メイン コンテンツをスキップする

テーブル ビューでのカスタム フィルターの管理

カスタム フィルターを使用すると、操作するコンテンツを簡単に見つけることができます。例えば、特定のタスク セットを毎日見る必要がある場合があります。タスクをフィルターし、テーブル ビューをカスタム フィルターとして保存します。次回は、カスタム フィルターを使用して、タスクのセットに直接移動します。

次の設定をカスタム フィルターに保存できます。

  • 検索フィルター
  • 列フィルター
  • ソート順
  • ソート列
  • 列の定義 (表示する列と列の幅)

リソース概要ページの [カスタム フィルター] メニューから、すべてのリソースのカスタム フィルターを作成および管理します。基本的なリソースについては、QMC スタート ページで直接カスタム フィルターを選択することもできます。

事前定義のカスタム フィルター

タスク、アプリ、アプリ オブジェクトの概要表には、事前定義のカスタム フィルターがあります。これらは番号記号 (#) で示されます。

  • #マイ アプリ#マイ アプリ オブジェクト#マイ ストリームには、所有しているオブジェクトが表示されます。

  • #マイ タスクには、所有しているアプリに関連付けられているタスクが表示されます。

  • タスクの概要には、ストリームごとに 1 つのカスタム フィルターがあります。それらは、そのストリームに公開されているアプリに接続されているタスクを示します。

定義済みのカスタム フィルターには、列レイアウトの設定はありません。フィルターとソート順のみを定義します。特定のレイアウトを保存する場合は、事前定義のカスタム フィルターを更新します。

事前定義のカスタム フィルターは削除できますが、ブラウザーを更新すると再作成されます。

カスタム フィルターの適用

カスタム フィルターを適用すると、カスタム フィルター アイコンが強調表示されます。現在適用されているカスタム フィルターの [カスタム フィルター] メニューにチェック マークがあります。これは、テーブルに変更を加えるとリセットされます。

適用するカスタム フィルターにフィルターが含まれている場合、テーブル データのサブセットのみがロードされます。

次の手順を実行します。

  1. リソースの概要ページで、 Bookmarksクリックして [カスタム フィルター] メニューを開きます。
  2. 適用するカスタム フィルターの横にある [使用] をクリックします。

    ヒント: 基本的なリソースについては、QMC スタート ページでカスタム フィルターを選択できます。

カスタム フィルターの作成

現在のテーブル ビューのカスタム フィルターを作成できます。

次の手順を実行します。

  1. リソース概要ページに移動します。
  2. フィルター、ソート、または列の調整を行って、カスタム フィルターに保存します。
  3. クリックして Bookmarks[カスタム フィルター] メニューを開きます。
  4. 新しいカスタム フィルターの名前を入力し、説明を追加します。
  5. クリック Add bookmark.

カスタム フィルターの削除

次の手順を実行します。

  1. リソース概要ページで、クリックして Bookmarks[カスタム フィルター] メニューを開きます。
  2. 削除するカスタム フィルターの横をクリック Delete bookmarkします。

カスタム フィルターの更新

カスタム フィルターは、現在のレイアウト、フィルター、ソート順で更新できます。

次の手順を実行します。

  1. リソース概要ページで、クリックして Bookmarks[カスタム フィルター] メニューを開きます。
  2. 更新するカスタム フィルターの横にある [更新] をクリックします。