メイン コンテンツをスキップする

Kubernetes のエンタープライズ展開における Qlik Sense Enterprise

このページ上

Kubernetes のエンタープライズ展開における Qlik Sense Enterprise

次の Qlik Sense Enterprise on Kubernetes 図は、ほぼ 100% の稼働時間を必要とする企業に適応し、大規模なワークロードに合わせて拡張できる、より大きく堅牢な展開例を示しています。

注: 可用性ゾーンは、更新ドメインまたは障害ドメインの代わりに使用できます。

エンタープライズ Qlik Sense Enterprise on Kubernetes 展開の特徴は次のとおりです: 

  • 必要に応じて、可用性ゾーン全体に分散されたマスター/コントローラー ノード。
  • 可用性ノード全体に分散され、必要に応じて可用性ゾーン内で複製される労働者ノード。
  • pod は可用性ゾーン内で複製され、必要に応じて可用性ゾーン全体に分散されます。
  • ユーザーは、ID プロバイダーを介して認証されます。
  • 復元力のあるデータ容量と MongoDB。

誰がこのタイプの Qlik Sense Enterprise on Kubernetes の展開を検討すべきか:

  • ほぼ 100% のアップタイムを実現する高可用性展開が必要な場合。
  • 大量のユーザーをサポートする予定がある場合。

エンタープライズ展開の構成要件

エンタープライズ展開を正しく設定するには、Kubernetes 展開のスケールを必要に応じて水平および垂直の両方に設定する必要があります。最終的には、必要なレベルの高可用性を実現するために、どのようにして完全なスケーラビリティを実現するかはお客様次第です。Kubernetes の自動スケーラを設定するにより、上記のエンタープライズ展開を実現する方法のいくつかを以下に示します: 

  • Kubernetes Horizontal Pod Autoscaler を設定して、カスタム メトリクスに基づいて pod をスケール アップまたはスケール ダウンします。
  • Kubernetes Vertical Pod Autoscaler を設定して、pod に割り当てるリソースを増減します。
  • クラスターへのノードの割り当てまたは割り当て解除を行うには、Cluster Autoscaler を構成します。