メイン コンテンツをスキップする

グループの自動作成の有効化

[設定] ページの管理コンソールで、[グループの自動作成を有効化する] を有効または無効にします。

グループはユーザーのアクセス制御に使われ、オプションで IdP グループから自動的に作成することもできます。

プロパティ 説明
グループの自動作成を有効化する

有効にすると、グループが ID プロバイダーから継承され、IdP 内に存在するのと同じユーザー グループにアクセス権を付与することができるようになります。これにより、一度に 1 人のユーザーにアクセス権を付与するのに比べて、アクセス権の管理を簡素化できます。

グループを構成するには、シングル サインオンを使用し、IdP への管理アクセス権を持っている必要があります。

ユーザーが Qlik Sense Enterprise テナントにログイン (または再度ログイン) すると、新しい IdP グループが Qlik Sense Enterprise に表示されることに注目してください。IdP グループは、同時にすべてインポートされるわけではありません。その代わりに、IdP グループがログイン時に探索されます。さらに、前述のとおり、Qlik Sense Enterprise でユーザーに関連付けられているグループのみが有効になります。