メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes インストール時のオプションの構成

このページ上

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes インストール時のオプションの構成

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes をインストールしたら、不要な構成を作成できますが、必要に応じて価値がある場合があります。

Google Web Risk を使用した汎用リンクの検証

Qlik Sense Enterprise on Kubernetes の汎用リンクについては、Google Web Risk API を使用して、作成、更新、または訪問されたリンクを検証できます。この検証は、既定では無効になっています。検証を有効にするには、webrisk.enabledtrue に設定し、Google Web Risk のライセンスを購入する必要があります。これには、ウェブ リスク設定に追加する apiToken が含まれます。

次の手順を実行します。

  1. Qlik Sense Enterprise on Kubernetes のインストール時に作成したファイル values.yaml を開きます。

  2. 次のコンテンツを追加します:

    ## Webrisk configuration
      ##
      webrisk:
        # toggle Google Web Risk validation of links
        enabled: true
        # API token for Google Web Risk
        apiToken: "<api token>"
  3. Google Web Risk から API トークンを追加します。

  4. 次のコマンドを実行して再展開します:

    helm install -n qliksense qlik/qliksense -f values.yaml