メイン コンテンツをスキップする

Microsoft Azure Bot Service の作成

仮想プロキシを構成したら、Microsoft Azure Bot Service を作成する必要があります。Bot Service は、ユーザーと外部チャネル間の通信を提供します。

注: 開始する前に、メモ帳を開いて、構成を完了するために必要なユーザー名、パスワード、ID、トークンを記録することをお勧めします。次のテンプレートをメモ帳にコピーします。

====Microsoft Azure Bot Service====
Bot handle =								
MicrosoftAppId =
MicrosoftAppPassword = 
===================================
===================================

次の手順を実行します。

  1. Microsoft Azure ポータルにログインします。

  2. 検索バーに「Bot Service」と入力します。[サービス] で、[Bot Service] を選択します。

    Azure search bar for bot services

  3. [ボット サービスを作成] をクリックするか、[追加] ボタンをクリックします。

  4. [ボット チャネル登録] を選択します。

  5. [作成] をクリックします。

  6. 次のパラメータを使用して Azure Bot を作成します。

    パラメータ
    Bot ハンドル 一意の名前を入力してください。
    サブスクリプション

    サブスクリプションを選択します。

    リソース グループ リソース グループを選択します。
    場所 リソース グループと同じ場所を選択します。
    価格帯 適切な価格帯を選択します。
    メッセージング エンドポイント ポートとメッセージング エンドポイントを含む、Qlik Sense 中央ノード サーバーへの URL を入力します。例: https://qliksense.domain.com:4954/api/messages
    アプリの Insights [オフ] を選択します。
    注: 既定の [自動作成アプリ ID とパスワード] のままにしておくことができます。

    終了したら、[作成] をクリックします。

  7. Azure bot が展開されたら、リソース グループ ページに戻ります。

  8. リソースをクリックして、[Bot チャネル登録] ページを開きます。

  9. 左側のメニューで、[設定] をクリックします。

  10. [Bot プロファイル] ページから、Bot ハンドルMicrosoft アプリ ID をメモ帳にコピーします。

    Azue bot channels service bot profile settings page.

  11. [Microsoft App ID] の横にある [管理] をクリックします。[証明書とシークレット] ページが開きます。

  12. [新しいクライアント シークレット] をクリックします。

  13. 説明を追加して有効期限を選択し、[追加] をクリックします。

    Creating a client secret for bot service
  14. [MicrosoftAppPassword] (クライアント シークレット) をメモ帳にコピーします。

これで、Azure Bot で通信チャネルを構成する準備が整いました。