メイン コンテンツをスキップする

共有スペースでのアプリの使用

アプリは、共有スペース内で、クラウド ハブの他のメンバーによって作成、開発、共有可能できます。

アプリは、個人スペースでアプリが作成および共有されるときと同じ方法で作成および開発可能です。スペースの権限と自分が持っているライセンスに応じて、スペース内でアプリを作成および開発できます。閲覧可能権限を持っている場合、スペース内でできることはアプリを表示することだけです。

共有スペースでのアプリの作成

ユーザーは、[作成] をクリックし、[アプリの追加] または [アプリのアップロード] をクリックすることにより、共有スペースでアプリを作成またはアップロードできます。アプリをスペースに複製することはできませんが、スペースに移動することはできます。

アプリに追加するタグは、クラウド ハブ内の他のメンバーと共有されますが、他のメンバーがユーザーのアプリへのアクセス権を持っている場合に限られます。

共有スペースで [編集可能] の権限を持つユーザーは、データ接続とデータ ファイルの作成、変更、削除ができます。

[Can edit] (編集可能) 権限を持つユーザーは、[Data manager] (データ マネージャー) または [Data load editor] (データ ロード エディター) でデータ接続の読み取り、書き込み、ロード、およびスクリプトのロードを行うことができます。また、外部ソースにデータ接続を作成して、そうした接続からデータをロードすることもできます。

共有スペース用の DataFiles 接続は自動的に作成され、このスペースがユーザーに対して使用可能になっている間は接続を削除することはできません。

共有スペースで On-demand の選択アプリを共有できます。選択アプリとテンプレート アプリは、同じスペース内に存在する必要があります。詳細についは、「On-demand 選択アプリの作成」を参照してください。

共有スペースでのアプリへのコンテンツの追加

共有スペース内で編集可能または管理者権限を持っているユーザーは、共有スペースで、シート、ストーリー、ブックマークをアプリに追加できます。アプリに追加されたシート、ストーリー、ブックマークはプライベートです。プライベート コンテンツの作成者のみが、アプリでそのコンテンツを表示できます。共有する準備ができたら、作成者がそれらのコンテンツを公開します。

詳細については、「シート、ブックマーク、ストーリーへのアクセス権の付与」を参照してください。

スペースの所有者だけがアプリでデータを編集でき、他の共有スペースのメンバーは次のコンテンツを作成、編集、削除できます。

  • マスター アイテム
  • 変数
  • メディア ライブラリのコンテンツ
注:

ストーリー用に生成されたスナップショットは、他のユーザーと共有されません。

所有者編集可能、または管理者権限を持っている共有スペースのメンバーは、次のアプリのプロパティを変更できます。

  • 選択したテーマ
  • 右から左に読むの有効化
  • アプリの既定のブックマークとして設定
  • シートタイトルのスタイル

共有スペースでのアプリのロード

[Owner] (所有者)、[Is admin] (管理者)、および [Can edit] (編集可能) の権限を持つユーザーは、スペース内で手動でアプリをロードし、スケジュールされたロードを作成できます。

スペース間のアプリの移動

アプリは、共有スペース間とともに、共有スペースと個人スペースの間でも移動できます。

共有スペースにアプリを作成した場合、アプリが移動されても、これに関連付けられたデータ接続はそのスペース内に残ります。例えば、Data Team 共有スペースに「QuarterlyAnalysis」というアプリを作成したとします。QuarterlyAnalysis を別の共有スペースに移動した場合でも、データ接続は Data Team 共有スペース内に残ります。データを編集またはロードする必要がある場合は、Data Team 共有スペースで [Can edit] (編集可能) 権限を持つユーザーが実行する必要があります。個人スペース内にアプリを作成して共有スペースに移動した場合にも、同じことが当てはまります。

次の手順を実行します。

  1. アプリで をクリックして、[移動] を選択します。
  2. [Space] で新しいスペースを選択します。
  3. 新しいスペースを開くには、[スペースに移動する] を選択します。
  4. [移動] をクリックします。

共有スペースでのアプリの複製

共有スペースでアプリを複製することができます。

注:

アプリでデータのセクション アクセスが使用されている場合、アプリを複製することはできません。

次の手順を実行します。

  • ストーリー ツール パネルのストーリーテリング ビューで をクリックして [複製] を選択します。

共有スペースからのアプリのエクスポート

アプリは、共有スペースから .qvf ファイルとしてエクスポートできます。エクスポートされるアプリ内にアプリのプライベート シートはありません。

注:

アプリでデータのセクション アクセスが使用されている場合、アプリをエクスポートすることはできません。

次の手順を実行します。

  • ストーリー ツール パネルのストーリーテリング ビューで をクリックして、[データを含めてエクスポート] または [データを除いてエクスポート] を選択します。

共有スペースからのアプリの共有

スペースにメンバーを追加して閲覧可能権限を付与し、それらのメンバーがスペース内のアプリを表示できるようにすることができます。スペースからの個々のアプリを共有することはできません。閲覧者とスペースを共有しない場合は、アプリの閲覧者用に作成したスペースにアプリを移動することができます。