メイン コンテンツをスキップする
お知らせバナーを閉じる

マルチクラウド環境への Qlik Sense Enterprise の展開

Qlik Sense Enterprise マルチクラウド展開により、オンプレミスの Qlik Sense Enterprise とクラウドの Qlik Sense Enterprise の両方で展開が可能になり、ユーザーはアプリをオンプレミスで開発してクラウドからアクセスできるようになります。

マルチクラウド展開の主要なコンポーネントは次のとおりです。

  • Qlik Sense Enterprise on Windows、オンプレミスで展開
  • Qlik Sense Enterprise on Kubernetes は、ユーザーが管理するパブリック クラウドまたはプライベート クラウドのインフラストラクチャに展開します。
  • Qlik Sense Enterprise SaaS は、Qlik が管理するクラウド インフラストラクチャに展開します。

オンプレミスに Qlik Sense Enterprise on Windows をインストールした後、Qlik Sense Enterprise SaaS または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes によるマルチクラウドの構成を選択できます。マルチクラウド環境の構成後、Qlik Sense Enterprise on Windows で作成した Qlik Sense アプリをクラウドで利用できるように配布できます。ユーザーは ID プロバイダーを介して統合され、Qlik Sense Enterprise on Windows ハブ経由の接続かクラウド ハブ経由の接続かにかかわらず、単一のライセンスを利用します。

マルチクラウド展開の特徴は次のとおりです。

  • オンプレミスでの Qlik Sense Enterprise on Windows のインストール
  • 少なくとも次のいずれか:
    • Qlik Sense Enterprise SaaS.
    • ユーザーが管理するクラウド インフラストラクチャ上に インストールした Qlik Sense Enterprise on Kubernetes
  • オンプレミスとクラウド間のユーザー認証を統合するための OIDC と SAML に対応する ID プロバイダー

マルチクラウド展開を検討すべきユーザー:

  • オンプレミスで Qlik Sense Enterprise on Windows を実行しており、クラウドに拡張したい
  • Windows 環境でアプリを開発しており、自身の Windows 環境にアクセスできないユーザーにアプリを利用してもらいたい
  • クラウド リソースを使用して、アプリを利用するユーザーの数を増やしたい
  • クラウドでアプリを利用するユーザーのグループ向けに配布ポリシーを設定したい