ドキュメント

[General] ドキュメントタブでは、ドキュメント管理の設定を管理できます。

サーバー

ドキュメント タイムアウト (Document Timeout)

ドキュメントを開いておくと貴重なシステム リソース (例えば割り当てられたメモリ量や RAM) を使うので、使用しないドキュメントは開いたままにしておくべきではありません。しかし、ドキュメントをあまりにも急速に閉じてしまうと、ユーザーが次回そのドキュメントにアクセスする際に、サーバーがそれを再度開くのに時間がかかるため、待ち時間が長くなる場合があります。この値は、QlikView Server (QVS) がドキュメントを閉じてリソースを解放するまでの、ドキュメントが使われていない状態を許可する時間を制御します。

既定のパス: 480

ドキュメントのダウンロードを許可 (Allow Document Download)

注: ユーザーにドキュメントのダウンロードを許可し、ドキュメントへのアクセス権を付与することは、セキュリティ リスクの発生に繋がる恐れがあります。

ドキュメントは QlikView AccessPoint からクライアントにダウンロードできるように設定できます。ドキュメントのダウンロードを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。ドキュメントのダウンロードを無効にするには、オフにします。

ドキュメントのアップロードを許可 (Allow Document Upload)

新しいドキュメントまたは更新されたドキュメントは、QlikView Publisher (QVP) の QlikView Distribution Service (QDS) から QlikView Server にアップロードできるように設定可能です。このアップロード機能を有効にするには、QlikView Server を QVP のリソースとして定義することが必要です。すると、QVP を使用する場合、このアップロード機能が有効になります。QDS から QlikView Server へのドキュメントのアップロードを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。QDS から QlikView Server へのドキュメントのアップロードを無効にするには、オフにします。

注: ドキュメントのアップロードをできないようにすると、設定しているすべての配信が停止します。

メモリ内のドキュメントのコピーを 1 つに限定 (Allow Only One Copy of Document in Memory)

ドキュメントに変更があった場合 (例えば、リロードやレイアウトの変更)、QVS は次のいずれかを実行するように設定します。

  • セッション中にドキュメントをただちに更新し、ドキュメントのバージョンが 1 つだけになるようにします。この設定は、QVS のメモリ リソースを節約します。
  • 新しいセッションを待ってから、ユーザーのドキュメントを更新します。メモリには、バージョンの異なるドキュメントのコピーが同時にいくつか存在する可能性があります。

メモリにドキュメントのバージョンを1 つだけ許可する場合は、このチェックボックスをオンにします。メモリにドキュメントのバージョンを複数許可する場合は、オフにします。

印刷および Excel へのエクスポートを許可 (Allow Print and Export to Excel)

ドキュメントは、印刷や Microsoft Excel へのエクスポートが可能です。ドキュメントの印刷やエクスポートを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。ドキュメントの印刷やエクスポートを無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。

Default limitations in number of rows and columns (行と列の数の既定の制限)

Excel エクスポート ファイルの行と列の既定の最大数は以下のとおりです。

  • 1 シートあたり 1048566 行。ピボット テーブルの場合は、1048566 列の軸です。エクスポート後に 10 行追加することができます。
  • 1 シートあたり 16384 列。列の数が制限を超えた場合には、エクスポートされたファイルが切り詰められて、警告メッセージが送信されます。
注: Excel へのエクスポートの実行に 3 分 (180 秒) 以上かかった場合、QlikView Server ではこの処理を終了してエラー メッセージを返します。

サーバー注釈を許可 (Allow Server Annotations)

サーバー注釈を可能にするには、つまり、ドキュメントのシート オブジェクトに注釈をクライアントに示し、ユーザーが注釈を表示、書き込み、編集、削除できるようにするには、このチェック ボックスをオンにします。サーバー注釈を無効化するには、オフにします。

セッション共有を許可 (Allow Session Collaboration)

ユーザーがドキュメントのセッションを共有できるようにするには、このチェック ボックスをオンにします。ユーザーがドキュメントのセッションを共有できないようにするには、オフにします。

サーバー オブジェクトを許可 (Allow Server Objects)

注: QlikView のライセンスで共有が無効の場合 (ライセンスには、 DISABLE_COLLABORATION;YES;;が含まれています)、サーバーのオブジェクトやサーバーのブックマークは許可されません。 This means that the サーバー オブジェクトを許可 (Allow Server Objects)および 匿名サーバー ブックマークを許可 (Allow Anonymous Server Bookmarks)check boxes cannot be checked when collaboration is disabled.

To allow the users to create server objects, that is, シート オブジェクトおよび レポートを作成できるようにするには、このチェック ボックスをオンにします。ユーザーがサーバー オブジェクトを作成できないようにするには、オフにします。

注: チェックボックスのチェックを外すと、サーバーのブックマーク以外、サーバー オブジェクトを作成することはできません。サーバーのブックマークは、チェックボックスのチェックを外した場合にのみ、他のユーザーとのブックマークの共有に影響を及ぼす可能性があります。
  • 匿名サーバー ブックマークを許可 (Allow Anonymous Server Bookmarks)
  • 匿名ユーザーがブックマークを作成できるように設定できます。ユーザー クライアントのマシン ID がオーナーシップに使用され、ユーザー クライアントは永続的なクッキーの作成が許可されていることが必要です。匿名ユーザーがブックマークを作成できるようにするには、このチェック ボックスをオンにします。匿名ユーザーがブックマークを作成できないようにするには、オフにします。

セッション復元を許可 (Allow Session Recovery)

セッション復元では、セッション終了時の各ユーザーの最新の選択状態が保存されます。その後、同じユーザーが次回、同じドキュメントに再接続すると、選択状態が再度適用されます。

注: セッション復元は、すべてのユーザーとサーバー上のドキュメントに影響します。

セッション復元を許可するには、このチェック ボックスをオンにします。セッション復元を禁止するには、オフにします。

オブジェクト

オブジェクトの移動およびサイズ変更を許可 (Allow Moving and Sizing Objects)

ユーザー全員がさまざまなクライアントで QlikView オブジェクトの移動およびサイズ変更をできるように設定できます。ユーザー全員が QlikView オブジェクトの移動およびサイズ変更をできるようにするには、このチェック ボックスをオンにします。ユーザー全員が QlikView オブジェクトの移動およびサイズ変更をできないようにするには、オフにします。

「合計」のデフォルト ラベル (Default label for “Total”)

The default label for 合計in bar charts, pivot tables, and straight tables can be configured. [ 合計] の既定のラベルを作成するには、このテキスト ボックスに説明的な名前を入力します。

既定のパス: 合計.

「その他」のデフォルト ラベル(Default label for “Others”)

The default label for その他」の既定のラベルを設定できます。[ その他] の既定のラベルを作成するには、このテキスト ボックスに説明的な名前を入力します。

既定のパス: その他.