QlikView Server のアップグレードと移行

QlikView Server をアップグレードする場合、同じサーバー上でアップグレードすることも、アップグレードして別のサーバーに移行することもできます。このトピックでは、新バージョンの QlikView Server にアップグレードする場合に実行する必要のある手順の概要を説明します。これには、お使いのインストールを、証明書も含めて、異なるマシン名を持つ別のサーバーに移行する手順も含まれています。

本書では、QlikView Server 12.00 以降を実行するインストールのアップグレードと移行の方法について説明します。お使いのインストールで QlikView Server 11.20 以前のバージョンを実行している場合は、次を参照してください:QlikView Server の 11.20 から November 2017 以降へのアップグレードと移行QlikView Desktop のアップグレード方法については、「QlikView Desktop のアップグレードと更新」を参照してください。

ベスト プラクティス

QlikView をアップグレードする場合、以下の基本原則を考慮する必要があります。

  • お使いの QlikView Server インストールのバックアップを適切に作成済みであることを確認します。バックアップするファイルとフォルダの詳細なリストについては、「バックアップとアップグレードの準備」を参照してください。
  • 予定された停止期間中にアップグレードを実行します。アップグレードを実行するには、すべての QlikView サービスが停止している必要があります。
  • 既定では、QlikView Server を削除するとライセンス情報と設定内容が保存されるよう設定されています。この情報は、後にそのシステムにインストールされる QlikView Server に適用されます。
  • QlikView Server インストールをアップグレードする前に、有効なメンテナンス契約が結ばれていることをお確かめください。有効なメンテナンス契約がないままアップグレードを試みると、QlikView Server の機能が制限される結果となります。アップグレードでのメンテナンス契約」を参照してください。

  • QlikView サービス間の通信にデジタル証明書による認証を使用している場合、アップグレード時に作成される新しい証明書を、QlikView Management Service (QMS) を実行するマシンを除くすべてのマシンにインストールする必要があります。参照:証明書の更新

同じマシン上でのアップグレード

同じマシン上で QlikView Server をアップグレードするには、以下を実行します。

  1. お使いの QlikView Server インストールのバックアップを作成します。インストールのバックアップを作成することは常に重要ですが、同じマシン上でアップグレードする場合は、このステップは絶対必要というわけではありません。「バックアップとアップグレードの準備」を参照してください。
  2. インストールで認証にデジタル証明書を使用している場合は、その証明書のバックアップを作成します。同じマシン上で QlikView Server インストールをアップグレードする場合は、証明書は自動的に更新されます。ただし、いずれの場合も証明書のバックアップを作成することを推奨します。参照:証明書のバックアップと復元
  3. www.qlik.com からの最新バージョンの QlikView Server のダウンロード

  4. QlikView サービスを停止します。アップグレード プロセス中はすべてのサービスが停止され、自動的に再起動されますが、それでもアップグレードの前にすべてのサービスを停止することを推奨します。実行タスクが中断されることがないように、アップグレード手順の直前にグレースフル シャットダウンを実行して、QlikView Distribution Service (QDS) のみをシャットダウンします。グレースフル シャットダウンの詳細については、QlikView Distribution Service を停止させる」を参照してください。
  5. インストール プログラムを管理者として実行し、画面上の指示に従います。インストールの段階的な手順については、次を参照してください:QlikView Server をインストールする

  6. インストール時に、サービス認証方法を選択します。[Use digital certificates] (デジタル証明書の使用) または [Use QlikView Administrators Group] (QlikView Administrators Group の使用) のいずれかを選択します。これまでデジタル証明書を使用していた場合は、アップグレードの際にもこのオプションを選択する必要があります。
  7. インストール プロセスが終了したら、マシンを再起動して、すべてのサービスが適切に始動することを確認します。
  8. QlikView Management Console を開き、QlikView Server および QlikView Publisher のライセンス情報を適用します。
  9. サーバーを再起動して、ライセンス情報を適用します。

マルチサーバー展開でのアップグレード

マルチサーバー インストールをアップグレードするには、以下の手順を実行します。

  1. アップグレードを実行する前に、各マシンですべてのサービスを停止します。
  2. インストールで認証にデジタル証明書を使用している場合は、QlikView Management Service を実行しているマシンに保存されている証明書のバックアップを作成します。同じマシン上で QlikView Server をアップグレードする場合は、証明書は自動的に更新されます。ただし、いずれの場合も証明書のバックアップを作成することを推奨します。参照:証明書のバックアップと復元
  3. マルチサーバー設定の各マシンでアップグレード手順を実行します。
  4. デジタル証明書を使用する場合は、QlikView Management Service (QMS) を実行しているマシンを除き、QlikView サービスを実行しているすべてのマシンに新しい証明書をインストールします。この手順の詳細については、次を参照してください:証明書の更新

アップタイムの最大化

この手順には多少の準備が必要ですが、実行するとエンドユーザーにとってはシステムのアップタイムが最大化されます。

アップグレードを実行するには次の手順を実行します。

  1. バックアップを実行します。次を参照してください: バックアップとアップグレードの準備
  2. QlikView Management Service (QMS) を停止します。そうすると、QlikView Management Console が使用できなくなります。
  3. 次の順序でアップグレードします (インストーラーにサービスの再始動を依頼)。
    1. QlikView Web Server (QVWS)
    2. Directory Service Connector (DSC)
    3. QlikView Server (QVS)
    4. QlikView Distribution Service (QDS)
    5. QlikView Management Service (QMS)
  4. QMS を起動して、QlikView Management Console を再度使用可能にします。

別のマシンでのアップグレード

お使いの QlikView Server インストールを新しいマシンに簡単に移行するには、先に現在のマシンで最新バージョンにアップグレードしてから、その内容をターゲット マシンに移行します。マルチサーバー展開のアップグレードと移行に必要な手順の概要については、次を参照してください:マルチサーバー展開のアップグレードと移行

現在のマシンのアップグレード

現在のマシンを最新バージョンの QlikView Server にアップグレードするには、「同じマシン上でのアップグレード」に示されている手順に従います。

ターゲット マシンへの QlikView Server のインストール

  1. 最新バージョンの QlikView Serverwww.qlik.com からダウンロードします。
  2. QlikView Server のインストール ウィザードを起動し、画面上の指示に従います。インストールの段階的な手順については、次を参照してください:QlikView Server をインストールする
  3. インストール時に、サービス認証方法を選択します。[Use digital certificates] (デジタル証明書の使用) または [Use QlikView Administrators Group] (QlikView Administrators Group の使用) のいずれかを選択します。現在のマシン上のインストールで認証方法として証明書を使用している場合は、必ず [Use digital certificates] (デジタル証明書の使用) を選択します。
  4. インストール プロセスが終了したら、マシンを再起動して、すべてのサービスが適切に始動することを確認します。
  5. QlikView Management Console を開き、QlikView Server および QlikView Publisher のライセンス情報を適用します。
  6. 注: QlikView Server ライセンスは一度に 1 つのインストールにのみ適用可能であるため、現在のマシンでインストールをシャットダウンした後、ターゲット マシン上の新しいインストールにライセンス情報を適用します。

QlikView Server バックアップの移行と復元

最新バージョンの QlikView Server を現在のマシンとターゲット マシンの両方にインストールしたら、次に現在のマシンからインストールの内容を移行して、ターゲット マシン上で復元することができます。お使いのインストールで、認証方法として QlikView Administrators Group またはデジタル証明書のいずれを使用しているかによって、手順が異なります。

移行手順を開始する前に、必ず元のマシンの QlikView Server のバックアップを作成します。適切なバックアップがないと、QlikView Server インストールをターゲット マシン上で復元することができません。「バックアップとアップグレードの準備」を参照してください。

注: インストールで認証にデジタル証明書を使用している場合は、現在のマシン上で証明書のバックアップを作成することは極めて重要です。参照:証明書のバックアップと復元

QlikView Administrators Group を使用するインストールの移行

  1. 最新バージョンの QlikView Server を現在のマシンとターゲット マシンの両方にインストールしたら、現在のマシンのバックアップを適切に作成します。「バックアップとアップグレードの準備」を参照してください。
  2. 現在のマシンとターゲット マシンの両方ですべての QlikView サービスを停止します。
  3. ターゲット マシンで、%ProgramData%\QlikTech\ManagementService\QVPR フォルダを削除するか、または名前を変更します。これがバックアップ元のバージョンと置き換えられます。 
  4. QVPR フォルダを現在のマシンからターゲット マシンにコピーします (フォルダ名をメモしておきます)。
  5. %ProgramData%\QlikTech\ManagementService フォルダにある .xml ファイルを編集して、現在のマシン名への参照すべてを、ターゲットマシン名に置き換えます。
  6. QlikView サービスを再始動します。最初に QlikView Management Service を始動し、1 分待ってから、その他のサービスを任意の順で始動します。
  7. SourceDocuments フォルダとマウントされたフォルダを復元します。
    • ソース ドキュメントを既定の %ProgramData%\QlikTech\SourceDocuments フォルダに保存している場合は、すべてのソース ドキュメントをターゲット マシン上の同じ場所に移動します。
    • ソース ドキュメントを別のフォルダの場所に保存している場合は、ソース ドキュメントフォルダのパスを QlikView Management Console に追加します。これを行うには、[Source Folders] (ソース フォルダ) の [追加] セクションを確認します。
    • マウントされたフォルダにタスクを配布している場合は、マウントされたフォルダへのパスを再挿入します。これを行うには、[フォルダ] の [Mounter Folders] (マウントされたフォルダ) セクションを確認してください。
  8. 元のサーバー マシンをシャット ダウンします。

デジタル証明書を使用するインストールの移行

証明書を使用する QlikView Server インストールを移行するときに、一部の設定が暗号化されます。元々暗号化に使用されていた証明書に QlikView からアクセスできない場合は、これらの設定を復号化することはできません。移行の際に証明書を現在のマシンからターゲット マシンに復元すると、移行された設定を復号化することができます。復号化されたら、ターゲット マシンから証明書に保存された暗号化キーを使用して、これらの設定が再度暗号化されます。

  1. 最新バージョンの QlikView Server を現在のマシンとターゲット マシンの両方にインストールしたら、現在のマシンのバックアップを、証明書も含めて適切に作成します。「バックアップとアップグレードの準備」を参照してください。
  2. 現在のマシンとターゲット マシンの両方ですべての QlikView サービスを停止します。
  3. 現在のマシンから証明書のバックアップをターゲット マシンにコピーして、適切な場所に保存します。
  4. MMC (Microsoft Management Console) を使用して、証明書を現在のマシンからターゲットマシンに復元します。この段階的な手順については、次を参照してください:証明書の復元。元の証明書を保存すると、MMC で 2 セットの証明書を確認できるはずで、それらには 2 つの異なる有効期限があります。
  5. ターゲット マシンで、%ProgramData%\QlikTech\ManagementService\QVPR フォルダを削除するか、または名前を変更します。これがバックアップ元のバージョンと置き換えられます。 
  6. QVPR フォルダを現在のマシンからターゲット マシンにコピーします (フォルダ名をメモしておきます)。
  7. %ProgramData%\QlikTech\ManagementService フォルダにある .xml ファイルを編集して、現在のマシン名への参照すべてを、ターゲットマシン名に置き換えます。
  8. QlikView サービスを再始動します。最初に QlikView Management Service を始動し、1 分待ってから、その他のサービスを任意の順で始動します。
  9. SourceDocuments フォルダとマウントされたフォルダを復元します。
    • ソース ドキュメントを既定の %ProgramData%\QlikTech\SourceDocuments フォルダに保存している場合は、すべてのソース ドキュメントをターゲット マシン上の同じ場所に移動します。
    • ソース ドキュメントを別のフォルダの場所に保存している場合は、ソース ドキュメントフォルダのパスを QlikView Management Console に追加します。これを行うには、[Source Folders] (ソース フォルダ) の [追加] セクションを確認します。
    • マウントされたフォルダにタスクを配布している場合は、マウントされたフォルダへのパスを再挿入します。これを行うには、[フォルダ] の [Mounter Folders] (マウントされたフォルダ) セクションを確認します。

    移行されたファイルが適切に暗号化されている場合は、タスク、ブックマーク、およびその他すべてのカスタム設定が QlikView Management Console に配置され、表示されるはずです。

  10. 元のサーバー マシンをシャット ダウンします。

マルチサーバー展開のアップグレードと移行

マルチサーバー インストールのアップグレードと移行を行うときには、マルチサーバー展開内のマルチサーバー マシンそれぞれで前述の手順を実行します。

必要な手順の概要は以下のとおりです。

  1. マルチサーバー設定の各マシンでアップグレード手順を実行します。
  2. マルチサーバー インストール内の現在のマシンそれぞれのバックアップを作成します。
  3. インストールで認証にデジタル証明書を使用している場合は、QlikView Management Service を実行しているマシン上で証明書のバックアップを作成します。
  4. ターゲット マシンそれぞれに、実行中のライセンス バージョンの QlikView Server をインストールします。
  5. インストールで認証にデジタル証明書を使用している場合は、QMS がインストールされているターゲット マシンで証明書を復元します。
  6. インストールの各マシン専用のバックアップを移行して復元します。例えば、QVPR フォルダは、QlikView Management Service を実行するターゲット マシンにのみ移行する (そしてマシン名を変更する) 必要があります。
  7. SourceDocuments フォルダを復元します。
  8. 元のサーバー マシンをシャット ダウンします。
  9. デジタル証明書を使用する場合は、QlikView Management Service (QMS) を実行しているマシンを除き、QlikView サービスを実行しているすべてのマシンに新しい証明書をインストールします。この手順の詳細については、次を参照してください: 証明書の更新