メイン コンテンツをスキップする

サイレント インストールの実施

サイレント インストールの実行時には、Qlik Sense はダイアログを全く表示しないで、インストールされます。つまり、サイレント インストールを行う際には、機能やプロパティ、ユーザーの選択内容をすべて知っている必要があります。 インストーラのユーザー インターフェースで利用できるすべての設定オプションは、サイレント操作で実行できます。

次の手順を実行します。

  1. [スタート] > [すべてのプログラム] > [アクセサリ] > [コマンド プロンプト] の順に選択します。

    [コマンド プロンプト] のウィンドウが表示されます。

  2. [コマンド プロンプト] のウィンドウで、Qlik_Sense_setup.exe ファイルを含むフォルダーに移動します。

  3. Qlik_Sense_setup.exe」と入力し、適切なサイレント インストールの構文を続けます。

注: なお、未昇格状態のプロセスから実行した場合や UAC が有効になっている場合、昇格が生じる点に注意してください。

構文

Qlik_Sense_setup.exe [-silent] {-log "path\filename"} {layout="path"} {accepteula=1|0}{desktopshortcut=1|0} {skipstartservices=1|0} {installdir="path"} {userwithdomain="domain\user"} {userpassword="password} {dbpassword="password"} {hostname="www.machinename.domain.com"} {sharedpersistenceconfig="configfilepath"} {senddata=1|0} {skipvalidation=1|0} {databasedumpfile="path"}
Qlik_Sense_setup.exe -? または -h 画面上のサイレント セットアップ ヘルプを開きます。

コマンド

-silent (または -s)   UI を使用しないコマンド ラインによる設定 (必須)。
-log (または -l) [パス付きのログ ファイル名]

ログ ファイル ディレクトリおよびログ ファイル名。

注: ユーザーはこのディレクトリへのアクセス権を持つ必要があります。
-layout [保存先ディレクトリ]
ファイル (.msiファイルを含む) を保存先のディレクトリに抽出します。
注: その他のコマンド ラインの引数と組み合わせることはできません。

引数

引数はスペースで区切られ、[Argument]="[Value]" の形式で表示されます。通常、二重引用符 (") は省略できますが、パスにスペースが含まれている場合は必要です。

既定値は、セットアップ ユーザー インターフェースで使用した値になっています。

accepteula 1|0 EULA を承諾します。この引数は省略可能です。
desktopshortcut 1|0 (クリーン インストールではデフォルト値の 1 になります) デスクトップ ショートカットをインストールします。
skipstartservices 1|0 (クリーン インストールではデフォルト値の 0 になります。その他の場合は現行のステートを維持) インストール完了後のサービス開始をスキップするには。
installdir [カスタム インストール ディレクトリへのパス] 既定のインストール ディレクトリを使用しない場合にのみ定義が必要 (%ProgramFiles%\Qlik\Sense)。
userwithdomain [ドメイン\ユーザー名] Qlik Sense サービスの実行に使用するユーザー名。
userpassword [パスワード] サービスの実行に使用するユーザーのパスワード。
dbpassword [パスワード] データベースを実行するユーザーを作成するデータベースのスーパーユーザー用のパスワード。
hostname [セントラル ノードのアドレス] セントラル ノードは、証明書を使用して他のサーバーと安全に通信します。デフォルトを使用する場合は空白にしておきます。
sharedpersistenceconfig (または spc) [構成ファイルへのパス (ファイル名を含む)]

ストレージ メソッドとして、共有持続性のセットアップをアクティブにします。共有持続性のすべての設定が、ここで参照される構成ファイル内に含まれている必要があります。

警告: 正しくインストールするには、このパラメーターを構成する必要があります。

共有持続性構成ファイルの構文

senddata 1|0 匿名で Qlik とシステム データを共有する。
skipvalidation 1|0 インストールまたはアップグレードでは、この値が 1 の場合、サービス ユーザーおよび共有フォルダー アクセスに対して提供されているパスワードの検証をスキップします。サイレント インストールでは、データベース テストもスキップします。
databasedumpfile [データベース ダンプ ファイルへのパス] リポジトリ データベース バックアップ ダンプ ファイルを取得します。
bundleinstall dashboard,visualization ダッシュボードとビジュアライゼーションのバンドルを含めます。
注: 20 文字より長いユーザー名を入力する場合は、UPN 形式にし、完全なドメイン名を含める必要があります。例えば、「longusername@full.domain.name」のように入力します。

Example 1: Qlik Sense のインストール方法

Qlik_Sense_setup.exe -s spc="\\configpath\spc.cfg" userwithdomain=mydomain\myUser userpassword=myPassword dbpassword=mydbpassword

Example 2: インストール ファイルとログ ファイルを別の場所にリダイレクトしながら、Qlik Sense をインストールします。

Qlik_Sense_setup.exe -s -l "c:\mylogpath" spc="\\configpath\spc.cfg" installdir="c:\mycustompath" userwithdomain=mydomain\myUser userpassword=myPassword dbpassword=mydbpassword

共有持続性構成ファイルの構文

sharedpersistenceconfig 引数を使用して共有持続性ストレージ モデルを構成し、インストールで使用する設定が含まれる構成ファイルを参照します。

Example:  

Qlik_Sense_setup.exe -s spc="\\configpath\spc.cfg" userwithdomain=domain\yourserviceuser userpassword=yourserviceuserpassword dbpassword=yoursuperuserpassword

この設定ファイルは XML 形式です。ここで説明する例に従ってファイルを作成する必要があります。

<?xml version="1.0"?> <SharedPersistenceConfiguration xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"> <DbUserName>username</DbUserName> <DbUserPassword>password</DbUserPassword> <DbHost>IP or Hostname</DbHost> <DbPort>4432</DbPort> <RootDir>\\server\share</RootDir> <StaticContentRootDir>\\server\share\StaticContent</StaticContentRootDir> <ArchivedLogsDir>\\server\share\ArchivedLogs</ArchivedLogsDir> <AppsDir>\\server\share\Apps</AppsDir> <CreateCluster>true</CreateCluster> <InstallLocalDb>false</InstallLocalDb> <ConfigureDbListener>true</ConfigureDbListener> <ListenAddresses>*</ListenAddresses> <IpRange>0.0.0.0/0,::/0</IpRange> <MaxConnections>100</MaxConnections> <!--<JoinCluster>true</JoinCluster>--> <ConfigureLogging>true</ConfigureLogging> <SetupLocalLoggingDb>true</SetupLocalLoggingDb> <QLogsWriterPassword>writerpw</QLogsWriterPassword> <QLogsReaderPassword>readerpw</QLogsReaderPassword> <QLogsHostname>ip/hostname</QLogsHostname> <QLogsPort>4432</QLogsPort> </SharedPersistenceConfiguration>

構成ファイルの構文

設定 説明
DbUserName レポジトリ データベース ユーザーのユーザー名。
DbUserPassword レポジトリ データベース ユーザーのパスワード。
DbHost レポジトリ データベースを実行しているマシンのホスト名。
DbPort リポジトリ データベースと通信するために使用されるポート。
RootDir コンテンツ ストレージとして使用するファイル共有のルート ディレクトリ。コンテンツはこのフォルダーのサブ ディレクトリに保持することをお勧めしますが、これは StaticContentRootDir および ArchivedLogsDir の設定で変更することができます。
AppsDir アプリを格納するディレクトリ。
StaticContentRootDir サイトのすべての静的コンテンツのためのルート ディレクトリ。
ArchivedLogsDir アーカイブされたログ ファイルを保存するディレクトリ。
CreateCluster

JoinCluster

新しいクラスターを作成する場合は CreateClustertrue に設定し、既存のクラスターを結合する場合は JoinClustertrue に設定します。構成ファイルでは、これらの設定のいずれかのみを使用できます。もう一方の設定は、削除するか、または <!--<JoinCluster>true</JoinCluster>--> のようにコメント アウトする必要があります。
InstallLocalDb 新しいクラスターの作成時に、ローカルの PostgreSQL データベースをノードにインストールする場合は、true に設定します。この設定は、CreateCluster 設定と併せて使用する場合にのみ使用可能です。
ConfigureDbListener

Qlik Sense がインストールする PostgreSQL データベースを構成して、他のノードからのデータベース接続を待ち受けるようにする場合は、true に設定します。

ListenAddresses および IpRange の設定を行う必要があります。

ListenAddresses

データベース サービスの待ち受けアドレス。

指定できるのは、コンマ区切りの IPv4 または IPv6 アドレスのリスト、「0.0.0.0」(すべての IPv4 アドレス用)、「::/0」(すべての IPv6 アドレス用)、「*」(すべてのアドレス用) です。

IpRange サイト内のすべてのノードの IP アドレスを含むサブネット指定。アドレスごとにサフィックスとして /32 を使用し、各ノードに 1 行追加するか、または /24 などのサフィックスを使用してすべてのアドレスを含むサブネットを追加しても結構です。すべてのサーバーにリポジトリ データベースへのアクセスを許可するには、0.0.0.0/0 を使用します。複数の IP アドレスを入力する場合は、それぞれをカンマで区切って入力します。範囲は IPv4 と IPv6 のどちらかにすることができます。
MaxConnections データベースへの同時最大接続数を指定します。既定値は 100 です。マルチノードのサイトがある場合は、この値にクラスター内のノード数を乗じます。たとえば、<MaxConnections>100</MaxConnections> はシングル サーバー展開です。
ConfigureLogging 集中データベース ログを設定する場合は、ConfigureLoggingtrue に設定します。
SetupLocalLoggingDb SetupLocalLoggingDbtrue に設定することは、インストーラの UI で New Logging Database をクリックすることと同じです。新しいログ データベースが Qlik Sense と共にインストールされます。
QLogsWriterPassword qlogs_writer ユーザー アカウントのパスワード。
QLogsReaderPassword qlogs_reader ユーザー アカウントのパスワード。
QLogsHostname ログ データベースのホスト名。SetupLocalLoggingDb が false に設定された場合に、QLogsHostname を設定します。
QLogsPort ログ データベースのポート番号。SetupLocalLoggingDb が false に設定された場合に、QLogsPort を設定します。

サポートが終了したコマンドライン引数

次のコマンド ライン引数はサポートが終了したため、使用を避けてください。

rimnode リポジトリの役割を決定します。
-rimnodetype (または -rnt)

選択したリム ノード タイプに必要なすべての機能をインストールします。ノード タイプは以下のいずれかに指定できます。

CompleteProxyEngineScheduler