QlikView Server の 11.20 から November 2017 以降へのアップグレードと移行

QlikView Server をアップグレードする場合、同じサーバー上でアップグレードすることも、アップグレードして別のサーバーに移行することもできます。このトピックでは、QlikView Server 11.20 から新バージョンにアップグレードする場合に実行する必要のある手順の概要を説明します。これには、異なるマシン名を持つ別のサーバーに移行する手順も含まれています。

アップグレードと移行を行う前に、必ず QlikView Server 展開のバックアップを適切に作成してください。バックアップするファイルとフォルダーの詳細なリストについては、「バックアップとアップグレードの準備」を参照してください。

QlikView Server 11.20 からのアップグレードの際の変更と問題の詳細なリストは、次の Qlik サポートの記事を参照してください。「QlikView 11.20 無期限アップグレードの終了: Known Issues and changes in product behaviour.

注: QlikView Server 11.20 から QlikView Server 12.10 以降にアップグレードするときに、バックエンド ファイル システムが原因でインストールに各種の問題が発生する場合があります。QlikView Server 12.10 以降のバージョンではディスクをより集中的に使用するので、QlikView 11.20 より大規模なファイル サーバーを必要とします。QlikView 展開を計画する場合には、ストレージの種類およびリソース容量に留意することが重要です。詳細については、次の Qlik サポートの記事を参照してください。「QlikView and its backend File Share System」(QlikView とそのバックエンド ファイル共有システム)

同じマシン上でのアップグレード

同じマシン上で QlikView Server をアップグレードするには、以下を実行します。

  1. お使いの QlikView Server 11.20 インストールのバックアップを作成します。インストールのバックアップを作成することは常に重要ですが、同じマシン上でアップグレードする場合は、このステップは絶対必要というわけではありません。「バックアップとアップグレードの準備」を参照してください。
  2. 最新バージョンの QlikView Serverwww.qlik.com からダウンロードします。

  3. QlikView サービスを停止します。アップグレード プロセス中はすべてのサービスがインストーラーによって停止され、自動的に再起動されますが、それでもアップグレードを進める前にすべてのサービスを停止することを推奨します。
  4. インストール プログラムを管理者として実行し、画面上の指示に従います。インストールの段階的な手順については、次を参照してください:QlikView Server をインストールする

    注: 証明書を使用する QlikView Server 11.20 インストールから QlikView Server November 2017 以降にアップグレードする場合は、アップグレードを開始する前に、証明書を削除してください。インストール プログラムを起動すると、証明書が検出されない場合には、警告ウィンドウが表示されます。Microsoft Management Console (MMC) を使用して証明書を削除します。詳細については下記を参照してください。 証明書の削除
  5. インストール時に、サービス認証方法を選択します。[Use digital certificates] (デジタル証明書の使用) または [Use QlikView Administrators Group] (QlikView Administrators Group の使用) のいずれかを選択します。これまでデジタル証明書を使用していた場合は、アップグレードの際にもこのオプションを選択する必要があります。
  6. 注: QlikView 11.20 から November 2017 以降にアップグレードする場合は、デジタル証明書を選択します。その場合は古い証明書をバックアップして復元する必要はありません。初めて QlikView Management Service を起動するときには、自動的に新しい証明書が作成されてインストールされます。
  7. インストール プロセスが終了したら、マシンを再起動して、すべてのサービスが適切に始動することを確認します。
  8. QlikView Management Console を開き、QlikView Server および QlikView Publisher のライセンス情報を適用します。
  9. サーバーを再起動して、ライセンス情報を適用します。

マルチサーバー展開でのアップグレード

マルチサーバー インストールをアップグレードするには、以下の手順を実行します。

  • アップグレードを実行する前に、各マシンですべてのサービスを停止します。
  • マルチサーバー設定の各マシンでアップグレード手順を実行します。

別のマシンでのアップグレードと移行

QlikView Server のアップグレードと移行を別のマシンで実行する場合は、このセクションにある手順に従います。

QlikView Server を別のマシンでアップグレードするには、以下の手順を実行します。

  1. 現在のマシンで、QlikView Serverの 11.20 インストールのバックアップを作成します。「バックアップとアップグレードの準備」を参照してください。
  2. ターゲット マシンで、最新バージョンの QlikView Serverwww.qlik.com からダウンロードします。
  3. QlikView Server のアップグレード ウィザードを起動し、画面上の指示に従います。インストールの段階的な手順については、次を参照してください:QlikView Server をインストールする
  4. インストール時に、サービス認証方法を選択します。[Use digital certificates] (デジタル証明書の使用) または [Use QlikView Administrators Group] (QlikView Administrators Group の使用) のいずれかを選択します。これまでデジタル証明書を使用していた場合は、アップグレードの際にもこのオプションを選択する必要があります。
  5. 注: QlikView 11.20 から November 2017 以降にアップグレードする場合は、デジタル証明書を選択します。その場合は古い証明書をバックアップして復元する必要はありません。初めて QlikView Management Service を起動するときには、自動的に新しい証明書が作成されてインストールされます。
  6. インストール プロセスが終了したら、マシンを再起動して、すべてのサービスが適切に始動することを確認します。
  7. QlikView Management Console を開き、QlikView Server および QlikView Publisher のライセンス情報を適用します。
  8. ライセンス情報の適用後に、サーバーを再起動するよう要求されます。

バックアップの移行と復元:

  1. 現在のマシンとターゲット マシンの両方ですべての QlikView サービスを停止します。
  2. ターゲット マシンで、ProgramData\QlikTech\ManagementService\QVPR フォルダーを削除するか、または名前を変更します。これがバックアップバージョンと置き換えられます。 
  3. ターゲット マシンで、ProgramData\QlikTech\ManagementService にある qvpr_<TargetMachineName>.ini ファイルを削除あるいは名前を変更します。
  4. QVPR フォルダーと qvpr_<CurrentMachineName>.ini ファイルを現在のマシンからターゲット マシンにコピーします (フォルダ名をメモしておきます)。
  5. .ini ファイルの名前を qvpr_<CurrentMachineName>.ini から qvpr_<TargetMachineName>.ini に変更します。
  6. ProgramData\QlikTech\ManagementService フォルダにある .xml ファイルおよび Config.xml ファイルで、現在のマシン名へのすべての参照が、ターゲット マシン名をポイントするように変更します。
  7. QlikView サービスを再始動します。最初に QlikView Management Service を始動し、1 分待ってから、その他のサービスを任意の順で始動します。
  8. SourceDocuments フォルダーを復元します。
    SourceDocuments フォルダーを復元するときに、次の 2 つのオプションがあります。
    • ソース ドキュメントを既定の ProgramData\QlikTech\SourceDocuments フォルダに保存している場合は、すべてのソース ドキュメントをターゲット マシン上の同じ場所に移動します。
    • ソース ドキュメントを別のフォルダの場所に保存している場合は、SourceDocuments フォルダーのパスを QlikView Management Console に追加します。これを行うには、[Source Folders] (ソース フォルダー) の [追加] セクションを確認します。
  9. 元のサーバー マシンをシャット ダウンします。

マルチサーバー展開のアップグレードと移行

マルチサーバー インストールを QlikView Server 11.20 から QlikView Server November 2017 以降にアップグレードし、移行する場合は、マルチサーバー展開内の各マシンで前述の手順を実行します。

手順の概要:

  1. マルチサーバー インストール内の各マシンのバックアップを実行します。
  2. ターゲット マシンそれぞれに、実行中のライセンス バージョンの QlikView Server をインストールします。
  3. インストールの各マシン専用のバックアップを移行して復元します。例えば、QVPR フォルダは、QlikView Management Service を実行するターゲット マシンにのみ移行する (そしてマシン名を変更する) 必要があります。
  4. SourceDocuments フォルダーを復元します。
  5. 元のサーバー マシンをシャット ダウンします。