メイン コンテンツをスキップする

コンバータ

log4net.Layout.PatternLayout およびいくつかのカスタム コンバーターは、QSRollingFileAppenderに基づいてログの行を書式設定するために使用されます。

  • Qlik.Sense.Logging.log4net.Layout.Pattern.CounterPatternConverter: ログの行にシーケンス番号を追加します。パラメーター:
    • 整数: リセット前のシーケンスの最後の番号。
  • Qlik.Sense.Logging.log4net.Layout.Pattern.Iso8601TimeOffsetPatternConverter: ログの行にタイムスタンプを追加します (ISO 8601 形式でタイム オフセットを伴うローカル タイム)。
  • Qlik.Sense.Logging.log4net.Layout.Pattern.HostNamePatternConverter: ログの行にホスト名を追加します。
  • Qlik.Sense.Logging.log4net.Layout.Pattern.GuidPatternConverter: ログの行に GUID を追加します。
  • Qlik.Sense.Logging.log4net.Layout.Pattern.ServiceUserNameCachedPatternConverter: ログの行にユーザー名を追加します。
  • Qlik.Sense.Logging.log4net.Layout.Pattern.EncodedMessagePatternConverter: ログの行にエンコードされたメッセージを追加します。
  • Qlik.Sense.Logging.log4net.Layout.Pattern.EncodedExceptionPatternConverter: ログの行に記録された例外に関する情報を追加します。パラメーター (以下のいずれか):
    • MESSAGE: 記録された例外のメッセージ。
    • INNERMOSTMESSAGE: 記録された例外の一番内側のメッセージ。
    • SOURCE: 例外のソース (アプリ名あるいはエラーを引き起こしたオブジェクト名)。
    • STACKTRACE: 例外のスタック トレース。
    • TARGETSITE: 例外のターゲット サイト (つまり、現在の例外をスローする方法のこと)。
    • HELPLINK: 例外に関連するヘルプ ファイルへのリンク。