メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense 3.1 SR2 以降から Qlik Sense June 2017 以降へのアップグレード

Qlik Sense 3.1 SR2 以降のインストールでローカル システム アカウントを使用してサービスが実行されている場合は、アップグレードの前に、Qlik Sense June 2017 以降へのアップグレード前のサービス ユーザー アカウント (ローカルまたはドメイン) を使用するように変更する必要があります。アップグレード時に、ローカル システム アカウントを使用してサービスを実行し続けると、エラーが発生します。

中央ノードで Qlik Sense サービスを実行するためのユーザー アカウント タイプの変更

次の手順を実行します。

  1. Windows で新しいドメインまたはローカル ユーザー アカウントを作成するか、既存のドメインまたはローカル ユーザー アカウントを使用して、Qlik Sense サービスを実行します。
  2. サービス アカウント ユーザーが管理者権限を持っていない場合、[コンピューターの管理] > [システム ツール] > [ローカル ユーザーとグループ] > [グループ] で、次のグループにそのユーザーを追加する必要があります。

    • Qlik Sense Service Users

    • Performance Monitor Users

    サービス アカウント ユーザーにも、共有フォルダ―へのアクセスが必要です。

  3. [コントロール パネル] を開き、[システムとセキュリティ] > [管理ツール] > [サービス] の順に選択します。
  4. [リポジトリ データベース] 以外のすべてのサービスを停止します。
  5. 専用のサービス アカウントに対する [完全制御] の権限を %ProgramData%\Qlik\Sense フォルダーに与えます。
  6. 管理者として、管理者特権でのコマンド プロンプトを開きます。
  7. Program Files\Qlik\Sense\Proxy フォルダーに移動して、Proxy.exe -bootstrap を実行します。

    Qlik Sense Proxy Service

  8. Program Files\Qlik\Sense\Scheduler フォルダーに移動して、Scheduler.exe -bootstrap を実行します。

    Qlik Sense Scheduler Service

  9. Program Files\Qlik\Sense\Repository フォルダーに移動して、Repository.exe -bootstrap を実行します。

    プライマリまたは中央ノードでユーザー アカウントを変更する場合は、Repository.exe -bootstrap -iscentral を実行します。Repository.exe -bootstrap の実行の前に、Qlik Sense Service Dispatcher が実行されている必要があります。

    Qlik Sense Repository Service

  10. 管理者特権でのコマンド プロンプトを終了します。
  11. 次の手順で、各 Qlik Sense サービス用のログオン資格情報を変更します。
    1. サービスを右クリックして、[Properties (プロパティ)] を選択します。
    2. [Log On (ログオン)] タブを選択し、[This account (このアカウント)] をクリックします。
    3. 専用サービス アカウントの資格情報を入力し、[OK] をクリックします。

    サービス

    注: 管理者権限のあるユーザー アカウントを使用している場合、Qlik Sense Repository Database はローカル システム アカウントで実行し続けてください。このアカウントは変更しないでください。
    注: ただし、設定内容によっては利用できないサービスもあります。
  12. Qlik Sense Service DispatcherQlik Sense Repository Service (QRS) の順に起動します。
  13. その他のQlik Senseサービスを開始します。

共有永続モデルを使用する Qlik Sense 3.1 SR2 以降から Qlik Sense June 2017 以降へのアップグレード

次の手順を実行します。

  1. 展開内のすべてのノードで Qlik Sense サービスを停止します。
  2. Qlik Sense 管理者として設定ファイル (Qlik_Sense_setup.exe) を起動して、セントラル ノードをアップグレードします。
  3. サポートされていない Qlik Sense ルート証明書がセントラル ノードで検出された場合は、アップグレードの一部としてルート証明書を削除する必要があります。ルート証明書の削除を選択しないと、アップグレードを続行できません。

    [証明書の削除] を選択し、[次へ] をクリックします。

    警告: [証明書の削除] を選択して [次へ] をクリックすると、このノードから Qlik Sense ルート証明書が削除されます。証明書は、アップグレード後に自動的に再作成されます。

    続行する前に、Qlik Sense の展開をバックアップしたことを確認してください

  4. [アップグレード] を選択して、既存の共有持続性の展開をアップグレードします。
  5. ライセンス使用許諾に同意し、[次へ] をクリックします。
  6. [サービス資格情報] ページで、Windows Qlik Sense サービス ユーザー アカウントの [ユーザー名] および [パスワード] を入力します。

    ユーザーがドメインのメンバーである場合、サービス アカウントに <ドメイン>\<ユーザー名> と入力します。詳しくは、 ユーザー アカウント」を参照してください。

  7. 設定時にデスクトップのショートカットを作成し、設定の完了時に自動的に Qlik Sense サービスを起動するには、[アップグレード準備完了] ページで該当するチェック ボックスを選択し、[アップグレード] をクリックします。
  8. すべての Qlik Sense サービスが正常に起動されていることを確認します。
  9. Qlik Management Console の [Apps] (アプリ) の概要ページをご確認ください。移行が必要なアプリの [移行] 列に [要移行] というテキストが表示されます。アプリの移行 を参照してください

  10. Qlik Sense クラスター内のすべてのノードに該当する上記のステップに従って、残りのノードをアップグレードします。

    サポートされていない Qlik Sense ルート証明書が非セントラル ノードで検出された場合は、アップグレードの一部としてすべての Qlik Sense 証明書を削除する必要があります。

    警告: [証明書の削除] を選択して [次へ] をクリックすると、このノードからすべての Qlik Sense 証明書が削除されます。次の手順の説明に従って、証明書を手動で再配布する必要があります。

    セントラル ノードがアップグレード済みであることを確認します。

  11. 前の手順の説明に従って Qlik Sense 証明書を削除した場合は、設定に応じて次の 2 つの手順のいずれかを実行します。

    • Qlik Sense サービスを実行しているアカウントには管理者権限があります:

      1. Qlik Management Console (QMC) を開き、[証明書の再配布] に従って証明書を再配布します。

      2. ノード上のすべてのサービスを再起動し、それらが新しく配布された証明書を使用していることを確認します。
    • Qlik Sense サービスを実行しているアカウントに管理者権限がありません:

      1. コマンド プロンプトで、インストールされた場所、つまり Program Files\Qlik\Sense\Repository に移動し、Repository.exe -bootstrap コマンドを実行します。
      2. 証明書のインストールを待機しています。」というメッセージが表示されたら、[証明書の再配布] に従って証明書を再配布します。
      3. ブートストラップ モードが終了したら、Qlik Sense Service Dispatcher を起動してから、Qlik Sense Repository Service (QRS) を起動し、最後に残りの Qlik Sense サービスを起動します。
  12. 注: PostgreSQL データベースに対して行うカスタム手動構成は、アップグレード後に手動で複製する必要があります。