メイン コンテンツをスキップする

アップグレードのトラブルシューティング

このセクションには、Qlik コミュニティで報告された実際のユーザー サポート ケースに基づく一般的な問題と解決策へのリンクが含まれています。アップグレード中に問題が発生した場合、問題のトラブルシューティングを開始するために実行するいくつかのステップがあります。

[トラブルシューティングの概要] セクションから始めて、問題を調査し、ログ ファイルでエラーを見つける方法を学びます。ここでは、アップグレードの問題に対処する可能性のあるトラブルシューティングのトピックもあります。

アップグレードまたはパッチの失敗

アップグレードが完了する前に失敗した場合、いくつかの原因が考えられます。最も一般的な理由は、必要なコンポーネントが欠落していることです。アップグレードするバージョンによっては、続行する前に不足しているコンポーネントを解決する必要がある場合があります。

コンポーネントが不足していることを示す 一般的なエラー メッセージ:

  • このバージョンの Qlik Sense には、マルチ クラウド機能用の「SenseServices」データベースが必要です...

  • このバージョンの Qlik Sense には、マルチ クラウド機能用の「QSMQ」データベースが必要です...

  • このバージョンの Qlik Sense には、ライセンス機能用の「License」データベースが必要です...

この問題を解決する方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。

パッチのアップグレードが失敗した場合の一般的なエラー コード:

QMC とハブへの接続

アップグレードが完了すると、Management Console またはハブに接続できない場合があります。これは、古いバージョンから Qlik Sense November 2017 以降にアップグレードするユーザーに共通の問題です。この問題の最も一般的な理由は、Qlik Sense Repository ServiceQlik Sense November 2017 以降でソフト レコードを削除しないことです。これにより、リポジトリ サービスからの参照が壊れます。この問題を解決する方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。

集中ロギング

ロギング サービスとの通信の問題により、警告または失敗が発生する場合があります。最も一般的な通信の問題は、パスワードや SSL 暗号化が正しくないことです。この問題を解決する方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。

ロギング サービスが失敗した場合の一般的なエラーメッセージ:

  • 一元化されたログの設定に失敗しました。

  • データベース ユーザーを検証できませんでした。

この問題を解決する方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。

ロギング サービスが失敗した場合の一般的なエラー コード:

インストーラー ウィンドウに集中ログの設定がない場合、この問題については、[May 2021 のインストーラーからの集中ログの欠落] を参照してください。

リポジトリ サービスと PostgreSQL データベース

アップグレードの完了後、リポジトリ サービスの開始に失敗する場合があります。この問題の最も一般的な理由は、リポジトリ サービスが誤った情報を渡していることです。この問題を解決する方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。

Windows ユーザー アカウントとサービス資格情報

アップグレードの完了後、Qlik Sense サービスの開始に失敗する場合があります。これは、Microsoft Windows の更新、認証の問題、またはサービスのタイムアウトが原因である可能性があります。この問題を解決する方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。

証明書とライセンス

証明書を使用すると、Qlik Sense 展開内のサービスとノードが相互に通信できます。アップグレード後、個々のノードに問題がある場合、原因は通常、証明書の問題です。この問題を解決する方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。

ウイルス対策ソフトウェア

Qlik Sense は特定のポートへのアクセスを必要とします。ウイルス対策ソフトウェアが必要なポートへの Qlik Sense アクセスを妨げているため、アップグレードが失敗したり、展開に問題が発生したりする可能性があります。この問題を解決する方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。