メイン コンテンツをスキップする

リソース概要ページ

このページ上

リソース概要ページ

スタート ページでリソースを選択すると、リソース概要が表示されます。 概要では、既定のアイテムのセット数が表示されます。さらに多くのアイテムを表示するためには、リストの最後までスクロールして、[Show more (詳細を表示)] をクリックします。アイテムの検索や並べ替え、フィルタリングは、表示中のアイテムだけでなく、常にアイテムの全データベースのリスト上で実行されます。

既定では [overview] ページには最も一般的に使用される列が表示されます。列セレクターで列を追加したり、削除できます。テーブルのヘッダー バーで、Table をクリックして列セレクターを開きます。[アクション] メニューでは、フィルターや検索をクリアしたり、すべての行を選択/選択解除したり、折り返しを切り替えたりできます。

Apps overview page

アプリ概要ページ
アプリ概要ページの凡例の説明
凡例の文字 説明
ライン番号の隣にある

列見出しをクリックして、その列を昇順Arrow downまたは降順Arrow upに並べ替えます。

並び替えの横の Filter をクリックして、列のフィルタ ダイアログを表示します。 フィルターする文字列を入力するか、利用可能な場合は組込み値を選択します。フィルター条件に一致した行が表示されます。検索を絞り込むために、同時に複数の列でフィルターを使用できます。フィルターが列に適用されると、Filter container が表示されます。条件を削除するには、テーブル ヘッダー バーで [Actions] をクリックして、[Clear filters and search] を選択します。

B

テーブルのヘッダーには、現在のデータ セットのステータスの概要が表示されます。

[Total] には、リソースの総数が表示されます。

[Showing] には、現在表示されているリソースの数が表示されます。

[Selected] には、選択したリソースの数が表示されます。

C

フィルターと検索を消去したり、すべての行を選択または選択解除したり、折り返しを切り替えるオプション。

注: オプション [Select all rows] は現在表示されている行に適用されています。すべての行を選択する前にフィルターが適用されている行は、選択されていても無視されます。オプション [Deselect all rows] はフィルターが適用された行を含むすべての行に適用されています。

Table をクリックして [列セレクター] を開きます。ここでは概要に表示する列を選択できます。Undo をクリックすると既定の列にリセットされます。

Bookmarks をクリックして [カスタム フィルター] メニューを開き、カスタム フィルターを選択、作成、削除できます。カスタム フィルターが適用されると、ボタンが強調表示されます。

Refresh をクリックしてテーブルのデータを更新します。データに変更があった場合は、 ボタンが強調表示されます。

D

QMC のコンテンツを効率よく検索して管理できるように、タグを作成してリソースに適用することができます。

E

ページ最下部のアクション バーには、選択したリソースのタイプに応じて異なる操作ボタンが含まれます。 例えば、概要でアプリを選択して、[編集] をクリックし、[アプリの編集] ページを開きます。

選択したアイテムに対する更新権限を持っていない場合、[Edit] は [View] に置き換わります。

選択したアイテムに対する削除権限を持っていない場合、[Delete (削除)] は無効となります。 リソースが削除されると、そのリソースに関連付けられている負荷分散ルールとセキュリティ ルールはすべて自動的に削除されます。

F

アクション バーの Create new をクリックして、リソースのインスタンスを新規に作成します。

この例では、Create new [インポート] をクリックすると、[アプリのインポート] ダイアログが開きます。

注: 新しい行がテーブルの下部に追加されます。これは、ソート順がキャッシュに保存されるためです。ソートまたはフィルターを使用してテーブル全体のリロードをトリガーします。

選択

以前に行った選択は、リソース概要を表示している間は、それを選択した後に別のリソース タイプで作業を行っていた場合でもアクティブです。

概要でアイテムをダブルクリックすると、リソースの編集ページが開きます。複数選択するには、[Ctrl] キーを押しながら、アイテムをクリックするか、アイテムの上をドラッグします。