IPv6 構成

QlikView は、インターネット プロトコル IPv6 およびデュアル スタック IPv6-IPv4 構成に対応しています。

QlikView Server サービス (QVS) 用の IPv6 構成

QlikView Server 展開をさまざまなネットワーク構成に適応させるように、IPv6 設定をカスタマイズすることができます。IPv6 構成を QlikView Server サービス (QVS) 用にカスタマイズするには、Settings.ini ファイルを開いて以下のパラメータに追加します。

IPv6 構成および既定値の説明
[Name] (名前) 説明 既定値
ClusterMulticastIpV6Addr リンクローカル スコープ IPv6 マルチキャスト アドレス。既定値: すべてのノードのアドレス FF02::1
ClusterMulticastIpV6Loop 発信マルチキャスト データグラムのループバックを有効化または無効化します。 true
ClusterMulticastIpV6Hops パケットの使用年限を制限します。1 に設定した場合、マルチキャストはローカル サブネットにのみ使用できます。 1

QVS Settings.ini ファイルの既定の場所は %ProgramData%\QlikTech\QlikViewServer です。

注: QVS を実行しているすべてのマシンは、同じ IPv6 設定を装備している必要があります。

IPv6 フォーマットを使用する QlikView サービスのクラスタリング

QlikView Management Console (QMC) でサービスをクラスタリングする場合、マシン名またはその IPv6 アドレスのいずれかを使用できます。マシンの IPv6 アドレスを使用することにした場合は、このアドレスを角括弧で囲む必要があります。例: [fe80::dd3d:36bb:e284:af99]

証明書を使用する場合の IPv6 構成

QlikView Server 展開で認証に証明書を使用している場合、およびお使いの展開で IPv6 プロトコルのみを使用するように構成した場合は、QlikView Management Service (QMS) および QlikView Server サービスで UseCertificatesIpvSix 設定を有効化する必要があります。

QMS の場合は、QMS exe.config ファイルを開きます。既定では %Program Files%\QlikView\Management Service にあります。次の設定を追加します。

<add key=" UseCertificatesIpvSix " value="true"/>

QVS の場合は、Settings.ini ファイルを開きます。既定では %ProgramData%\QlikTech\QlikViewServer にあります。次の設定を追加します。

UseCertificatesIpvSix=1

注: QVS を実行しているすべてのマシンは、同じ UseCertificatesIpvSix 設定を装備している必要があります。