メイン コンテンツをスキップする

接続を開く

このページ上

接続を開く

手順

Qlik Sense は以下の手順を実行します。

  • Qlik Sense Engine Service (QES) へのソケットを開きます。これは、ユーザーが Qlik Sense でアプリを開くたびに発生します。

成功

成功した場合は、ログ エントリが手順全体で次のファイルに書き込まれます。

  • <MachineName>_AuditActivity_Proxy.txt
  • <MachineName>_Service_Proxy.txt

エラー

Web ソケット接続を開けませんでした

説明 Command=Open connection;Result=400;ResultText=Error: Web ソケット接続を開けませんでした
メッセージ 接続 '<ID of connection>' は、1 つのエラー メッセージを送信するためにストリーム ステートに転送されました
アクション

次の手順に従います。

  1. QES が稼働しているかを確認します。稼働していない場合は、QES を起動します。
  2. QES に接続できることを確認します。

Web 例外: プロトコル エラー: 応答ストリームが存在します

説明 Command=Open connection;Result=400;ResultText=<different from zero>;ResultText=Error: <error message>
メッセージ Web 例外: プロトコル エラー: 応答ストリームが存在します。リモート エンドポイント '{0}' + さまざまな例外メッセージ
アクション

次のことを確認してください。

  • QES が稼働中であること。
  • サーバーのポート 4747 でローカルに QES に接続できること。

Web 例外: プロトコル エラー: 応答ストリームが存在しません

説明 Command=Open connection;Result=400;ResultText=<different from zero>;ResultText=Error: <error message>
メッセージ Web 例外: プロトコル エラー: '{0}' への接続中に応答ストリームが存在しません ' + さまざまな例外メッセージ
アクション

次のことを確認してください。

  • QES が稼働中であること。
  • サーバーのポート 4747 でローカルに QES に接続できること。

サービス URI の接続中の Web 例外

説明 Command=Open connection;Result=400;ResultText=<different from zero>;ResultText=Error: <error message>
メッセージ サービス URI {0} への接続中に Web 例外が発生しました ' + さまざまな例外メッセージ
アクション

URI のサービスが利用できることを確認します。

接続は、1 つのエラー メッセージを送信するためにストリーム ステートに転送されました

説明 Command=Open connection;Result=400;ResultText=<different from zero>;ResultText=Error: <error message>
メッセージ 接続 '{0}' は、1 つのエラー メッセージを送信するためにストリーム ステートに転送されました + さまざまな例外メッセージ
アクション

次のことを確認してください。

  • QES が稼働中であること。
  • サーバーのポート 4747 でローカルに QES に接続できること。

Web ソケット接続を開けませんでした

説明 Command=Open connection;Result=400;ResultText=<different from zero>;ResultText=Error: <error message>
メッセージ Web ソケット接続を開けませんでした
アクション

次のことを確認してください。

  • QES が稼働中であること。
  • サーバーのポート 4747 でローカルに QES に接続できること。