちらのアクセス権も割り当て不可の場合は、可能であれば Analyzer Capacity が割り当られます。

  • Professional アクセス権にのみ有効な動的割り当て:

    可能な場合は Professional アクセス権が割り当てられ、不可の場合は、Analyzer Capacity を割り当て可能であれば Analyzer Capacity が割り当てられます。

  • Analyzer アクセス権にのみ有効な動的割り当て:

    可能な場合は Analyzer アクセス権が割り当てられ、不可の場合は、Analyzer Capacity を割り当て可能であれば Analyzer Capacity が割り当てられます。

  • Professional と Analyzer の両方のアクセス権で無効な動的割り当て:

    可能であれば、Analyzer Capacity アクセス権が割り当てられます。

Analyzer アクセス権から Professional アクセス権にアップグレードすることができますが、Professional から Analyzer にダウングレードすることはできません。

新しいライセンス キーに変更すると、すべての割り当てが削除されます。これは、割り当てがテナントではなくライセンスに関連付けられているからです。ただし、古いライセンス キーの使用を再開すれば、割り当てが復元されます。

トークン

トークンを使用してアクセス パスをユーザーに割り当てて、ユーザーが Qlik Sense にアクセスできるようにします。License Enabler File (LEF) により、さまざまなアクセス パスに割り当てることができるトークンの数が決まります。アクセス パスなしのユーザーはアプリにアクセスできません。

注: この Token ライセンスは、既存の Token ライセンスを持つ顧客にのみ付与できます。Qlik Sense

トークンを使用して割り当て可能なアクセス パスには、2 つのタイプがあります。

  • User アクセス パス (ユーザーベース) - 識別された一意のユーザーに割り当てられ、割り当てられたユーザーは、アプリ、ストリーム、その他のリソースに無制限にアクセスできます。

  • Login アクセス パス (キャパシティベース) - 頻度の低いアクセスまたは匿名アクセス用に、一連のパスをグループに割り当てます。限られた期間にフル アクセスを許可します。

トークンを割り当てると、利用可能なトークンの数が減ります。各アクセス タイプは特定数のトークンを使用し、トークンの残数がゼロになるか不足すると、そのアクセス タイプに割り当てられなくなります。トークンの使用数を減らして、 異なる方法でトークンを使用することができます。Qlik Sense サイトのトークンの数は、新しいライセンスをアクティブにすることで、増やしたり減らしたりできます。

アクセス パスおよびトークン使用数モデルの詳細については、「ライセンスの管理」を参照してください。

コアベースのサイト

Qlik Sense Enterprise コアベースのサイトは、ソフトウェアが動作する CPU コアの数に基づいてライセンスが付与されます。このライセンスは License Enabler File (LEF) を使用して管理され、Qlik associative engine およびそのコンポーネントが動作できるコアの最大数を制限します。コアとは、プロセッサまたは CPU 内の単一の処理ユニットを意味し、物理か仮想にかかわらず、vCPU または仮想コードを含んでおり、一度に 1 つのソフトウェア スレッドを実行することができます。