SNMP

QlikView は すべてのサービスに対し SNMP エージェントを提供します。

注: QlikView は iReasoning MIB ブラウザを使った SNMP エージェントからのデータ取得をサポートしてします。

この実装はまだ初期段階にあり変更される可能性があるため、デフォルトではこの設定は無効になっています。書き込みの際は、エージェントからの読み込み操作が有効になります。次のメッセージがサポートされています。

  • GetRequest
  • GetResponse
  • GetNextRequest

すべてのサービスは標準 SNMP クエリに結果を返します (下記を参照)。

識別子 クエリ 説明
1.3.6.1.2.1.1.1 sysDescr

サービス/製品の説明。

例:

sysDescr.0:Qlikview Publisher Commandcenterservice version 8.50.600

1.3.6.1.2.1.1.2 sysObjectID

ユニットの種類。

例:

sysObjectID.0:iso.org.dod.internet.private.enterprises.qliktech.products.publisher.Distributionservice

1.3.6.1.2.1.1.3 sysUpTime

システム使用可能時間。

例:

sysUpTime.0:0 hours, 12 minutes, 15 seconds

1.3.6.1.2.1.1.4 sysContact

設定ファイルで設定可能。

例:

sysContact.0:Unspecified System contact

1.3.6.1.2.1.1.5 sysName

設定ファイルで設定可能。

例:

sysName.0:Unspecified name

1.3.6.1.2.1.1.6 sysLocation

設定ファイルで設定可能。

例:

sysLocation.0:Unspecified location

1.3.6.1.2.1.1.7 sysService

定数、72 はアプリケーションサーバーを指します。

例:

sysServices.0:72

QlikView Distribution Service はさらなるクエリに結果を返すことができます。下記の内容は MIB ファイルで指定されます。

MIB ファイル

各サービスには設定ファイルがあり、これはインストール フォルダ内の該当サービスのサブフォルダに格納されています。たとえば、QlikView Distribution Service の設定ファイルは QlikViewdistributionService.exe.config です。

SNMP 設定は、設定ファイルの SNMP SETTINGS の部分で調整できます。SNMP のデフォルト設定はすべてのサービスでオフになっているため、有効にする必要があります。

設定 説明
EnableSNMP SNMP リスナーを有効にします。この値の既定値は false です。
SNMPPort Publisher Service 用に使用するポートを設定します。各サービスのデフォルト設定は以下を参照してください。
SNMPsysContact 管理ノードを担当する人物の連絡先情報。この値の既定値は Unspecified System contact です。
SNMPsysName 管理ノードの管理者により割り当てられた名前。規則では、これはノードの完全なドメイン名です。名前が不明な場合、値は長さが 0 の文字列です。空白のままにすると、現在のマシン名となります。この値の既定値は Unspecified name です。
SNMPsysLocation ノードの物理的な場所 (例: 「3 階の電話室」)。この値の既定値は Unspecified location です。
DebugSNMP SNMP リスナー用の拡張デバッグ ログを有効にします。この値の既定値は false です。

サービスのデフォルト ポート設定は以下の通りです。

サービス デフォルトのポート設定
Management Service 4781
Directory Service Connector 4731
Distribution Service 4721 (デフォルトの SNMP ポート)
QlikView Server 161
QlikView Web Server 4751

ポートはすべて設定可能です。サービスが異なるマシンにインストールされている場合、すべて同じポートを使用して実行することができます。実装が実験的な SNMP 領域から Qlik の割り当てた領域に変わると、ポートが変わります。

MIB ファイル

A MIB ファイルは QlikView の配布に含まれているため、SNMP 管理者は QlikView Distribution Service からの追加の応答を解釈できます。ただし、MIB ファイルは変更される可能性があります。ファイルは .\QlikView\Support Tools にインストールされます。サポート ツールはカスタム インストールする必要があります。

QlikView Distribution Service は、上記に記したもの以外に、次のクエリの結果を返すことができます。

識別子 クエリ
1.3.6.1.4.1.30764.1.2.2.1 QDSTaskExecuteStatusTable
1.3.6.1.4.1.30764.1.2.2.1.1 QDSTaskExecuteStatusEntry
1.3.6.1.4.1.30764.1.2.2.1.1.1 QDSTaskID (タスク ID 番号)
1.3.6.1.4.1.30764.1.2.2.1.1.2 QDSTaskName (タスク名)
1.3.6.1.4.1.30764.1.2.2.1.1.3

QDSTaskExecuteStatus (タスク ステータス):

  • 待機中 (Waiting)
  • 実行中 (Running)
  • 中断中 (Aborting)
  • 失敗 (Failed)
  • 警告 (Warning)
1.3.6.1.4.1.30764.1.2.2.1.1.4 QDSTaskNextExecutionAt (次回いつタスクが実行されるか)
1.3.6.1.4.1.30764.1.2.2.1.1.5 QDSTaskLastExecutedAt (前回いつタスクが実行されたか)
1.3.6.1.4.1.30764.1.2.2.1.1.6 QDSTaskCurrentWork (現在タスクが何を実行中か)
1.3.6.1.4.1.30764.1.2.2.1.1.7