メイン コンテンツをスキップする
AppConfig による Qlik Sense Mobile Client Managed のカスタマイズ

このページ上

AppConfig による Qlik Sense Mobile Client Managed のカスタマイズ

Enterprise Mobile Management (EMM) 環境で Qlik Sense Mobile Client Managed を管理する場合、AppConfig ファイルを編集してユーザーの Qlik Sense Mobile Client Managed エクスペリエンスをカスタマイズできます。

AppConfig は .json または .xml 構成ファイルであり、Mobile Device Manager システムを使用して編集できます。AppConfig ファイルを編集することによって、例えば、Qlik Sense Mobile Client Managed の起動時に表示される既定のストリームを変更したり、デモ サーバーを非表示にしたり、マッシュアップをランディング ページとして設定したりすることができます。AppConfig ファイルを変更する方法は、使用している Mobile Device Manager に応じて異なる場合があります。

AppConfig における構成可能な設定

AppConfig ファイルにおける構成可能な設定は次の通りです。

設定

Type: オブジェクト

設定オブジェクトには次のプロパティがあります:

hideDemoServer

Type: ブール値

true に設定すると、デモ サーバーはアカウント リストから非表示になります。

hideAnalytics

Type: ブール値

true に設定した場合、分析は表示されず、Qlik に送信されることもありません。

false に設定した場合、エンド ユーザーは分析を Qlik に送信することを選択できます。

useBundledResources

Type: ブール値

true に設定した場合、アプリをオンラインで消費する際に アプリを含むビジュアライゼーション クライアントが有効になり、アプリのオンラインでの消費がより効率的になります。 Qlik Sense Mobile Client Managedオフラインでアプリを消費する際は、ビジュアライゼーション クライアントが既定で使用されます。

既定ではこの設定は存在せず、無効となっています。有効化するには、手動で AppConfig に追加し、true に設定する必要があります。

互換性の理由から、この設定を有効にする場合は同じバージョンの Qlik Sense Enterprise および Qlik Sense Mobile Client Managed を使用してください。

アカウント

Type: オブジェクト

Accounts オブジェクトは、JSON 形式のアカウントのリストです。各アイテムには、ユーザーに対して表示される名前、およびユーザーの認証に使用される URL が含まれています。この値の形式は次のとおりです。

{"name":"Account 1","url":"http://www.hub-A.com"}, {"name":"Account 2","url":"http://www.hub-B.com"}

Accounts オブジェクトには次のプロパティがあります:

名前

値の種類: 文字列

これらの設定を適用するアカウントの名前。

URL

値の種類: 文字列

Qlik Sense ハブへの URL。

config

Type: オブジェクト

config オブジェクトには次のプロパティがあります:

  • DefaultStream

    値の種類: 文字列

    Qlik Sense ハブのロード時に選択される既定のストリームを変更します。

  • LandingPage

    値の種類: 文字列

    ユーザーが正常に Qlik Sense にアクセスしたときにハブの代わりにロードされる、マッシュアップなどのリソースへのパス。

  • AADAppId

    値の種類: 文字列

    Microsoft Azure シングル サイン オンで使用されます。このキーの値は、QSM Azure Active Directory アプリ登録のアプリケーション ID/クライアント ID と等しい文字列です。

AppConfig の例

{
    "Settings":{
        "hideDemoServer": true,
        "hideAnalytics": true,
        "useBundledResources": true
    },
    "Accounts":[
        {
        "name":"Everyone account",
        "url":"https://acme.com/vprefix",
        "config": {
            "DefaultStream": "Everyone",
            "AADAppId": "95c232bc-5ab2-4954-8640-2a865eeb8597"
        }
        },
        {
        "name":"Mashup account",
        "url":"https://acme.com/vprefix",
        "config": {
            "DefaultStream": "mashups",
            "LandingPage": "/extensions/LandingPageMashup/LandingPageMashup.html"
        }
        }
    ]
}

ランディング ページとしてのマッシュアップの設定

AppConfig ファイルを編集して、Qlik Sense にアクセスするユーザーのランディング ページとして、マシュアップ ストリームを設定します。

[Configuration Value] 項目に、次の値を入力します。

{
    "name":"Mashup account",
    "url":"https://acme.com/vprefix",
    "config": {
        "DefaultStream": "mashups",
        "LandingPage": "/extensions/LandingPageMashup/LandingPageMashup.html"
    }
}

ここで、

  • 「マッシュアップ アカウント」および「https://acme.com/vprefix」は、これらの設定が適用されるアカウントおよび Sense ハブです。
  • 「/extensions/LandingPageMashup/LandingPageMashup.html」は、ランディング ページとして使用されるマッシュアップへのパスです。
  • 「マッシュアップ」は、Qlik Sense にアクセスするときにロードされる既定のストリームの ID です。