メイン コンテンツをスキップする

配布ポリシー - 例

このページ上

配布ポリシー - 例

クラウド実装環境へのアプリの配布方法を決定するための配布ポリシーを作成します。アプリを Qlik Sense Enterprise から Qlik Cloud Services (QCS) または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes (QSEoK) に配布する場合、配布ポリシーは必須です。作成されると、配布ポリシーの基準に適合するすべての公開済みアプリは定義されたターゲットに配布され、変更が加えられる (リロード後など) と自動的に再配布されます。

このトピックでは、配布ポリシーの作成例を示します。

配布ポリシーの作成

QMC で配布ポリシーを作成します。アプリの配布時には、アプリの公開先と、アプリへのアクセス権を有するユーザーを定義することも必要です。その目的で、カスタム プロパティを使用します。それらのプロパティは、QMC でも作成します。

例: さまざまな展開と国にアプリを配布するための配布ポリシー

まず、カスタム プロパティを作成し、次にそれらを配布ポリシーで使用します。

展開と国に関するカスタム プロパティの作成

最初のカスタム プロパティには、国の値が含まれます。このカスタム プロパティにより、アプリを配布するコレクション (国) を定義します。

警告: カスタム プロパティ名は小文字にする必要があります。大文字を使用すると、アプリがコレクションに表示されず、エラー メッセージも表示されません。

次の手順を実行します。

  1. QMC で [カスタム プロパティ] セクションを開きます。

  2. [P 新規作成] をクリックします。

  3. カスタム プロパティに collections という名前を付けます。

  4. [リソース タイプ] で、[アプリ] を選択します。

  5. [] で [P 新規作成] をクリックします。

  6. 値として US と入力します。

  7. Canada、、Norway、Nordics、Germany という値を同様に追加します。Canada, Sweden, Norway, Nordics, Germany.

  8. [適用] をクリックします。

同じ手順に従って、2 つ目のカスタム プロパティを作成します。

次の手順を実行します。

  • deployments というカスタム プロパティを作成し、ElasticCloudService という値を指定します。

    このカスタム プロパティにより、アプリの配布先の展開 (QSEoK または QCS) を定義します。

配布ポリシーで使用できる 2 つのカスタム プロパティが作成されました。

アプリに対するユーザー グループ アクセス権を付与するための追加のカスタム プロパティの作成

警告:

カスタム プロパティ groupswithaccess および userswithaccess を使用してアプリへのアクセスを許可するオプションは、2020 年 2 月の cloud editions of Qlik Sense リリースで廃止になりました。

Qlikは、このリリースの前に個人スペースから共有されているすべてのアプリを共有スペースに移動させるようお勧めします。

配布ポリシーの作成

次の手順を実行します。

  1. QMC で、[配布ポリシー] セクションを開きます。

  2. [P 新規作成] をクリックします。

  3. 配布ポリシーに「DistributeToDeployments」という名前を付けます。

  4. [基本] で、リソース フィルター値が [App_*] になっていて、アクションに [配布] が選択されていることを確認します。

  5. ルール エディターで、[subject] (サブジェクト)、[名前]、[=]、[] の値をそのまま維持します。最後の項目に「resource.@deployments」とだけ追加します。

    [詳細] セクションの [条件] ボックスには、「((subject.name=resource.@deployments))」という文字列が表示されます。これは、次のような意味になります。

    「展開名がアプリのカスタム プロパティに等しい場合、アプリはその展開に配布される」

  6. [Validate rule] (ルールの検証) をクリックします。

    ルールの構文がチェックされ、有効な場合は「確認」のメッセージが表示されます。

  7. [適用] をクリックして、ルールを保存します。

使用中の配布ポリシーのプレゼンテーションについては、「タグを使用してアプリをクラウド ハブに公開」を参照してください。