メイン コンテンツをスキップする

機密性

Qlik Sense は、TLS でネットワーク接続を暗号化し、Qlik Sense ノード上のコンテンツを保護するためにオペレーティング システムのファイル システムとサーバー アクセス制御を利用し、オペレーティング システム コントロールを使用してメモリを保護し、アプリケーション アクセスをリソース レベルで保護し、機密情報 (パスワードやデータ接続の文字列など) を暗号化し、データ削減を使用してアプリ データを保護することで、機密性を守ります。

Qlik Sense は以下の方法で機密性をサポートしています。

  • ネットワークは暗号化のために Transport Layer Security (TLS)、認証用証明書を使用しています。
  • Qlik Sense コンテンツを含むファイル共有およびリポジトリ データベースに保管されている情報は、サーバーのアクセス制御およびファイル システム制御を使用するオペレーティング システムによって保護されています。
  • Qlik Sense のプロセス メモリおよびロードされたデータは、物理サーバーおよびオペレーティング システム コントロールによって保護されています。
  • アプリは、リソース段階でのアクセス制御を使用して、安全を確保しています。
  • 外部データ ソースへのアクセスに使用する機密情報 (例としてはパスワードや接続文字列) は、AES-256 で暗号化して保存されます。

  • アプリのデータは、データ削減とデータの暗号化を使用して保護されています。