メイン コンテンツをスキップする

洞察アドバイザー の参照元機械学習

洞察アドバイザーは、アプリを分析し、チャートの作成に項目がどのように使用されているかを確認できます。Qlik Precedents Service は、アプリで洞察アドバイザー が開いているときは常にアプリを分析します。このサービスは、チャート内のデータ項目とマスター アイテムの使用状況を調査します。これにより、アプリのデータ モデルに関する集計、軸、およびメジャーを作成する参照元が洞察アドバイザーに伝達されます。未公開アプリでは、洞察アドバイザー は、公開されたアプリやアプリのユーザー フィードバックから学習した参照元を使用できます。

アプリの分析では、項目に含まれるデータは調査されず、データ テーブルと項目名、およびこれらの使用方法のみが調査されます。アプリ分析は、洞察アドバイザー とともに、すべての公開済みアプリで有効化されます。洞察アドバイザー がアプリから参照元を学習しないようにしたい場合は、公開済みアプリで洞察アドバイザー を無効にすることができます。

洞察アドバイザー の無効化については、「Insights を使用した、データからのビジュアライゼーションの作成」を参照してください。