メイン コンテンツをスキップする

メール共有の管理

チャートの共有により、Qlik Sense ユーザーは、Qlik Sense ユーザーであるかどうかに関係なく、静的 Qlik Sense チャートを誰とでも共有できます。この機能を有効にすると、ユーザーは Qlik Sense チャートを任意のメール アドレスに送信するオプションを使用できます。

メールの設定とチャートの共有は、管理コンソールの [構成] > [設定] でテナント管理者が管理します。

メール サーバーの概要

管理コンソールの [設定] ページの [メール サーバー] セクションで、メールでコンテンツを共有するための送信メール設定を入力します。

プロパティ 説明

サーバー アドレス (SMTP)

メール通知の送信元のサーバー アドレス (SMTP)。

ポート

メール サーバーのポート番号。

セキュリティ

適切なセキュリティ タイプを選択します。次のいずれか:

  • StartTLS
  • SSL/TLS
  • なし

差出人メール アドレス

メールの送信元のメール アドレス。

[パスワード]

メール アカウントのパスワード。

メール サーバーの作成

メールの送信元のメール サーバーを提供する必要があります。専用のメール サーバーを使用するか、G Suite や Office 365 などの SMTP プロバイダーを使用できます。

次の手順を実行します。

  1. メール通知の送信元のサーバー アドレス (SMTP) を入力します。
  2. メール サーバーのポート番号を入力します。
  3. 適切なセキュリティ タイプを選択します。 
    • StartTLS
    • SSL/TLS
    • なし
  4. メール アドレスを入力してください。
  5. メール パスワードを入力してください。
  6. [テスト] をクリックして、SMTP 設定が正しいかどうかを確認します。
    [次へ] をクリックすると、テスト メールを受信するメール アドレスを入力できるウィンドウが開きます。
    メール サーバーが機能している場合は、次のタイトルが記載されたメールを受信します。Qlik Management Console からのテスト メール。差出人は、上記で入力したメール アドレスになります。
注: G Suite SMTP サーバーのいずれかを使用する場合、OAuth を使用しない場合は常に安全性の低いアプリを有効にする必要があります。Qlik は安全な通信チャネルで認証を行いますが、認証資格情報としてメール アドレスとパスワードを使用します。

メールによる共有

テナント管理者は、ユーザーが静的チャートを他のユーザーとメールで共有できるようにすることができます。

[チャートをメールで共有] が有効になっている場合、ユーザーはチャートを右クリックして [共有] を選択することでチャートを共有できます。この機能が無効になっている場合、このオプションはアプリユーザーには表示されません。