メイン コンテンツをスキップする

Kubernetes での Qlik Sense Enterprise の最小展開

次の図は、最小の Qlik Sense Enterprise on Kubernetes 展開を示しています。最小展開は最小の Qlik Sense Enterprise on Kubernetes 展開であり、単一のマスター/コントローラー ノードと単一のワーカー ノードを使用した Kubernetes 展開を最も簡単に示しています。

最小の Qlik Sense Enterprise on Kubernetes 展開の特徴は次のとおりです: 

  •  単一のマスター/コントローラー ノード。
  • pod が展開される単一のワーカー ノード。
  • マスター/コントローラーとワーカー ノードの両方が 単一の可用性ゾーンにあります。
  • ユーザーは、ID プロバイダーを介して認証されます。
  • MongoDB と永続データ ストアは、それぞれメタデータと通常のデータを格納するように構成されています。

誰がこの種類の Qlik Sense Enterprise on Kubernetes 展開を検討すべきか:

  • このような小規模な展開では、大規模なマルチノード展開よりもはるかに少ないリソースを使用するため、ホスティング コストを最小限に抑えたい場合。
  • アップタイムの最大値にあまり関心がない場合。
  • 設定と構成が最も簡単な展開を希望する場合。
注: 上記の展開例は、複数のノードと pod レプリケーションを使用してスケール アウトできます。