メイン コンテンツをスキップする

ユーザーの管理者ロールの管理

このページ上

ユーザーの管理者ロールの管理

Qlik Sense ユーザー プロパティはユーザー ディレクトリから取得され、QMC では編集できません。しかし、ユーザーに対し管理者ロールの割り当て、削除、変更を行うことができます。

QMCは、ユーザー ロール定義での変更を 20 秒ごとに探します。
ヒント: [ストリーム] の概要からストリームにアクセス権を持つユーザーを編集できます。ストリームを選択し、プロパティ グループから [ユーザー] をクリックして、ユーザー (複数可) を選択して、[編集] をクリックします。

次の手順を実行します。

  1. QMC を開く:https://<QPS サーバー名>/qmc

  2. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] S ドロップダウン メニューから [ユーザー] を選択して、概要を表示します。

  3. 管理者ロールを停止または変更したいユーザーを選択します。
  4. アクション バーで [編集] をクリックします。

    [User edit] プロパティ ページが開きます。

  5. [Properties] で [Identification] を選択します。

  6. [管理者ロール] 属性のPをクリックして、表示されるテキスト ボックスに紐付けしたい管理者ロールの名前を入力するか、停止させたいロールのテキスト ボックスでEをクリックします。

    [Admin roles] テキスト フィールドは、大文字と小文字の区別をします。QMC は、入力内容に沿ってロールを提案します。ロールの 1 つを選択します。
    注: Qlik Senseの場合と同様、ユーザーは、QMCのリソースへのアクセス権を持っていない場合には、QMCインターフェースからそのリソースにアクセスすることができません。たとえば、ユーザーのロールを RootAdmin から DeploymentAdmin に変更すると、そのユーザーはQMCのアプリやシート、ストリーム、データ接続ページなどにアクセス不能になります。
    注: [削除が禁止] されている RootAdmin ユーザーの管理者ロールを変更することはできません。ロールを変更するには、まず最初に [削除禁止] 設定をクリアする必要があります。
  7. アクション バーで [適用] をクリックし、変更内容を保存します。

注: QMC で利用可能なリソースの中には、機密情報が非特権ユーザーに開示されるのを防ぐために、追加のセキュリティが設定されているものもあります。QMC にカスタム管理者ロールを定義する場合、管理者は、これらのロールに割り当てられたユーザーに適切なセキュリティ ルールが設定されていることを確認する必要があります。例:QMC監査セクションにアクセスするには、UserDirectory_* リソースへの読み取りアクセスが必要です。