メイン コンテンツをスキップする

既定の管理者ロール

このページ上

既定の管理者ロール

QMC では、管理者ロールのセットがあらかじめ定義されています。各ロールには、特定の目的に合わせて調整されたセキュリティ ロールが関連付けられています。RootAdmin はインストール時に作成されます。このロールは、QMCに有効なライセンス キーを最初に入力したユーザーに対して自動的に割り当てられます。RootAdmin には、Qlik Senseのすべてのリソースに対するフル アクセス権が付与されています。

管理権限の表に、デフォルトのQMC管理者ロール、そのロールで管理可能なQMCの部分、付与されてている管理権限の概要を示します。

ヒント: RootAdmin または SecurityAdmin として、目的に沿った新しいロールを作成することができます。
注: QMC での作業に有用なヒントについては、「QMC パフォーマンス – ベスト プラクティス」を参照してください。

管理権限

凡例に、この表に示されてるアクションの説明を示します。

QMC リソース AuditAdmin ContentAdmin DeploymentAdmin SecurityAdmin
Stream_* R CRUDPO R (監視アプリのストリーム) CRUDPO
App* RA CRUDEPAO RUA CRUDEPAO
App.Object* R CRUDPO R (監視アプリ) CRUDPO
DataConnection_* R CRUDO   CRUDO
Extension_* R CRUDO R R
ContentLibrary_* R CRUDO R CRUDO
UserDirectoryConnector* R CRUD CRUD CRUD
ServerNodeConfiguration_* R   CRUD R
Engine* R   CRUD  
Proxy* R   CRUD CRUD
VirtualProxy* R   CRUD CRUD
Repository* R   CRUD  
Scheduler* R   CRUD  
ReloadTask_* R CRUD CRUD  
UserSyncTask_* R CRUD CRUD CRUD
SchemaEvent_* R CRUD CRUD  
CompositeEvent_* R CRUD CRUD  
User* R CRUD CRUD CRUD
SystemRule_* R CRUD CRUD CRUD
CustomProperty* R CRUD CRUD CRUD
License_* R R CRUD R
Tag_* R CRUD CRUD CRUD
FileExtension R CRD   CRD
FileExtensionWhiteList R RU   RU
AnalyticConnection_* R CRUD R CRUD
TermsAcceptance_* R R CRUD R
ServiceStatus_* R   CRUD R
ServiceCluster R   CRUD  
LoadBalancingSelectList R   R  
* (監査ビューのすべて) R      

凡例

次の表に、管理者が実行可能なアクションを示します。

アクション 説明
C:作成 リソースの作成
R:読み取り リソースの読み込み
U:更新プログラム リソースの更新
D:削除 リソースの削除
E:エクスポート アプリのエクスポート
A:データのエクスポート アプリ データのエクスポート
P:公開 リソースをストリームに公開
O:所有者の変更 リソースの所有者の変更
L:役割の変更 ユーザーの役割の変更
B:負荷分散 ノードおよび仮想プロキシの負荷の分散
M:オフラインでアクセス オフラインでアプリにアクセス