メイン コンテンツをスキップする

Slack の通信チャネルの構成

Microsoft Azure Bot を作成したら、Slack チャネルを有効にできます。これにより、自然言語クエリを使用して Slack から直接 Qlik Sense データをクエリできます。

注: 開始する前に、メモ帳を開いて、構成を完了するために必要なユーザー名、パスワード、ID、トークンを記録することをお勧めします。このセクションをメモ帳の下部に追加します。

====Slack details====
Slack bot URL =					
Bot User OAuth Access Token =
Client ID =
Client Secret =
Signing secret = 
===================================
===================================
				

Slack アプリの作成

注: Slack API を使用するには、Slack 管理者権限が必要です。
  1. [Slack API] に移動します。

  2. 上部のナビゲーション バーで、[アプリ] をクリックします。

  3. [アプリを作成] をクリックします。

    Slack API navigation menu

  4. [アプリ名] を入力し、[開発 Slack ワークスペース] を選択して、[アプリを作成] をクリックします。

リダイレクト URL の追加

  1. 左側のメニューの [機能] で、[OAuth と権限] を選択します。

  2. [新しいリダイレクト URL を追加] をクリックします。

  3. https://slack.botframework.com と入力し、[追加] をクリックします。

    Slack API OAuth path with redirect URL field

  4. [URL を保存] をクリックします。

  5. [スコープ] セクションまで下にスクロールします。次の [ボット トークン スコープ] を追加します。

    Slack API scopes, showing channels:history channels:read chat:write files:read files:write groups:history groups:read im:history mpim:history users.profile:read users:read

Slack ボット ユーザーの作成

  1. 左側のメニューの [機能] で、[アプリのホーム] をクリックします。

  2. [ボットを常にオンラインとして表示] をオンに切り替えます。

    The Slack API App home page, showing the toggle for keep bot online

    注: このセクションでは、表示名と既定名を確認または編集します。

Slack ボット イベントのサブスクライブ

  1. 左側のメニューの [機能] で、[イベント サブスクリプション] をクリックします。

  2. [イベントを有効化] をオンに切り替えます。

  3. [リクエスト URL] 項目に、 メモ帳に保存した Azure Bot URL を入力します。

    注: URL は https://slack.botframework.com/api/Events/{Bot handle} である必要があります。ここで、{bot handle} は Azure Bot ハンドルです。
  4. 下にスクロールして [ボット イベントのサブスクライブ] を選択し、次のユーザー イベントを追加して、[保存] をクリックします。

    • member_joined_channel

    • member_left_channel

    • message.channels

    • message.groups

    • message.im

    • message.mpim

インタラクティブ コンポーネントの構成

  1. 左側のメニューの [機能] で、[インタラクティブ コンポーネント] を選択します。

  2. [インタラクティブ] 機能を切り替えます。

  3. [リクエスト URL] 項目に https://slack.botframework.com/api/Actions と入力し、[変更を保存] をクリックします。

アプリケーションのインストール

  1. 左側のメニューの [設定] で、[アプリのインストール] を選択します。

  2. [アプリをワークスペースにインストール] をクリックします。

  3. 開いた権限要求ウィンドウで、[許可] をクリックします。

  4. [ボット ユーザーの OAuth アクセス トークン] をコピーします。

    Slack API OAuth tokens window, showing the oauth token and bot user token

    注: OAuth トークンをメモ帳に保存して、後でボット チャネル構成アプリを構成するときに使用します。
  5. 左側のメニューの [設定] で、[基本情報] を選択します。

  6. [アプリの資格情報] まで下にスクロールします。

  7. [クライアント ID]、[クライアント シークレット]、[署名シークレット] をコピーします。

    注: これらをメモ帳に保存します。

Azure での Slack ボットの構成

  1. Microsoft Azure ポータルにログインします。

  2. [リソース グループ] をクリックして、リソースのリストを表示します。

  3. Azure Bot をクリックして構成します。

  4. [ボット管理] で、[チャネル] を選択します。

  5. [その他のチャネル] で、[Slack] を選択します。

    The Azure channels page, showing more channels

  6. [クライアント ID]、[クライアント シークレット]、[署名シークレット] 項目に、前に保存した値を入力し、[保存] をクリックします。

    Azure Slack bot credentials page

  7. 開いた権限要求ウィンドウで、[許可] をクリックします。

通信チャネルを構成したので、Bot チャネル サービスを構成できます。