メイン コンテンツをスキップする

Qlik SenseQlikView の比較

このトピックでは、Qlik Sense Enterprise on WindowsQlikView の主な類似点と相違点について説明します。

コンテンツ Qlik Management Console

Qlik Management Console (QMC) は、Qlik SenseQlikView の両方ですべての管理の中心的な場所です。QMC は、QlikView と比較して Qlik Sense では編成が異なります。Qlik Sense QMC の使い方を見つけるには、 でのナビゲーションQMC を参照してください。

データベース リポジトリ

2 つの製品のアーキテクチャには違いがあります。QlikView はファイル システムに依存しています。すべての構成がファイルにあります。一方、Qlik Sense はリポジトリ データベースに基づいており、構成設定はリポジトリに存在します。

リポジトリ データベースは、ファイル共有のバイナリ ファイルへのパスを含む、Qlik Sense アプリのメタデータを持つ PostgreSQL データベースです。Qlik Sense アーキテクチャの詳細については、Qlik Sense Enterprise on Windows のアーキテクチャ を参照してください。

Qlik Sense Repository Service (QRS) は、持続性、ライセンス、セキュリティ、サービス構成データを管理します。QRS は、その他すべての Qlik Sense サービスで必要です。詳細については、「サービス」を参照してください。

プロキシと仮想プロキシ

QlikView では、QlikView Web Server または Microsoft IIS がサイトの認証やセッションの取り扱い、負荷分散を管理します。Qlik Sense では、これは Qlik Sense Proxy Service によって処理されます。

Qlik Sense では、仮想プロキシを使用して、認証、セッションの取り扱い、同じ物理サーバーの負荷分散の複数の設定を処理できます。1 つの構成を持つ代わりに、仮想プロキシを使用して必要に応じてサーバー数を減らすことができます。詳細については、「仮想プロキシの作成」を参照してください。

アプリの配布

QlikView ドキュメントと Qlik Sense アプリのアーキテクチャは似ています。ドキュメントもアプリも、分析用のデータを表示するために使用されるコンテナ オブジェクトです。これらには、データ接続、ロード スクリプト、データ モデル、シート、チャート、変数などを含めることができます。

このトピックでは、注意書きがない限り、ドキュメントとアプリの総称として「アプリ」という用語を使用します。

Qlik Sense では、公開済みアプリはストリームで整理されます。ストリームを利用すると、ユーザーはアプリ、シート、ストーリーを読み取ったり公開したりできます。ストリームは、QlikView のユーザー ドキュメント フォルダーに相当します。Qlik Sense ハブと QMC からストリームにアプリを作成して公開できます。QMC からアプリを複製、リロード、インポート、エクスポートまたは削除することもできます。アプリ、ストリーム、ユーザーに適用されるセキュリティ ルールによって、コンテンツにアクセスできるユーザーおよびそのユーザーが実行できる内容が決まります。QMC リソース概要 のアプリとストリームの詳細をご覧ください。

QlikView では、QlikView Publisher コンポーネントがアプリケーションのリロードと公開を処理します。Qlik Sense では、エンジンで処理されるため、別個の公開者コンポーネントはありません。Qlik Sense のスケジューラーはリロード タスクを管理します。アプリの公開とリロードの詳細については、「 アプリの管理」を参照してください。

セキュリティ管理

Qlik SenseQlikView の主な違いは、アクセス権の管理方法です。QlikView では、ドキュメントの権限としてセキュリティを構成します。Qlik Sense は、セキュリティ ルールの新しい概念を紹介します。

Qlik Sense のセキュリティは、主に QMC で定義された一連のルールに基づいています。セキュリティ ルールは属性ベースであり、数式を使用してリソースへのユーザー アクセスを評価します。カスタム ルールを作成して、QMC のストリーム、アプリ、さらにはセクションへのアクセスをユーザーとグループに与えることができます。詳細については、「アクセス制御の設計」を参照してください。

セキュリティ ルールは非常に細かく複雑にすることができますが、QMC の負荷を増やすこともできます。最適なパフォーマンスを維持するには、QMC パフォーマンス – ベスト プラクティス のベスト プラクティスに従います。

例: ドキュメント管理者の構成

QlikView では、QlikView 管理者 Windows グループに属していないユーザーにタスクの作成とタスクの管理を委任できます。適切なソース ドキュメント フォルダー内のコンテンツへのアクセスのみをユーザーに許可できます。

Qlik Sense の同等の機能は、各部門に管理者を配置することです。各管理者には、その部門に属するユーザーが作成したコンテンツへの完全なアクセス権が付与されます。部門管理者を設定する方法の詳細については、セキュリティ ルールの例:QMC 組織管理者ロールを作成する を参照してください。

タグ

Qlik Sense では、タグを作成して、ストリームやアプリケーションなどのリソースに適用できます。タグを使用すると、リソースを見つけやすくなり、 のリソース概要ページから効率よく環境を管理できます。QMC詳細については、「タグ」を参照してください。

拡張機能

拡張機能は、例えば、ウィジェット ライブラリ、カスタム テーマ、またはビジュアライゼーション エクステンションです。Qlik Sense QMC では、システムにインストールされているすべての拡張機能の概要を確認できます。詳細については、「拡張機能」を参照してください。

監査

Qlik Sense 監査ツールを使用すると、セキュリティ ルール、負荷分散ルール、ライセンス ルールを監査できます。システムを中断することなく、新規または編集されたセキュリティ ルールの効果をプレビューし、ユーザーまたはグループがアクセスできるものを確認できます。詳しくは「監査」と「アクセス制御の監査」を参照してください。