メイン コンテンツをスキップする

アプリの公開

このページ上

アプリの公開

手順

Qlik Sense は以下の手順を実行します。

  1. アプリがセッション アプリかどうかを確認します。セッション アプリの場合、公開には対応していません。 セッション アプリは Qlik Sense Engine Service (QES) メモリにのみ存在し、どのファイルにもリンクしていません。
  2. オブジェクトをリポジトリ データベースに保存します。
  3. Qlik Sense Repository Service (QRS) にアプリを公開するように要求します。

成功

成功した場合は、ログ エントリが手順全体で次のファイルに書き込まれます。

  • <MachineName>_AuditActivity_Engine.txt

エラー

アクセスが拒否されました

説明 Command=Publish app;Result=8;ResultText=Error: アクセスが拒否されました
メッセージ オブジェクトを保存できませんでした
アクション アプリを公開する前に、公開操作で必要なオブジェクトをフラッシュできなかった場合は、ディスクが書き込み禁止になっていないかを確認します。

REST 接続に失敗しました

説明 Command=Publish app;Result=18;ResultText=Error: Rest 接続に失敗しました
メッセージ REST クライアント応答エラー
アクション QRS から応答がないため、実行を停止しているかどうか、またはリクエストを処理できないかどうかを確認します。